昔、笑われた話

テーマ:

ご訪問ありがとうございます。

 

髪の毛の痛みやダメージに困っている方の髪質改善 美容室の森です。

 

 

今から30年ほど前のサロントリートメントと言えば、クリーム状の物を髪に付けスチームする物がほとんどでした。

 

20年ほど前にもの凄く売れたサロントリートメントがあります。

 

その当時では美容業界では衝撃的なトリートメントでした。

 

 

 

詳しい化学成分の説明は省略しますが、簡単に説明するとこんな感じ。

 

擬似キューティクルを作るトリートメント。

 

 

要は、髪の表面にキューティクルと似た物を作ってコーティングするものです。

 

 

 

その当時のクリーム状のトリートメントのもちは3日程度。

 

それが、2週間もつという画期的な物でした。

 

当時としては、そんなにもつトリートメントは無かったので爆発的人気が出ました。

 

 

 

僕も2週間もつトリートメントにびっくりして多くのお客様に施術しました。

 

傷んだ髪が治った!と驚きでいっぱいでした。

 

 

 

髪の傷みは、キューティクルが剥がれる事から始まります。

 

その傷んだキューティクルの表面をツルツルにしてくれるわけですから手触りは抜群によくなります。

 

 

 

しかし今思えば、やっている事は本当に髪を改善しているのでは無くコーティングしているに過ぎません。

 

コーティングするトリートメントは、今でも主流で王道のトリートメントだと思います。

 

コーティングしているやり方を否定はしませんし、むしろ一般的な考えだったら正しいと思います。

 

 

 

『髪は死んだ細胞で1度傷んでしまったら改善されない』事は当たり前ですから。

 

サロントリートメントの基本的な施術です。

 

 

 

昔、ある講習で毛髪の先生に『髪は死んでいますか?それとも生きていますか?』と質問され思わず僕は、

 

『生きています!』

 

と答えて、みんなに笑われた記憶があります。

 

 

 

その頃は、僕が間違っていたんでしょうね。

 

 

 

髪は死んだ細胞だから、コーティングするトリートメントが主流なのです。

 

 

お客様も、美容室でカラーの施術後『今日はトリートメントされますか?』と言われると、何かしておかないと髪が傷んでしまわないかと不安になりますから当然トリートメントをします。

 

 

ほとんどの美容師さんも髪が傷んだら改善されないと分かっててトリートメントを進めていると思います。

 

 

それは、髪は死んだ細胞と教えられて来たからです。

 

 

 

僕は、コーティングして改善するトリートメントはあまり好きではありません。

 

それは、改善しているかの様にごまかしているからです。

 

 

少しづつですが、自然志向な方やサロントリートメントに疑問をお持ちの方がお越し下さる様になってきています。

 

 

今は、ネットで検索すればいろんな事が書かれていますから丹念に調べていけばわかる時代です。

 

 

 

クレッセントのトリートメントは、コーティングしないでキューティクルを改善する施術を行います。

 

 

全国的に見ればほんの僅かの方しか支持されていないトリートメントです。

 

 

 

長い美容師経験から『これが髪が改善されて行く事か〜〜』と実感しています。

 

 

『生きています!』と答えた頃が、今だったら笑われ無かったのかな~~?

 

 

今でも笑われるかもしれません(笑)

 

 

 

この新しい美容が、どんどんと広まり王道になる事をいつも夢見ています。

 

 

 

最後までお読み頂き本当に、ありがとうございました。

 

 

髪の毛の痛みやダメージに困っている方の髪質改善 美容室の森でした。

 

 

店内のお知らせ

大阪南森町駅徒歩1分

 髪の毛の痛みやダメージに困っている方の

髪質改善美容室クレッセント

 

【住所】 大阪市北区南森町2-3-28小山ビル1F

             南森町駅6番出口北へ徒歩1分

 

【電車でお越しの方】南森町駅6番出口北へ徒歩1分

・谷町線からクレッセントまでのアクセス

・堺筋線からクレッセントまでのアクセス

 

【営業時間】10:00~21:00 (最終受付19:00)

・定休日と営業時間

・サロン料金

・店内の様子

・電話で予約

・ネットで予約

・キャンペーン

・しいたけのしずく

・クレッセントホームページ

 

☎︎ 06-6362-1168