エッチングでオリジナルグッズを!エッチング工房クリスタルウインド

エッチングでオリジナルグッズを!エッチング工房クリスタルウインド

ガラスエッチング(サンドブラスト)でブライダルや色々な記念日のメモリアルグッズを一点一点手作りで作成します。

クリスタルウインドの電子書籍 そえだ 信 作品

ねずみと巨獣
ねずみと巨獣
posted with amachazl at 2020.04.03
そえだ 信
クリスタルウインド (2014-08-22)
ねずみと巨獣2
ねずみと巨獣2
posted with amachazl at 2020.04.03
そえだ 信
クリスタルウインド (2014-08-22)
馬鈴薯と漬け物
馬鈴薯と漬け物
posted with amachazl at 2020.04.03
そえだ 信
クリスタルウインド (2016-08-24)
もぞのもぐり
もぞのもぐり
posted with amachazl at 2020.04.03
そえだ 信
クリスタルウインド (2014-09-05)


$クリスタルウインド-読者登録

パレストリーナ:レクイエム/雅歌  シャンティクリア

 

昨日届いたレンタルCDから今日はシャンティクリアの歌う「パレストリーナ:レクイエム/雅歌」を聴きました。

パレストリーナのレクイエムと連作モテット「ソロモンの雅歌」より6曲、その他のモテット5曲の16曲からなるアルバムです。

 

パレストリーナのレクイエムは1591年に出版されたミサ曲集に収められた曲で、レクイエムの典礼分の中からキリエ、奉献唱(オッフェルトリウム)、サンクトゥス、アニュス・デイの4つの部分にだけ作曲されています。実際の典礼ではこれ以外の部分はグレゴリオ聖歌が歌われた物のようです。このアルバムではキリエの前に入祭唱(イントロイトゥス)のグレゴリオ聖歌が歌われています。
 

パレストリーナについては今まで何度かこのブログでも取り上げています。

 

ルネサンスの代表的作曲家で、その後も長い期間にわたって多くの音楽家に影響を与えた人ではありますが、そのため保守的なイメージも強く時にはあまり面白みの無い音楽のように言われることもあるわけですが、このシャンティクリアの演奏で聴くレクイエムやモテットは少しだけ華やかな色合いが感じられ、音楽がリアルなイメージを伴って目の前に拡がるようでとても新鮮な感じがしました。

 

シャンティクリアの響きはたぶんカウンターテナーの声質が全体のイメージを色づけているのだと思うのですが、とても明るく優しい響きであまり重々しい感じが無く歌がとても爽やかに流れていくようです。

 

このグループの他の演奏も聴いてみたいな。

 

「シャンティクリア (英語: Chanticleer) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置く男声アンサンブルグループである。
大学院で音楽学を専攻していたルイ・ボットーは卒業後、ルネサンス音楽の発展の可能性を現代で見出そうと、メンバーを集めて自身も含めた男性のみのアンサンブルグループを結成。「シャンティクリア」というグループ名は、ジェフリー・チョーサーの『カンタベリー物語』にある「チャンティクリアときつね(Chanticleer and the Fox)」から採られた。初めて観衆の前でアンサンブルを披露した1978年が創立年とされている。
初期は十分な活動費用が無い中、アメリカ中を巡るツアーを敢行するなど精力的な活動を続け、美しい歌声と技術の高いアンサンブルで世界でも注目されるようになり、2001年のグラミー賞では2部門受賞するなど、高い評価を得た。創立当初は8人で構成されていたが、現在はメンバーを随時入れ替えながら12人が基本となっている。またルネサンス音楽だけでなく、現在ではジャズやポップスなど幅広いレパートリーを所有し、世界中でコンサートを行っている。」(Wikipedia シャンティクリア より)

 

 

パレストリーナ:レクイエム/雅歌