こんにちは。

斎藤 幸子@北海道です。

私が、CTNのコーチングに出会ったのは、約3年半前。

 

 

自分自身を前進させたいと思って参加した

コーチング講座ですが、そこで学んだことは、

「前進を妨げる仕組み※」があるということ。

(※詳しくは、コーチング・コアコース第3~5回「行動を妨げるメカニズム」にて)

 

 

なるほど!そういう見方があったんだ!

前進したいのに、止まってしまうのは、私だけじゃないんだ!

これまでの自分には全くない観点でした。

 

 

私は子どもの頃から身体が弱く、無理はできないと

思って過ごしてきました。

仕事を始めてからも、ストレス解消のためにいろいろ

試してはみたけれどうまくいかず、落ち込んだり自分を責めたり・・・。

 

 

風邪をこじらせて声帯を痛め、声がかすれて出にくくなって

仕事を休んだことも何度もありました。

それによって、さらにストレスが強くなる、という悪循環に・・・

 

 

長年そのように過ごしてきたので、

自分は頑張ってもここまでしかできないんだな・・・

という感覚が無意識にあったように思います。

 

 

しかし、CTNの講座で学び、

今まで身体が弱いせいで仕事もいろいろなことも

上手くいかないと思って苦しかったけど、

もしかしたら、そうやって身体のせいにして物事を難しくすることで、

自分で自分の前進を止めていたのかもしれない・・・

と思えるようになりました。

 

 

もしそうだとしたら・・・、私は変わることができるのかもしれない!

これまで自分がやってきたことに直面しながらも、

そこに自分の新しい可能性を感じることができたのです。

 

 

CTNの講座で探究を進める中で、

自分の身体に起こっていること(=「身体の症状」)と、

内面に起こっていること(=「不安・心配・焦り」など)を

分けてとらえることで、それらに少しずつ適切に対応できるようになってきました。

 

 

気がつくと、病欠はほとんどなくなっていました。

 

 

私の身体そのものは変わらないけど、

身体に起こってくることの一つ一つに、

適切に対応出来ている感じがするし、そのことを理由に止まらなくなりました。

私、前進しているかも?

 

 

そんな風に感じはじめていた矢先、久しぶりに風邪をひきました。

主な症状は、咳と声のかすれ。

 

 

咳をするたびにどんどん声がかすれていき、

以前、声帯を痛めたときのことを思い出しました。

声がかすれて出なくなると、本当に仕事をするのが

辛い状況になってきます。

これまでもそれで休まざるを得ない状況がありました。

 

 

また声や体調を理由にして自分の前進を止めようとしているの?

自分を見つめて取り組んできたのに・・・

がっかり・・・どうしよう?

私の中には、いろいろな思いが湧いて来ました。

 

 

ですが、今回は、以前までの私とは、意識や行動が違いました。

 

 

いろいろと湧いてくる思いはあるけれど、

それを横において適切に行動し始めている自分がいたのです

 

 

翌日にむけて「何ができるか?」と動き始めていました

CTNの講座仲間と会話をして、自分自身がクリアな状態になり、

取り組むべきことも見えてきました。

 

 

翌朝、職場で状況を報告。

後輩は、私の代わりに会議の報告を読み上げてくれました。

力になってくれる存在に、心から感謝が湧きました。

 

 

電話に出るときは、初めに

「今日は声がかすれていて、いつもと違うと思います。ごめんなさい。」

と自分から伝えました。

その後は声のことは気にせず、相手の話をじっくり聴いて対応することができました。 

 

 

その日の仕事では、不安や心配、焦りなどの気持ちに影響されず、

適切な行動ができたと思います。

 

 

仕事後、内科を受診。吸入薬と内服薬で治療を開始し、

症状は徐々に良くなっていきました。

 

 

以前だったら、こんな状況のとき、ただ落ち込んで、

仕事もできず、心身ともにさらに悪化していたかもしれません。

でも今は、身体の症状に影響されずに

適切に行動できるようになってきました。

 

 

これは私自身にとって大きな前進であり、成果です。

 

 

さらに、生活の中で、仕事だけでなく、

趣味もできるような仕組みを創り、

今は、仕事も趣味も、両方に取り組むことができるようになりました。

 

振り返ると、物心ついてから今が1番、心身ともに元気かもしれません。

 

 

CTNの講座で、自分自身の前進を妨げる仕組みを知り、

その要素をつかみ、適切に対処すると、

自分本来の力を発揮しやすくなることを実感しました。

 

 

これからもコミュニケーションのセンスを磨き続けて、

自分もいっそうパワフルに過ごし、

周りの人達のパワフルさを引き出すことも目指していきます。

 

 

 

 

 

花講座案内花

 

コミュニケーショントレーニングネットワーク(CTN)
http://www.communication.ne.jp

 

●全国の講座開催地

コミュニケーショントレーニング北海道 
コミュニケーショントレーニング盛岡 
コミュニケーショントレーニング仙台 
コミュニケーショントレーニング東京

コミュニケーショントレーニング中部

コミュニケーショントレーニング大阪

コミュニケーショントレーニング中四国

コミュニケーショントレーニング九州

コミュニケーショントレーニング沖縄

AD