私の所有するクリスタルとしてこのブログでもご紹介した

ロシアンレムリアンクォーツの単結晶ですが、

鎌倉のとあるサロンで飾っていただくことになりました

 

私もその場で学ぶ機会があること、

なにより私の部屋に置いておくよりもクリスタルが

クリスタルらしく佇むことが出来るのではないかという

イメージがありました。

 

長い間手元に有ったクリスタルですので、

手元から離れるのは一抹の寂しさもありましたが、

自分にとってクリスタルという物が必要なのか、

それともそのつながりが必要なのか考えたときに

答えは決まっていました。

 

何のためにクリスタルを購入するのでしょう?

珍しいクリスタルを所有しているという所有欲のためでしょうか?

それでしたらたしかにクリスタルという物が必要です。

でも、もしクリスタルの持つスピリチュアル的な部分に惹かれたのなら

この三次元でクリスタルを所有するか、

しないかということはあまり関係がない気がします

そこは距離とか場所は関係ないのですから。

 

面白いことにすでにロシアンレムリアンクォーツを鎌倉へ

送ってしまったので、私の手元に有りませんが、

以前よりもある意味リアルにそのクリスタルを感じることができます

 

もちろんクリスタルヒーリングをするときにクリスタルが

あったほうが便利な場合もあると思いますが、

必ずしもクリスタルが無ければ出来ないわけではないということ。

改めて実感しています。

 

もしクリスタルが大好きだけどなかなか買えないと思っている方が

いらっしゃったら“石の目に見えない存在を感じたいのか?”

“石という物質を所有したいのか?”自分に聞いてみて、

“石の目に見えない存在を感じたい”のでしたら

サイトの写真でも良いので瞑想してみてください

 

100%ニュートラルは全然無理ですが、

出来るだけ色を付けずに撮影しているつもりです。

私自身はまったく意識していませんが、

「写真から石のパワーが伝わってきます」と言っていただけることもあるので、

意外とそこから次の石へのつながりができたり、

新しい展開があるかもしれません。

ぜひお試しを♪

 

Photo by ANDO