腰痛で漢方を飲んでみたら? | 3属性と生きるチャレンジドスタイル
新型コロナウイルスに関する情報について

3属性と生きるチャレンジドスタイル

ビジネスも人生も挑戦し続けます。

今日は午前中に、パニック障害の通院で精神科に行ってきました。

昨日の産婦人科に引続き、病院チャンポン。


クリニックについてみると、診察を終えた患者さんが1人だけ。

すぐに診察に呼ばれました。


先生には、パートナーとずっといることのストレスや、自粛を真面目にしてるから運動不足であることを伝えました。

ストレスも運動不足も、私だけがなっているわけではないですが、私の場合は、自律神経が乱れてしまい、パニック発作を誘発しやすくなるので、注意なんです。

だから一応医師には、正直に伝えています。

一番のストレスは、パニック障害によることで収入があまりなくて、お金がないこと、ですけど、コロナ禍では、お金を大きく失ってる方もいるので、私だけではありませんよね。

世界が変わってしまいました。


主治医は薬の処方が上手いので、腰痛についても話しています。

以前から、鎮痛剤であり解熱剤でもある、カロナールやロキソニンを頓服として処方してもらってました。

でも、発熱しているわけではないので、正直いって、どちらも飲みたくないんですよね。

それで、知り合いの方から、

「腰が痛いときは漢方を飲んでるよ」

と聞いたので、調べてみたんです。


腰痛対策はホントに色々やってきました。

減量、整体、やわこ(かたおの姉妹)、ウォーキング、ストレッチ などなど。

鍼はしてないですね。

筋トレは根性がないのでしたくないです。

でも、座る時間が長いと、どうしても腰が痛くなってしまいます。。

そこで、最後の切り札として、漢方です。


腰痛に効きそうな漢方を調べると、

・芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

・牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

の2つが候補に出てきました。

牛車〜は、高齢者向けのようなので、芍薬甘草湯はどうか、と主治医にたずねてみました。

そうすると、漢方のミニ辞典のようなものを見て、効用を教えてくれました。

こむらがえりの時に飲む漢方だそうで、腰痛にはどうだろう?とのことでした。

カロナールの代わりとして、試してみたい旨を話して、頓服として処方してもらうことにしました。


ということで、早速食間に芍薬甘草湯を飲んでみました。

少し苦いです(苦笑)。


そうすると、痛みが和らぎました。

カロナールより効いてるような気がします。


でもなぜか身体がたまに火照る感じがあります。

でも昨日ホルモン投与したので、ホルモンバランスの影響から火照るのか、まだよく判断はつきません。


漢方を飲んだからといって腰痛が治るわけではないのですが、痛いとしんどいので、どうしてもという時に飲みます。