静岡県富士市のCS60施術室

ピュアアムリタには

施術者がふたりいますが

 

ひとりずつ順番に

ちょっとだけ深く

掘っていってみようかと思います。

 

 

だって

顔も知らない

どんな人かもわからない

そんな人から

施術をうけるのって

ちょっと怖い。

そういう不安を抱くのは

誰だってあたりまえのこと、と

そう思うから

 

そこのハードルは

ちょっとでも低いほうがいいよね、という

狙いがあります。

 

 

それではきょうは、

ピュアアムリタの責任者

野田はるひさ

(通称:はるくん先生)です。

 

お顔はこんなかんじ。

こわそうですか?

50代以降のマダムのクライアントさん達に

けっこう(いや、かなり)人気があります。

 

 

++++++++++++++++++++

 

 

高校卒業後、大手自動車ディーラーの整備士として

25年間勤務。

2019年6月にCS60の施術室を

静岡県富士市に初めてオープンしました。

 

「CS60」という機器のことを知ったのは

2018年の秋ごろ。

野田ヨーコから、おもしろいものがあるんだけど。と

はなしを聞かされたのが始まりでした。

 

職業柄もあってか

目に見えないものや怪しいもの、

きな臭い類のはなしには

かなりの警戒心があります。

石橋は叩いてわたるタイプ、

新しいものにチャレンジするより

安定を求めたい性格です。

 

だからはなしを聞かされたとき

(というか、さいしょから怪しすぎるから

途中から聞いていなかった)


「そんな訳のわからないもの、やめたほうがいい!」

と言って、

興味を持つどころか

すぐになんでも信用しすぎる

嫁のクレイジーさにイラっとしたのでした。

 

 

けれど整備士として25年間酷使してきたからだは

悲鳴をあげ続けていました。

慢性的な腰痛、首コリ、肩こり、四十肩、

食いしばり、倦怠感は

いつも感じていて

むしろこれが自分のデフォルトか、くらいに

思ってすごす日々でした。

 

2018年の年末もさし迫ったころ

仕事中にぎっくり腰に見舞われました。

仕事場から自宅までは車で50キロ…

痛くて死ぬ思いで帰ったのは

いまでもよく覚えています。

 

自分のからだがそういう状態になると

藁にでもすがりたくなります。

年末年始は大忙しで

なんとしてでも不調を長引かせるわけには

いきませんでしたし。

 

そこではじめて「CS60」の施術を

受けることになりました。

(あきらめて受け入れた?感じでした。(笑))

 

 

 

受けたあと?

 

「今までのからだのツラさはどこへいったんだーーーーーっ。」

というのが感想です。

 

 

その後はご縁に導かれるままに

「CS60」の資格を取りに行くことになり

開業届けを出し

サラリーマンをやめることになりました。

 

 

ぎっくり腰はクセになるというけれど

あれからぶり返すことはなく、

慢性的な腰痛、首コリ、肩こり、四十肩、

食いしばり、倦怠感も

姿をみせることはなくなりました。


もっとはやく、施術を受けておくんだったとも思いましたが

あれが自分にとってのタイミングたったのでしょう。

 

自分もそうだったから

「CS60」に対してアンチの思いがあるというか

怪しいし変な宗教かもしれない、と

疑ってしまう気持ちには

ものすごく共感します。

 

けれどいまの時代、

みんなどこかしら自分のからだに

痛みや不調を感じているのも事実ですよね。

 

それに気づかないふりをして

日々をすごしていかなきゃいけない人も

いるかもしれない。

 

もちろん無理やりに、とは言わないし

強制するつもりはないけれど

自分みたいにひどく痛い思いをするまえに

からだをケアすることに

興味を持ってもらえたらいいなぁ。って

そう思っています。

 

その方法のひとつとして

こんなものもありますよー。っていう

ライトなテンションで

「CS60」を握りしめている、僕。みたいな(笑)

 

 


 

 

++++++++++++++++++++

 

おいしくご飯を食べられるのも、たのしくデートできるのも、

好きな洋服を着ておしゃれするのも、旅行に行くのも、

仕事ががんばれるのも、ゆっくり休日をすごせるのも、

 

どれもこれもみんな

からだが元気だから

めいっぱい楽しめることなんだと思います。

 

わたしたちと一緒に

からだのケアを

はじめてみませんか照れ