初めまして。(^-^)
連続講座に車椅子で参加している田中真佐美と申します。


私は、「脳性まひ」という障がいがあるため、
障がい者施設などを利用することが多いです。
そのため、人と関わることも多く、そこから、
「コミュニケーションを上手に取れるようになりたい」

「毎日、楽しく過ごせるようになりたい」

そして「『障がい』と『私自身』を分けて捉え、
自分のやりたいことを自由にやっていきたい」と思い、

パラダイムシフトコミュニケーションの講座に参加しています。




実は、私は10年くらい前から、
一人暮らしをしたいと思っていたのですが、

「自分が納得する状況を作らないと一人暮らしが出来ない」

と思っていたので、今までは怖くて動けませんでした。

しかし「怖い気持ちを抱えたままやってもいい」

「気持ちと行動を別にすると良いかもしれない」
と気づき、今回、親に手紙を書きました。
(面と向かっては話せないと思い、手紙を書きました。)

実は、今までは両親は反対していたのですが、
その手紙を渡してから、私の気持ちが伝わったみたいで、
両親から「市営住宅の応募をしてみたら」と言われました。

そう言われると、嬉しいと思うと同時に、なんだか逆に、急に、もっと怖くなって、
怖くて、不安で、しょうがありませんでした。

そして、今CTNの講座に参加していることで、

「怖い。そして、ただ怖いだけ、不安なだけ」と気付きましたし、

嫌なことがあっても、何が嫌なのか考えるのではなく、

『ただ「嫌」だ』で終わって良い、と気付きました。

まだまだドキドキして、
ブレーキをかけそうになることもありますが、
講座の中で探究しながら、進んでいっています。




それから、昨年、嬉しいことがありました。

昨年の12月7日に中学校で講演をさせていただいたのですが、
その講演の前日に講演会の準備をしていた時のことです。

普段、講演をする文章の中に
「私は障がいを認めています」という一文を入れています。

実は私は、その言葉にはずっと違和感があったのですが、
いつもは、そんなふうに言っていました。

それが、その日は、突然、
「もう、この文章を言うのは止めよう」と思ったのです。

「障がいを認めるとか認めないとかの話ではなくて、
障がいは、あるものだから、

あるもは『ある』として扱って、一緒に生きていく」

その時、突然、そう思ったのです。
障がいが後でついてくるぐらいの、ただの田中真佐美になります。




その時に私は、初めて、
「私」と「障がい」を切り離して考えることが出来ました。

それに気付けて、今、とても嬉しいです。

自分の中では、もしかしたら、これが
パラダイム()がシフトしていく瞬間だったのではないかと感じています。




※パラダイム・・・価値観の枠組み。
詳しくは、「パラダイムシフトコミュニケーションの連続講座®」で扱います。



コミュニケーショントレーニングネットワーク® 
http://www.communication.ne.jp

 

●全国の講座開催地

コミュニケーショントレーニングネットワーク® 北海道 
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 盛岡 
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 仙台 
コミュニケーショントレーニングネットワーク® 東京

コミュニケーショントレーニングネットワーク® 大阪

コミュニケーショントレーニングネットワーク® 中四国

コミュニケーショントレーニングネットワーク® 九州

コミュニケーショントレーニングネットワーク® 沖縄


●CTNの講座案内、詳しくはこちら

http://communication.ne.jp/wp/course/

旗経ビジネス『課長塾』各地で開催中!! 

https://business.nikkeibp.co.jp/nbs/nbsemi/0930/
 

Copyright ⓒ2013-2018 communication training network All right reserved

※無断での転載を禁じます。