生後2ヶ月 RS肺炎で緊急入院 | 日本航空・元CAが教える アーユルヴェーダの体質診断で 本来のあなたが輝く自分の磨き方♡

日本航空・元CAが教える アーユルヴェーダの体質診断で 本来のあなたが輝く自分の磨き方♡

親子の生まれ持ったタイプ(火・風・水)を知り
<子供との関わり×自分の生き方×家族のあり方>がわかる!

アーユルヴェーダLIFEコーディネーター 
高橋ちさのブログ


テーマ:

生きてて良かった!

私の忘備録として書きます。

また、医師の診察だけで安心しないで

ママ自身の直感も大事だとつくづく感じました。

 

ほんとに生きててくれて良かった。

あと1日診察が遅れていたと思うとゾッとします。

 

 

 

 

 

 

連休中に体調が悪くなり、RS肺炎で入院。

先日退院しました。

あと数日で生後2カ月。

 

 

連休だった事もあって、連休明けに病院に行こうと思ってました。

 

 

でも体が小さいのに咳がでて、

鼻が詰まってる事もあって鼻息が聞こえない。

 

 

もし今晩寝てる間に呼吸が止まってたら

と思うほど、息をしてるのかしていないのか?

それほど鼻息が聞こえない

 

 

このまま呼吸が止まったら怖いと思って

夜間診療に連絡すると

月齢が小さい為、検査ができる大学病院へ。

 

 

夜間診療が始まってすぐだったからか、

患者は私たちだけ。

 

 

看護師さんは

「鼻詰まりの赤ちゃんきました〜〜」とドクターを呼び、診察に。

ちょっと軽い感じが気になったんですけど

 

 

ドクターは、

聴診器でササっと胸の音を聞いて

「胸の音綺麗だね。苦しかったら寝ないしね。」

 

 

私「先生、鼻息が聞こえなくて怖いんです。息はできてるんですか?」

 

 

ドクター「口で息するから大丈夫」

 

 

私「そうなんですね。赤ちゃんだから心配で。明日は改めて小児科受診した方がいいですか?」

 

 

ドクター「別に大丈夫だけど、鼻詰まりをお母さんが吸って鼻水とれなければ受診したら?」

 

 

と、そんな程度。

私たちも思ってるより酷くなかったの?

と思って

 

 

「すみません。なんだか。月齢も小さいので心配だったんです。」と謝ったりして。

 

 

咳が出ている事も伝えけど、RSの検査もせず。

ただ「鼻詰まりの赤ちゃん」がわざわざ

夜間救急で来たような雰囲気になってました。

 

 

機械で鼻水吸って帰宅

 

 

主人と思ったより酷くなって良かったね。

1番心配していた胸の音も綺麗で良かった!

と話して、その日は少し安心して寝ました。

 

 

赤ちゃんの鼻息が聞こえないのが心配だったけど

先生の「苦しければ寝ない」の言葉を信じて

寝ているから安心とその晩を過ごしました。

 

 

その後はこちら

生後2ヶ月 RS肺炎再受診〜緊急入院

 

◆母子入院生活の様子はこちら

生後2ヶ月 RS肺炎 初めての母子入院生活

 

 

 

 

 

花ご提供中のLINE@


 

親子の生まれ持ったタイプ(火・水・風)を知り、

<子供との関わり×自分の生き方×家族の在り方>がわかる!

親と子どもとの関わり配信中💕
高橋ちさ 公式 LINE@ 好評配信中キラキラ♪

★スマホの方はこちらをクリック
友だち追加

 


★高橋ちさプロフィール

大手航空会社で、国際線客室乗務員として勤務。9カ国18都市を訪れる。

お一人お一人に対するサービスを評価され、スカイワード賞を受賞。

 

出産を機に退職、乗務員時代に多くの国を訪れた経験を活かし、約46カ国に駐在する海外駐在員のメンタルケアと健康面、海外生活の注意点など心と体のサポートを行う。

 

初めての育児で、『寝ない・食べない・癇癪持ち』という悩みを抱えた時、アーユルヴェーダの師匠でもある実母から「この子は風の質だから、そういうものよ♪」という言葉を聞き、アーユルヴェーダの体質論に興味を持つ。

 

2013年第二子の出産を機に、実母である杉本寛子の元で本格的にアーユルヴェーダの体質論を学び始める。

 

2016年から体質診断をスタートさせ、体質を診て欲しいという口コミだけで、1年間でのべ160人以上の診断を行う。

 

優しく穏やかな語り口調と初心者でもわかりやすい説明が好評。

 

親子の生まれ持ったタイプ(火・風・水)を知り、【子供との関わり×自分の行き方×家族のあり方】がわかる!独自のアーユルヴェーダメソッドを提唱。

 

タイプ別診断!こどもとの関わり方講座が、一番人気。

 

🌸3月から継続講座スタート。アーユルヴェーダを通じて、自分の資質を知り、子育てがスッと楽になるグループ講座を開催。

 

 

 

TAKAHASHI CHISAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス