今回のブログ担当、清水ひとみです。(^^)/

CTNのコーチングに出会ってもう10年が経とうとしています。

 

現在、社会福祉法人理事長として、保育園と高齢者施設、計3施設を経営していますが、

CTNに出会う前は、父と喧嘩し、音信不通、フリーターでした。

 

今年もあと数日。

そんな時もあったなぁ と振り返り

来年、またその先をどんなふうにしていこうかとワクワクしていたところなので

フリーターから経営者になるまでのお話をさせていただこうと思います。

 

当時の私は、こんなに毎年毎年ワクワク感が湧いていたかというと

そんなことはありませんでした。

当時を振り返るとどうやったらお金が手に入るのか、生活が楽になるのか

ということばかりを考えていたように思います。



それがいつ頃からか変わってきました。

改めて振り返ってみると、ある起点がありました。

 

それは、父との「関係修復」

 

今から17年前に母が亡くなり、そこから父、弟妹、祖母

それぞれのコミュニケーションがギクシャクし始めて

父の再婚をきっかけに私は父と音信不通になりました。

 

その間なんと、3年間

 

それが、CTNの連続講座を受講していたとき、

ある宿題に取り組んだことから


父との関係性が一変し、今の仕事とやり甲斐が手に入りました。

 

 

 

どんな宿題だったかって?

 

 

 

「あなたのお父さんにコーチを受けてきて下さい。」

 

おいおい、(-。-;

今さらどんな理由で会うっていうのよ。

そもそも、コーチされるなんてありえな~い。(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

と心の声がリフレインしながら2週間が経ち、講座当日になりました。

しかし、朝起きて、思ったのが、

「コーチされるのは嫌だけど、結果出るなら会うだけ会ってみるか。」でした。

 

父の経営する法人にノーアポで行ったところ、

受付にいる職員さんも3年ぶりに見る私に驚いている様子です。

 

「理事長せんせーい!」

と小走りで理事長室に行ってくれると父が出てきました。

 

私を見た瞬間

「どしたんや~。」

と満面の笑み
ではないですか!

私はそれまでこんな様子はイメージしてなくて

どうせ太々しくやってきてイヤミでも言われるんでしょうよ

と思っていました。

 

ですが、どうでしょう?!

その父の満面の笑みを見た瞬間、


「申し訳なかったな」

が湧いてきてそこから会話ができるようになったのです。

 

そんなことがあってから、なぜか、手にしたいと望むことが現実になるようになりました。

 

子どもに関する事業がしたいなーと想っていたら

保育園の理事長交代のお話があり、現在運営している法人の代表になり、

今からの高齢者事業は特別養護老人ホームしかないと想っていたら

土地が見つかり市の認可が下りて現在開設3年目です。

 

今はお金がどうやったら手に入るのかなーんて考えなくなり

世の中の人々が何を望んでいて

何でもって社会貢献をしてゆくのか

事業の意図やヴィジョンを探究しているとワクワク
してくるのです。

 

こうやって私が成長するまで見守り、歩み寄ってくれた

父は今、病気と闘っています。

経営者、事業家としてまだまだ教えてもらいたいことがあるけど、

ここまで支えてくれたことに
感謝です。

そして、そんな親子、後継者問題を見守り勇気づけてくれた

職員さんたちにも
感謝が溢れます。

 

 


 

 

新しい年を迎えるにあたり

心のどこかに引っかかっている人に会ってみる

と何かシフトする事が起きちゃうかもしれません!

 

2018年が皆様にとって素晴らしい年となりますように。

 


 

AD