「お前なんか」~モラルハラスメント | 相談実績2000件 女性のモラハラ被害専門カウンセラー【初回30分電話相談無料】 

相談実績2000件 女性のモラハラ被害専門カウンセラー【初回30分電話相談無料】 

心理士資格を持つ専門カウンセラーにあなたはもちろんお子様のメンタルサポートもお任せください。
全国のモラハラに悩む女性からの年間300件のご相談実績から、実例に基づくアドバイスの他、行政書士資格を活用した具体的なサポートも行えます。
初回相談は30分無料です。


テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

大きな勇気を振り絞って

せっかくモラ夫と別居に漕ぎつけたのに、

 

ふとした時にモラ夫からかけられた暴言が

蘇って苦しくなる。

 

 

そんなご相談者さまのお声を聴く事が

あります。

 

 

 

どの内容も、お聞きしていてとても辛い

暴言ばかりなのですが、

 

特に悲しみを感じるのは、

 

「お前なんか〇〇だ」

 

と、

本来であれば最愛の人となるべき夫から

 

「お前なんか」

扱いされている暴言です。

 

 

 

 

「お前なんか仕事もロクにできない」

 

「お前なんか一人で生きて行ける訳が無い」

 

「お前なんかに出来るわけが無い」

 

「お前なんかいい加減な人間のくせに」

 

「お前なんかダメに決まっている」

 

 

 

 

「お前なんか」「お前なんか」と、

 

これでもかこれでもかと否定され続ける

モラハラの渦中、

 

どれだけ辛く、

そして怖かっただろうと思います。

 

 

 

 

 

親から受けるモラハラ(毒親)も

同じですが、

 

身近な人から受け続ける否定って

事実では無いにも関わらず、

 

 

呪縛の様に、

身体や心に染み着くように、

 

 

その人を縛り付けてしまうことが

多いのですよね。

 

 

 

 

けれど、

どうかどうか、

 

そんなモラハラの否定に

心を満たされないで欲しいです。

 

 

 

モラハラ被害の渦中で受け続けた

自分に対する否定の言葉に、

 

心を支配されないで欲しいのです。

 

 

 

自分の価値は、

自分で決めて良い。

 

 

自分の価値は、

自分で作っていく事だってできる。

 

 

 

 

モラ夫に言わ続けた

 

「お前なんか」

 

の言葉。

 

 

私達は乱暴に「お前」なんて呼ばれて良い

存在ではないし、

 

「なんか」扱いを受ける筋合いも

ありません。

 

 

 

 

自分の価値を下げる言葉、

 

本来なら大切にしあうはずだった

夫による否定、

 

そう簡単に忘れきる事は難しいでしょう。

 

 

 

 

悲しかったら泣いて良い。

 

理不尽に感じたら怒って良い。

 

 

自分の為にしっかり感情を動かして、

怒って泣いて、

 

そして少し落ち着いたら、

 

 

正々堂々と顔を上げて、

 

清々しくモラハラ被害と離れてからの日々を

充実させて欲しいな、

 

と願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んで下さって

ありがとうございました

 

モラハラカウンセラー

行政書士/心理士

 

佐藤千恵

 

*   *   *   *   *
【初回30分相談無料】
夫からのモラハラに関する
ご相談/カウンセリング
毒親やモラハラが子どもに与える
影響に関する相談/カウンセリング

行政書士よつ葉法務オフィス 
心理カウンセリングルーム

住所:福岡市西区内浜2-2-16
アクセス:地下鉄空港線/JR筑肥線
姪浜駅南口 徒歩7分
電話:092‐338‐8003
(電話受付:平日10時~17時
*ご相談/カウンセリングは
土日祝日や夜間も行っています)
メール:info@yotsuba-houmu.com

*完全予約制です*
*   *   *   *   *

相談実績2000件 女性のモラハラ被害専門行政書士/心理士 ちえぼぅさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス