ご訪問ありがとうございます。

 

髪の毛の痛みやダメージに困っている方の髪質改善 美容室の森です。

 

 

ジメジメした季節は、頭皮が痒くなりがちです。

 

 

ついついかいてしまうと余計にひどくなる事もあります。

 

 

頭皮の痒みの原因について説明します。

 

1、洗いすぎによる事

 

2、洗浄成分によるもの

 

3、すすぎ忘れによるもの

 

4、成分によるもの

 

上記の4つに分けて詳しく話しますね。

 

 

1、洗いすぎによる事

 

 

お風呂に入り毎日髪を洗う事は当たり前です。

 

 

汗をかいた日にはしっかりと洗いたくなる事は当然です。

 

 

本来頭皮を健やかに保つている「常在菌」が体を菌から守っている事をご存知ですか?

 

 

「常在菌」は、ビフィズス菌と似ている菌でヨーグルトの様なニオイを出し弱酸性を保ちます。

 

 

赤ちゃんが甘酢っぱいニオイやがするのはそのせいです。

 

 

しかし、ニオイや汚れを気にする余り洗いすぎると「常在菌」がいなくなり居なくなり「悪玉菌」が増えてしまいます。

 

 

「悪玉菌」は、アンモニアを放つ菌で増えてしまうと頭皮が臭くなります。

 

 

さらに、アンモニアはアルカリ性で痒みや頭皮を荒れさせてしまいます。

 

 

赤ちゃんのオムツ”かぶれ”は、おしっこがアンモニア=アルカリ性なので”かぶれ”てしまうのです。

 

 

「悪玉菌」が増えてしまうと頭皮も”かぶれ”てしまい当然痒くなります。

 

 

優しい洗浄成分で洗ってください。

 

 

 

2、洗浄成分によるもの

 

 

シャンプーの洗浄成分は強い順に石油系→高級アルコール系→アミノ酸系か主な成分です。

 

 

「1、洗いすぎによる事」でも書いたように洗いすぎると痒くなる事を説明しました。

 

 

シャンプーで優しく洗っても洗浄力が強いもので洗えば同じ事になりますよね。

 

 

前回書いた記事を参考にしてください。

 

 

トリートメントでシャンプー!?

 

 

 

3、すすぎ忘れによるもの

 

 

シャンプーをすすぐ時にすすぎ忘れてしまい部分があります。

 

 

シャンプーをしてすすぐ時にはシャワーで上からだけ流していては「襟足」や「耳の上」あたりが洗浄成分が残ってしまう事があると痒みの原因になります。

 

 

シャーを使うときは、頭皮にまんべんなくお湯をくぐらせて下さい。

 

 

およそ2分間すすげば洗浄成分を洗いながせます。

 

 

敏感肌の方には特に念入りに流してください。

 

 

 

4、成分によるもの

 

 

最近、髪の手触りを良くする成分として「〇〇◯グロリド」「〇〇◯ブロミド」と書かれた成分があります。

 

 

これは、柔軟剤です。

 

 

髪を柔らかくするために配合されている事があります。

 

 

アレルギー性も高く頭皮についてしまうと痒みが出る方もいます。

 

 

特に敏感肌の方は、成分表を見て選んで購入する事をお勧めします。

 

 

以上です。

 

 

これからの季節汗を多くかきゴシゴシと洗いたくなると思いますが、参考にしていただけたら幸いです。

 

 

 

最後までお読み頂き本当に、ありがとうございました。

 

 

髪の毛の痛みやダメージに困っている方の髪質改善 美容室の森でした。

 

 

店内のお知らせ

大阪南森町駅徒歩1分

髪の毛の痛みやダメージに困っている方の

髪質改善美容室クレッセント

 

【住所】 大阪市北区南森町2-3-28小山ビル1F

             南森町駅6番出口北へ徒歩1分

 

【電車でお越しの方】南森町駅6番出口北へ徒歩1分

・谷町線からクレッセントまでのアクセス

・堺筋線からクレッセントまでのアクセス

 

【営業時間】10:00~21:00 (最終受付19:00)

・定休日と営業時間

・サロン料金

・店内の様子

・電話で予約

・ネットで予約

・しいたけのしずく

・クレッセントホームページ

 

☎︎ 06-6362-1168