インターネット接続サービスのインターリンクは、アップルのタブレット型端末「iPad」を使った高齢者向けインターネット講習会「シルバー向けiPad教室」を開催する。6月から来年3月までに12回実施する。参加条件は60歳以上で、1回につき10人程度の参加を見込む。

 講習会の内容は、インターネットの基礎知識、iPadの使い方、ネット通販の利用方法、写真データの送信方法など。インターリンクがiPadを無料で貸し出す。同社では「iPadのインターフェースは万人に最適で、高齢者が楽しみながらインターネットを学べる」としている。


【関連記事】
高齢者向け食事サービス、地域で差―横浜の研究会が報告
高齢者の買い物支援で企業の経費を助成―秋田県
「最期は自宅で」が5割超、奈良県が高齢者介護の実態調査
「食事」で高齢者の「自分らしい暮らし」を
「孤独死」身近に感じる高齢者は4割超―内閣府調査

<普天間移設>「ヘリ訓練、北海道でも」鈴木宗男氏(毎日新聞)
H2Aロケット 新たな打ち上げ予定は21日早朝(毎日新聞)
口蹄疫殺処分 畜産農家の悲痛な叫び 「この1カ月生き地獄」(産経新聞)
<自民党島根県連>青木幹雄氏長男擁立へ 参院選(毎日新聞)
「宇宙大豆」、15日に打ち上げ=種子紛失被害の日本企業(時事通信)