CTN連続講座完了生の黒澤です。

北海道在住、建設業で働いています 。

 

私には3歳の娘がいます。
私は仕事をしているので、日中は娘を保育園に預けています。

普段は、外部に研修に行ったり、残業をして帰宅が遅くなることも多く、
忙しいけれど、仕事はとても充実しています。
その一方で、我が子に関する心配が絶えませんでした。


・お母さんと過ごす時間が短いから、この子はかわいそうなんじゃないか?
・寂しいんじゃないか?
・この子は、本当は、保育園ではなく、母親とずっと一緒にいたいんじゃないか?


そんな考えも浮かんできます。
そして、考え出すと止まらなくなります。

愛情不足で将来グレるんじゃないか?
何か問題を起こすような人になるんじゃないか?
学校に入ったら、いじめをするような子になるんじゃないか?
人に優しく出来ない子になるんじゃないか?
自分を大切に出来ない子になるんじゃないか?
・・・などなど。

「娘は今、こう思ってるに違いない」「未来はきっとこうなる」
そんなことが、どんどん、いろいろ、湧いてくるのです。


ある日、娘と一緒にいた時、

私が母親でこの子はかわいそうだな~と感じ、ふと、

「ごめんね。」
と娘に伝えました。

すると、娘はきょとんとした顔つきで
「何が?」
と言いました。

私「ママさ、毎日お仕事してるでしょ。
そして、○○ちゃんは保育園にいるでしょ。保育園にいる○○ちゃんが、
一人で寂しい思いをしているんじゃないかなって思って。だから、ごめんね。」


娘「え?全然寂しくないよ。だってね。保育園にはお友達いっぱいいるの。早くいきたいの。」

私「えっ!?そうなんだ!」

私は 拍子抜けしちゃいました。

いつもの我が子の様子をふりかえってみれば、
たしかに、毎日笑顔で保育園に行っていますし、
私が迎えに行くと「もう来たの?」と言われることもしばしば‥‥‥‥。

あ、そうか!私はハッとしました。

CTNのコーチング講座で学んだ、「現実と非現実の分別と扱い方※」。
私の考えは、そのほとんどが「非現実」だったことに気づいたのです。


現実に起こっていないことなのに、私は、自分の中でどんどん不安になって、
私の頭の中での考え(非現実)が、まるで現実のように感じて、
勝手に心配になっていたのです。


現実には、私の心配していたようなことは全くなくて、
我が子はたくさんのお友達との時間を楽しんでいたのです。


このことがあって以来、私は、
娘に「ごめんね。」ではなく「ありがとう。」を伝えています。


「ママ、あなたが保育園でお友達と楽しく過ごしていると聞けて、
安心した。だから、今、お仕事がしっかりとできて、
とてもうれしいの。ありがとう。」


そして、現実に「ないこと」を一人で心配するのではなく、
娘と一緒にいられる時間をどう過ごそうか、どう愛情を伝えようか、
娘とのコミュニーションに時間を使うことができるようになりました。

 

CTNのセンスに感謝しています。
 

---
CTN講座完了生(3歳女の子母)
※CTNコーチング連続講座「オプティマイズコース」第7回で扱うセンスです。

---

コミュニケーショントレーニングネットワーク(CTN)
http://www.communication.ne.jp

 

●全国の講座開催地

コミュニケーショントレーニング北海道
コミュニケーショントレーニング盛岡
コミュニケーショントレーニング仙台
コミュニケーショントレーニング東京

コミュニケーショントレーニング中部

コミュニケーショントレーニング大阪

コミュニケーショントレーニング中四国

コミュニケーショントレーニング九州

コミュニケーショントレーニング沖縄


●CTNの講座案内、詳しくはこちら

http://communication.ne.jp/wp/course/

旗経ビジネス『課長塾』各地で開催中!! 

詳しくは http://nb241.jp/0930/

コーチング講座のご案内をメールで配信中!!
http://communication.ne.jp/wp/mailmagazine/

Copyright ⓒ2013-2017 communication training network All right reserved

※無断での転載を禁じます。

 

AD