ビストロ料理教室2016年2月のレッスンメニュー |   湘南フレンチ・ビストロ料理教室  おうちで作るパリごはん                 ATELIER RUE GREUZE

テーマ:
皆さま今晩は。立春をむかえ、お天気の良い1日でしたね。
とはいえ、まだしばらくは、寒い日が続きそうです。


さて、先月の撮影はお陰様で無事に終わり、今月からまたレッスンを再開させていただきます。

それでは、2月内容のレッスンメニューのご紹介です。

今月は旬の食材を使って、色鮮やかに・・・、待ち遠しい春を感じられるレシピです。


~待ち遠しい春 J'ai hâte que le printemps arrivent ~

◆やりいかと春菊のブルスケッタ

◆ニラのポタージュ 柚子カプチーノ仕立て

◆セップ茸入り鶏肉の詰め物 オニオンソース 香味野菜とレンズ豆のエチュベ(蒸し炒め)

◆りんごのシュトゥルーデル ラム酒風味


<AMUSE BOUCHE>

やりいかと春菊のブルスケッタ



旬の食材を取り合わせ、ブルスケッタに。

お刺身でも美味しい、柔らかなやりいかを香ばしくソテーし、香りの良い春菊をアクセントに。

パスタに絡めてもgoodです。


<ENTRÉE>
ニラのポタージュ 柚子カプチーノ仕立て


まだ寒さの続く2月、3月には、あったかポタージュを。

色鮮やかに仕上げて、春を感じさせる1品です。

レッスンでは、鮮やかなニラの色を出し、香りよく仕上げる調理方法をお教えします。

柚子の香りを加え、シンプルながら、深い味わいのポタージュに仕上げます。


<PLAT>
セップ茸入り鶏肉の詰め物 オニオンソース 香味野菜とレンズ豆のエチュベ (蒸し炒め)

おもてなし感のでる、トラディショナル・フレンチ。

チキンと炒め玉葱の旨みが凝縮したソースに、優しい味のレンズ豆を付け合わせます。

胸肉に比べ、巻き方の難しい鶏もも肉に、美しく詰め物を巻き、火入れを行うテクニックを用います。


<DESSERT>
りんごのシュトゥルーデル ラム酒風味


オーストリアが発祥と言われ、フランスアルザス地方でもよく見かけることのできる郷土菓子です。

極薄のサクサク生地に、たっぷりの林檎を詰め込んで焼き上げます。

ラム酒ホイップを添えて。

レッスンでは、薄く伸ばしやすい生地の配合、伸ばし方、巻き方を丁寧にお教えします。


次回のレッスン日程は以下の通りです。

------------------------------------------------------
◆2月内容のレッスン
2月20日(土)
満席です
2月21日(日)満席です
2月22日(月)満席です

2月23日(火) 満席です
2月24日(水) 満席です

3月 5日(土) 満席です(2月のレッスン内容となります)
--------------------------------------------------------------------

キャンセル待ちご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
--------------------------------------------------------------

~お申込みの流れ~

① お名前(フルネーム)

② ご連絡先のお電話番号

③ ご参加可能な日程・曜日

をご記入いただき、以下のメールアドレスまでお願いいたします

atelier.rue.greuze@gmail.com
 (48時間以内に返信いたします)

キャンセル待ちのご登録をいただければ、順番にお声掛けさせていただきたく存じますので、お気軽にお問合せくださいませ。
◆レッスン料金 8500円

◆時間 13時~17時位まで

◆場所 茅ヶ崎駅より徒歩4分(詳細はご参加が決定した方にお知らせいたします)◆内容 ビストロ料理(アミューズ・前菜・メイン・デザートの4品+グラスワイン)

◆お持ちいただくもの エプロン・ハンドタオル・筆記用具

◆ご連絡方法 atelier.rue.greuze@gmail.com

お問合せの際には、必ずお名前(フルネーム)と電話番号の記載をお願いいたします。


当教室では、本格ビストロ料理をおうちでもちゃんと作ることができ、楽しみながら料理の腕を上げていただけるよう、実践的なレシピで実習形式のレッスンです。

フランス現地の厨房で、キュイジニエール(お料理人)として勤務していたテクニックやコツなどを、丁寧にお教えいたします


小川奈々さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス