こんにちは。

コミュニケーショントレーニングネットワーク(CTN)講師のアカルカこと遠藤裕美子です。

 

CTNの講師として企業や学校へ研修をするとともに、CTNプロ講師コース、愛の講座の講師のひとりとして活動しています。

 

私は大学時代にコーチングに出会ったのですが、妹と一緒に行ったコーチングフォーラムというイベントでCTN統括責任者の岸英光さんの話を聴きました。

 

その時に、

「コーチングを学んで、本人にとって苦手だと思っていた分野で素晴らしく活躍している人がたくさんいる」

「得意、不得意は結果に関係ないんだ」

と聴きました。

 

「なるほど。苦手であってもやりたいことを選んでみていいのか」

と、その視点がとても新鮮でその後東京のコーチング講座に通いました。

 

学生時代はひとりの親友とずっと一緒にいて、他の人とはあまり話せないくらい人見知りだったのが、新卒で入社した会社では営業職を選びました。自分に営業は無理だろうと思っていたのですがずっと憧れがあったのです。

 

コーチングフォーラムで得意、不得意は結果に関係ないと聞いていたからこそ、やってみようと行動に移せたのでした。

 

その会社は当時の営業スタイルが、新規開拓営業が主だったので、毎日が新しい人との出会いの数々でした。

 

そこでコーチング講座で学んだことをやり続け、さらに営業の先輩達から聞いたことをとにかく実践し続けていたら、入社半年で受注数が全社1位になりました。血眼になってやっていたわけではなく、あれっ?!いつの間に?という印象で、自分でも驚きでした。

 

当時は飛び込み営業もしていました。飛び込み営業を人生で初めてしたその日、1日で34枚、全て違う企業の担当者の方と名刺交換をすることが出来ました。

 

「飛び込み営業を今日はしましょう」と朝一番に聞いたときに不安に青ざめながら、会社から出かけて行った私が新入社員の中で一番名刺交換をして会社に戻ってきたことに、教育担当をしてくれていた上司が私以上に驚いていました。

 

何をしたらこうなったの?と当時聞かれたのですが、何をしたかというよりも、どんな時も

「得意、不得意は結果とは関係ないんだ。人見知りでも、人前が苦手でも、出来てもいいんだ」

「学んだことを試してみよう、やってみよう」

という姿勢、あり方の自分だったのが良かったのだと思っています。

 

無理だろうと思っていたことで、結果が出たことはとてもうれしく、私でもできるんだ!という驚きもありました。

 

その後、コーチングを通して、長年課題を感じていた家族関係にも良好な変化が生まれました。

 

伝えたいと感じていた感謝の気持ちなどがありながらも、伝えることへの抵抗感や過去に基づく怒りに打ち消されて、つい望まない態度を取り続けてしまっていたのですが、講座を受けたあと自分でも驚くほどスムーズに気持ちを伝えることが出来たのでした。

 

家族関係に本気で取り組んでから、仕事の規模が大きくなり、収入が上がり、現実に明らかな変化がありました。パラダイムって思わぬところが繋がっていて、ここがパラダイムシフトするとこっちでも結果が出るんだ!!と未だに驚きと発見の日々です。

 

そして、様々な体験を経て、このセンスってなんてパワフルなんだろう!!と感じ、私もコーチングを伝える側になろうと決めてトレーニングを始めました。

 

今はコミュニケーショントレーニングネットワークの講師として、企業や学校で研修や講演をしています。

 

講師も最初はまったくの未経験で、それまでリーダーらしい経験が一切なく、学生時代も生徒会や学級委員長はもとより班ごとのリーダーという役割すらも一度も経験がなく、人前に立って何か話したり、その場をリードすることは、自分の性質からは真逆だと思っていたことでした。

 

それでも、やろうと決めて進み続けたら道が開いていきました。

講師養成講座を卒業した1ヶ月後に声がかかり、100名以上の前で講演をしたり、その後も母校の高校で1000名近い人の前で講演をしたり、様々な学校や企業で研修を行うようになりました。

 

毎回、私にできるんだろうか。。。という思いに駆られますが、

「得意、不得意は結果とは関係ないんだ。人見知りでも、人前が苦手でも、出来てもいいんだ」

「学んだことを試してみよう、やってみよう」

 

この繰り返しでやってきています。

 

今も人前は苦手ですし、大勢の前だと気後れする自分を感じます。

 

そしてその自分をなんとか変えようとしたり、ごまかしたりすることなく、そんな自分がいながらも、やりたいことをやってよしと日々進んでいます。

 

コーチングを実践していると、自分が感じる限界をひょいっと超える機会をくれたり、そもそも限界だと思っていたこと自体を払拭することさえあります。

 

たくさんの方とコーチングを通してご一緒するなかで人ってどんなことが出来るんだろうどこまで出来るんだろうと、本当にワクワクします。

 

思えば、本当に小さな頃って

「どうせ出来ないよ」と思うことなく

「チャレンジするぞ!」と力むことなく

やりたいことにまっすぐ進んでたよなぁと感じます。

いつしか出来てしまっていた「自分はこういう人間だ」

というパラダイムを外すことができるとどこまででもいけるのかもなと感じています。私も日々実践&実験しているところです。

 

北は北海道から、南は沖縄まで全国各地でこのコーチングを学ぶ機会があり、自分自身の結果から組織改革まで幅広く活用されています。

百聞は一見に如かず。ぜひ一度講座の場でコーチングを体験されることをおすすめします!

どこかの会場にてお目にかかれたらうれしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コミュニケーショントレーニングネットワーク(CTN)
http://www.communication.ne.jp

●CTNの講座案内、詳しくはこちら

http://communication.ne.jp/wp/course/

Copyright ⓒ2013-2017 communication training network All right reserved

※無断での転載を禁じます。

AD