占いと引き寄せをはじめます | ダイバーシティを生き抜く

ダイバーシティを生き抜く

LGBTQ・パニック障害・卵巣がんサバイバーというダイバーシティの住人が今を生き抜く様子をつづっています。

2022年になりました。

 

新年を迎えて、あまりお正月気分ではないものの、節目の時期なので、在り方ややり方を変えようと少しずつ動いています。

 

 

昨年の後半はカウンセリングの勉強をしていましたが、カウンセラーになる自分の姿はイメージできませんでした。

 

そして、カウンセリングの勉強で受講していた通信講座の中に、占いの講座があるのを見つけて、とても興味を持ちました。

 

それで、2022年からは占いをやるぞー!と決めました。

 

 

そして、先月は、占い関連の入門書や、関連書籍に出てきてしまう、引き寄せ関連の本をKindle Unlimitedで読みまくりました。

 

Kindleでは、占いよりも、引き寄せの法則や潜在意識云々の本が圧倒的に多いことがわかりました。

 

スピリチュアルには興味がなかったのですが、けっこう科学的なところがあるので、かじってます。

 

見えないものを形にするのは、正解がないから面白いといいますか。

 

占いもやりますが、

 

引き寄せてみよう

 

潜在意識を使ってみよう

 

と思うようになりました。

 

引き寄せや潜在意識をうまく使うことで、パニック障害がよくなるなら手段を選んでいられないですし。

 

 

と、話がそれました。

 

占いについては、独学でやると遠回りだし、よくわからない高名な方の弟子につくのは抵抗があるので、編集されて作られている通信講座で学びます。

 

まだ申し込んでないんですけどね。

 

学ぶ前の準備がひと通り終わったら、申し込みます。

 

 

それと、手軽に取り組みやすい占いとして、まずはオラクルカードを使って、占いを実践するところから始めます。

 

オラクルカードは手軽にできるので、通信講座の講座にはラインナップされていません。

 

ですので、オラクルカードだけは独学で、読み解く力をつけていきたいです。

 

 

先月、一番人気のカードと、手軽にできる小さいカードの2つを買いました。

 

それと、占う時に下に敷くものも、滑り止めとともに必要なので、あわてて買いました。

 

人前でやるわけではないので、敷くものは100均で済ませました。

 

これで、いつでもオラクルカードが引ける状態です。 

 

ちなみに、すでに、引き初め(でいいのかな?)をしています。

 

 

オラクルカードをほぼ毎日引きつつ、準備がある程度できたら、通信講座で占いを学びます。

 

占いをされてる方は、最低3つの手法を知ってたほうがいいというので、3つは身につけます。

 

 

私は、トランスジェンダー占い師になります。

 

なりたい、ではなく、なります、と言い切ることで、自分にはっぱをかけてます。

 

プラス、引き寄せの実践です。

 

引き寄せについては、今のところは自分自身の実践にとどめておこうと考えています。

 

 

40代半ばで、占いや引き寄せに目覚めるとは思いもよりませんでしたが、きっと引き寄せてるんですよね。

 

だとしたら、流れに乗って、少しずつ動きます。

 

 

当ブログは、本年もマイペースにつらつらと書いていきます。

 

暇つぶしにでもお読みいただければうれしいです。

 

コメントをあけていませんが、メッセージはあけていますので、ご連絡がありましたら、メッセージをお送りください。

 

本年もよろしくお願いいたします。