政府は、第2次世界大戦中の1942年4月、日本軍がフィリピン・ルソン島で米軍などの捕虜約7万人を約100キロ歩かせ、多くの死者を出したとされる「バターン死の行進」で生き残った元米兵捕虜について、順次、日本に招待する方針を決めた。

 政府が米国の元捕虜を招くのは初めて。

 招待するのは、「死の行進」で生き残った元捕虜とその家族、元捕虜の介助者ら。政府は、記念行事への参加や一般家庭へのホームステイなどを通じ、「日本への反感を払拭(ふっしょく)してもらいたい」(外務省)としている。沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で悪化した対米関係の改善につなげる狙いもある。

 時期については調整中で、年内にも十数人を招き、来年度から招待の規模を拡大していく方針だ。

「ミス報告しにくい」3割…JR西労組アンケ(読売新聞)
<推理作家協会賞>長編部門は飴村行さん、貫井徳郎さんに(毎日新聞)
被爆マリア像 欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)
<みどりの式典>天皇、皇后両陛下が出席(毎日新聞)
エベレスト初登頂の偉業再現 板橋区・植村冒険館(産経新聞)
AD
 東京都葛飾区亀有の商店街に設置された人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主人公で両さんこと両津勘吉の銅像が壊されていたことが20日、同区への取材で分かった。区は警視庁亀有署に被害届を提出、同署が器物損壊事件として捜査している。

 区によると、壊されたのは亀有中央商店街に設置された「サンバ両さん像」。本体の高さは約60センチで、台座を含めると約1メートル30センチだった。帽子をかぶり笑顔の両さんがめがねをかけ、両手にマラカスを持っている。

 18日午前11時ごろ、通行人が左手のマラカスが根本から折られているのを発見、商店街関係者を通じて区に通報した。17日夕方から18日午前までに壊されたと可能性が高いという。壊されたマラカスは見つかっていない。

 JR亀有駅周辺には地域活性化のため、先月13日にサンバ両さん像を含め登場人物の銅像計8体が設置されたばかりだった。

 平成18年2月にも亀有駅北口に設置された制服姿の両さん像の警棒部分が壊される事件も起きており、同区は「銅像はすぐに修繕するが、これ以上被害が出ないように対応を検討する」としている。

【関連記事】
香取両さん、“敵地”お台場でドラマPR
「こち亀」豪華ゲスト!初回はビートたけし
「こち亀」主題歌、“両さん”香取が歌う!
香取両さん後輩決まった!香里奈&もこみち
実写版「こち亀」ロケ画像流出…ファンから失望の声
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

「ポスト盗まれた」長男110番=家族も通報、対立深まる-一家5人殺傷・愛知県警(時事通信)
会社員の男ら4人逮捕=遺棄容疑、3人不明事件-長野県警(時事通信)
仙谷氏の衆参同日選発言 閣僚から批判相次ぐ(産経新聞)
東北新幹線 新青森延伸12月初旬に(毎日新聞)
酒気帯びでタクシーと衝突 運転の男逮捕(産経新聞)
AD
 大阪府警泉大津署は19日、同居する女児(4)を殴り、顔などに軽傷を負わせたとして、泉大津市式内町、無職、内田優容疑者(26)を傷害容疑で逮捕した。「しつけのためにやった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、今年3月21日、自宅アパートで、内縁関係にある女性(26)の娘の顔や尻を手で殴り、12日間の打撲を負わせたとされる。

 同署や泉大津市によると、内田容疑者は昨年11月ごろに携帯電話の出会い系サイトを通じて女性と知り合い、今年2月ごろ、女性と女児と一緒に生活を始めた。

 市児童福祉課によると、3月23日に女児のほおなどにあざがあるのを、通園する保育所の保育士が気付き、市に連絡。女性は当初、「おばあちゃんに預けた時の傷ではないか」と話していたが、翌24日に女児の尻にもあざが見つかり、女性が「あざは内縁の夫の暴力。怖くて帰れない」と打ち明けたという。

 市は24日、府を通じて母子を府内の施設で保護し、翌日、警察に通報した。女性は、市の担当者に「育て方が悪いと言われ、逆らうと何をされるか分からない」などと話しているという。

 同じアパートに住む男性によると、今年2月ごろから夜間に数回、女児が泣きながら「すいません」と謝る声が聞こえたという。ドンドンという何かを投げるような大きな音が響いたり、男の声で「泣くな」と女児を怒鳴る声もした。

 約1カ月前から、女児と母親の姿を見ないことを不審に思った男性が4月中旬、内田容疑者に「虐待していないだろうな」と尋ねたところ、内田容疑者は「怒っているのは母親」と否定していたという。【山口朋辰、古関俊樹、遠藤孝康】

【関連ニュース】
振り込め詐欺:「キング」に懲役20年判決…東京地裁
監禁致死:「止めて」懇願無視 運転の男起訴 名古屋地検
ネット違法情報:削除せぬ管理者、刑事責任追及へ…警察庁
サイバー犯罪:過去最多115件 09年県警摘発
愛知・刈谷の車飛び降り男性死亡:「止めて」懇願無視 監禁致死で運転の男起訴

<赤松農相>野菜出荷前倒し、生産者に要請へ(毎日新聞)
<掘り出しニュース>空腹にたえかね、他人の家で野菜炒め調理中に御用(毎日新聞)
<毎日新聞世論調査>内閣支持率33% 不支持は初の5割超(毎日新聞)
放鳥トキが「抱卵」中断=求愛行動は継続-環境省(時事通信)
大阪・住之江で路上強盗(産経新聞)
AD