「そんなのお前が勝手にやったことだろ」~モラルハラスメント | 相談実績2000件 女性のモラハラ被害専門カウンセラー【初回30分電話相談無料】 

相談実績2000件 女性のモラハラ被害専門カウンセラー【初回30分電話相談無料】 

心理士資格を持つ専門カウンセラーにあなたはもちろんお子様のメンタルサポートもお任せください。
全国のモラハラに悩む女性からの年間300件のご相談実績から、実例に基づくアドバイスの他、行政書士資格を活用した具体的なサポートも行えます。
初回相談は30分無料です。


テーマ:

 

 




 

結婚前は良い人だったモラ夫、

 

もしくは少なくとも結婚しようと思う位には

普通にコミュニケーションが取れていた

モラ夫。

 

 

それなのに結婚後は

コミュニケーション不全に陥り、

 

何をやってもどんな努力をしても

うまく行かない。

 

 

何かと責められ否定される。

 

 

心が通い合っている感覚が無い。

 

 

 

 

 

もっと良い妻にならなくちゃ、

 

もっと夫が満足する家庭を作れる様に

頑張らなきゃと努力をしても、

 

モラ夫には

何をやってもバカにされる。

 

 

絶対に認めて貰えない、

 

感謝される事もない。

 

 

してもしなくても責められる。

 

 

とにかく私に対してはいつも不機嫌で

不満そう。


 

 

どんな努力も通じないとき、

妻は八方ふさがりの絶望を感じます。

 




 

 

悩みに悩んだ末、

妻はモラ夫に勇気を出して問いかけます。


「一体どうしたのですか?」

「私、貴方に何かしてしまいましたか?」

 

「悪い所があれば気を付けるから

言ってください」

 

 

 

 

ですがモラ夫からの返答は、

 

・聞かないとわからないのか

 

・何もわかってないんだな

 

・別に

 

・家族のことを何にも考えていない

 

・お前は自分勝手だ

 

等。

 

 

どれも抽象的で、

 

明確で具体的な事は何も言っては

くれない。

 

 

 

唯一ハッキリしているのは、

 

夫は私のせいでこうなっていると

言っている事、

 

私に落ち度があると思っている事。

 


 

 

具体的な事が何もわからないので、

 

妻は結局

一人孤独に迷路に入れられた様な

心境の中、

 

一人で考え、

 

「これが良いかな」

「こうしたら夫が喜ぶかも」

 

と思った行動を重ね、

夫婦関係の改善にさらに努力を

重ねます。

 

 

 

家の事、

子どもの事、

 

夫にも一緒に取り組んで欲しいけれど、

夫に負担を掛けない様に全て自分で

何とかする。

 

 

休日、本当は家族の時間を持ちたい

けれど、

夫が休日を自由に過ごせるように

自分の希望は言わない。

 

 

夫と自分の希望がぶつかった時は

夫を優先する。

 

 

具合が悪い時でも夫を煩わせない為に

いつも通り家事をする。

 

 

自分の実家よりも夫の実家を優先。

 

 

夫の愚痴や不満はとことん聞いて

あげるけれど、

でも自分の愚痴や弱音は自分の中に

押し込んで夫には聞かせない。

 

 

 

色々な努力、

 

本当に

 

「これ以上出来る努力は無い」

 

と言う位まで努力を重ねて

夫優先の生活を続けても、
 

それでも状況は改善しない。。


 

 

 

いよいよ妻の心が限界を迎えた時、

夫に訴えます。

 

 

 

結婚前は普通にコミュニケーションが

取れていたのに、

どうして今はこんな関係になって

しまったのか。

 

 

この状況がとても辛い。

 

 

自分なりに、状況を改善する為に

努力をした。

 


私の事より貴方を優先し続けた。

 

 

私の実家より貴方の実家を

優先してきた。


家事や育児、手を貸して欲しい時も

仕事で疲れている貴方を思い

一人でやって来た。

 

 

体調が悪い時ですら、

貴方に負担を掛けたくなくて一人で

乗り切った。

 


休日も貴方には自由に過ごして

貰っていた。

 

 

 

これまでの辛かった気持ち、

孤独に重ねた努力、

 

ほんの少しで良いからわかって

欲しい、

 

気持ちを分かち合ってほしい、

 

そう思って伝えるのですが、

 

ですが。。

 

 

妻の必死の訴えも、

モラ夫の心には残念ながら届きません。

 

 

 

妻の訴えに対しモラ夫が返したのは、

 

 

「そんなの、

お前が勝手にやった事だろ」

 

 

「俺が頼んだ訳じゃない」

 

 

「勝手にやっておいて

恩着せがましくするな」

 

 

 

 

特に

 

「そんなのお前が勝手にやった事だ」

 

とモラ夫に言われた経験をお持ちの

女性達は多い様で、

 

私もこれまでご相談やカウンセリングで

度々お聞きしてきました。

 

 

 

 

「お前が勝手にやった事」

「俺が頼んだ訳じゃない」

 

 

それはその通り、

確かにその通りなのです。

 

 

 

でも。。

 

 

自分の大切な家族、大切な妻が

ここまで訴えている時、

 

冷たくこう言い放つことが出来る心が

辛いというか、寂しいと言うか。。


 

 

真のモラ夫と心を通わせる事は、

不可能なのだという事ですよね。



 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んで下さり

ありがとうございました

 

モラハラカウンセラー

行政書士/心理士

 

佐藤千恵

 

*   *   *   *   *
【初回30分相談無料】
夫からのモラハラに関する
ご相談/カウンセリング
毒親やモラハラが子どもに与える
影響に関する相談/カウンセリング

行政書士よつ葉法務オフィス 
心理カウンセリングルーム

*事務所は東京から福岡市に
移転いたしました*

住所:福岡市西区内浜2-2-16
アクセス:地下鉄空港線/JR筑肥線
姪浜駅南口 徒歩8分
電話:092‐338‐8003
(電話受付:平日10時~17時
*ご相談/カウンセリングは
土日祝日や夜間も行っています)
メール:info@yotsuba-houmu.com

*完全予約制です*
*   *   *   *   *

相談実績2000件 女性のモラハラ被害専門行政書士/心理士 ちえぼぅさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス