クラシック音楽と読書の日記 クリスタルウインド

クラシック音楽と読書の日記 クリスタルウインド

クラシック音楽を中心にした好きな音楽と読書感想、日々の雑感などを思いつくまま気まぐれに書き綴ります

 

今日はモーツァルトの若い頃のミサ曲を、と言う事でK.139、「孤児院ミサ」と呼ばれているミサ曲を聴きました。

 

「ミサ曲 ハ短調 K.139(K3.114a/K6.47a)は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したミサ曲。1768年12月7日初演。ウィーンの孤児院教会の献堂式のために作曲されたことにちなみ、『孤児院ミサ』との俗称で呼ばれている。作曲年代は自筆譜(紙の透かし模様とフォーマット)の研究により1768年から1769年ごろと推定されている。
編成は独唱歌手(ソプラノ、アルト、テノール、バス)、合唱(ソプラノ、アルト、テノール、バス)、第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ2、オーボエ2、トランペット2、クラリーノ2(高音域トランペット)、トロンボーン3、ティンパニ、通奏低音となっている。
孤児院教会の厳かな献堂式で挙行されたミサ(この教会での初のミサでもあった)で初演され、オーケストラ編成と作曲様式から見ても「荘厳ミサ」と呼ぶべきものとなっている。初演には神聖ローマ帝国皇后マリア・テレジア以下の宮廷人員も参列した。この年までのモーツァルトの最も意欲的な作品とされており、モーツァルト自身にとって最初にして最も長大なミサ・ロンガとなっている。
なお、「孤児院教会」という呼称はこの教会の俗称で、正式名は「マリア生誕・教区教会」(Pfarrkirche Mariä Geburt)である。」(Wikipedia 孤児院ミサ (モーツァルト) より)

 

1768年、と言う事は・・・、なんと12歳の時に作曲した曲。

しかし、そんな少年の手になる作品とはとても思えない堂々とした大作。手の込んだ対位法などの技巧と言いオペラも連想させるような華やかな独唱部分と言いモーツァルトが気持ちよく作曲している姿が見えてくるような完成度が高く伸びやかな音楽です。

 

今日聴いたのは、冒頭に掲載したヘルベルト・ケーゲルが指揮したCDでした。

 

チェレスティーナ・カサピエトラ (ソプラノ)
アンネリース・ブルマイスター (メゾ・ソプラノ)
ペーター・シュライアー (テノール)
ヘルマン・クリスティアン・ポルスター (バス)
ライプツィヒ放送合唱団
ヴァルター・ハインツ・ベルンシュタイン (オルガン)
ライプツィヒ放送交響楽団
ヘルベルト・ケーゲル(指揮)

 

各ソリストの歌も気持ちよく、何よりライプツィヒ放送合唱団のコーラスの完成度が素晴らしい録音です。合唱を伴う作品でのケーゲルの腕の冴えは抜群。

 

他に私の好きな音源はペーター・ノイマン指揮ケルン室内合唱団、コレギウム・カルトゥジアヌムの「モーツァルト ミサ曲全集」。こちらも素敵な演奏です。

 

バルバラ・シュリック(ソプラノ)
ウラ・グレーネヴァルト(アルト)
マルクス・シェーファー(テナー)
クラウス・メルテンス(バス)
ケルン室内合唱団
コレギウム・カルトゥジアヌム
ペーター・ノイマン(指揮)

 

もう一つ、最近こちらも気に入っています。

グンドゥラ・ヤノヴィッツ (ソプラノ)
フレデリカ・フォン・シュターデ (メゾ・ソプラノ)
ヴィエスワフ・オフマン (テノール)
クルト・モル (バス)
ウィーン国立歌劇場合唱団
ルドルフ・ショルツ (オルガン)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
クラウディオ・アバド (指揮)

 

 

 

モーツァルト大全集 第21巻:ミサ曲全集(全18曲)

モーツァルト生誕250年記念。全作品のうち、未完、偽作のものを除いた作品を殆ど網羅した全24巻の大全集を分売でも発表。本作は第21巻、ミサ曲全集(全18曲)編。ヘルベルト・ケーゲル/ライプツィヒ放送合唱団、ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィル他。

 

 

 

Mozart: Complete Masses

チェリの弟子、ノイマンの地味あふれる全集! モーツァルト:ミサ曲全集(10CD) ペーター・ノイマン&ケルン室内合唱団 コレギウム・カルトゥジアヌム モーツァルト没後200年を意識しながら制作が進行、熱心なモーツァルティアンの絶賛を集めた純ドイツ風ピリオド演奏による素晴らしい名演の数々がまとめて復活。 指揮者のペーター・ノイマンは1940年にカールスルーエに生まれたドイツの指揮者。元々は教会音楽と合唱を専門とする音楽家ですが、若い頃はパリでメシアンやガストン・リテーズにオルガンも学んでおり、また指揮をチェリビダッケに師事して大きな影響を受けた。 ペーター・ノイマンはその後、古楽の研究に打ち込み、やがて1970年にケルン室内合唱団を結成して演奏活動を展開、自らの古楽への理念を次々に反映させて話題を呼ぶこととなり、1988年には、コレギウム・カルトゥジアヌムという古楽器オーケストラを組織して、合唱・器楽共に自らの意思の浸透したアンサンブルを志向して行く。 そんな彼らの偉業として有名なのが、当時EMIにレコーディングされ、REFLEXEシリーズからフルプライスでリリースされた一連のモーツァルト作品。 そのドイツ風な重みのあるピリオド演奏は、指揮者の手足となって動くメンバーを得たことできわめて立体的な響きが特徴ともなっており、モーツァルトの作品からそれぞれの持ち味を巧みに引き出して今聴いても実に新鮮。 ボックスの仕様はクラムシェル・ボックス・タイプで、28ページのブックレットが付属。限定盤。

 

 

モーツァルト:ミサ・ソレムニス「孤児院ミサ」

ウィーンの孤児院教会の献堂式のために、モーツァルトが12歳の1768年に作曲した彼にとって最初のミサ曲。第1作とはいえ、規模や内容はすでに極めて高い質を備えたもの。壮年期のクラウディオ・アバドがグンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)やフレデリカ・フォン・シュターデ(メッゾ・ソプラノ)といった豪華歌唱陣とともに、ウィーン国立歌劇場合唱連盟とウィーン・フィルハーモニーを率いて録音した秀演。1975年録音