【子育て】子どもがご食べない!これだけ知っておけば良い3つのこと! | 日本航空・元CAが教える アーユルヴェーダの体質診断で 本来のあなたが輝く自分の磨き方♡

日本航空・元CAが教える アーユルヴェーダの体質診断で 本来のあなたが輝く自分の磨き方♡

親子の生まれ持ったタイプ(火・風・水)を知り
<子供との関わり×自分の生き方×家族のあり方>がわかる!

アーユルヴェーダLIFEコーディネーター 
高橋ちさのブログ


テーマ:

kirakria*親子の生まれ持ったタイプ(火・水・風)を知り、

<子供との関わり×自分の生き方×家族の在り方>がわかる! kirakria*

 

アーユルヴェーダ― LIFEコーディネーター

高橋ちさですkirakria*

 

アーユルヴェーダや生まれ持ったタイプをより知りたい方はコチラクリック

 

 

 

誰でも親であれば、

ちゃんとご飯を食べて欲しい。好き嫌いがない子になって欲しいって思いますよね。

 

私もそんな親だったので、すごくその気持ちは分かります。

特に長男は、小さい頃はフルーツ王子と言われるほど(笑)

メインはフルーツ!

 

カレーとか子どもメニューは少しは食べるけど、

それ以外は本当に食べなくて食べなくて、

何度涙を流したことか!!←私が涙

星一徹のように払いのけられ辛い時期もありました。

 

今回は、アーユルヴェーダ的な観点も交えて

「子どもの食べない」をお話ししますね。

 

 

 

 

お腹は空いてますか??

 

生まれ持った体質によっても

「お腹が空きやすい子」「なかなかお腹が空かない子」がいます。

特に、子ども時代は生まれ持った「質=体のタイプ」が顕著に出る時期なので、

お子さんのタイプによっても、食が細いかどうかが関係していきます。

 

 

涙水タイプのお子さん

水滴あまりお腹が空かない
水滴特に朝は食べられない
水滴のんびりマイペース
水滴色白でぽっちゃりしている子が多い
水滴優しく穏やか

 

水タイプのお子さんは、あまりお腹が空きません。

このタイプのお子さんのお母さんは、

おだんご「そんなに食べないのに太ってるのよね〜」とよく言いますね(^_^;)

 

 

朝にあまりお腹が空かないのが、水タイプのお子さん。

朝食は大切とは言いますが、

水タイプのお子さんに無理やり食べさせるのは酷です汗

 

 

お子さんのお腹の空き具合を確認してあげることは、大切ですね。

もう1つ、食べムラがあるのが風タイプのお子さんです。

 

 

風風の特徴

風ご飯は食べたり食べなかったりムラがある
風体は細身でよく動く!
風好奇心旺盛
風どちらかというと落ち着きがないと言われる

 

 

風タイプのお子さんは、食べたり食べなかったりの食べムラが非常にあります。

よく動くのでたくさん食べそうなのに、意外と食べなかったり、

そうかと思ったらよく食べたりがこのタイプ。

 

たくさん食べたとしても太ることはあまりなく、

どちらかというと、スラッと細い体系で小柄なことも。

逆に細いけど背がスラッと高いのも風タイプの傾向がありますね。

 

食べムラがあるので、無理に食べさせるのは、これまた酷です。

 

ご飯を食べないのは、

そもそもお腹が空いていないということも考えられます。

 

ちなみに、私は火と水タイプです。

子ども時代は、「水」が強く現れる時期なので、

私みたいに生まれ持って「水」を持っていると、

 

子ども時代の「水」の特徴がさらによく現れます。

ということは、

 

ご飯を食べなかったんです!!私。

今振り返っても、なんで食べなかったのかというと

「お腹が空いてなかったから」( ̄▽ ̄)

 

なのに、

親には怒られ、幼稚園の先生にも怒られ。散々でした!

 

 

 

 

子どもは直感で食事をする

 

大人の感覚だと、出されたものは全部食べる!

好き嫌いはない方がいい!

と思いますよね。

 

私も、それはそれで大切だと思いますよ。

でも、感覚が鋭い人や子どもは、

 

今自分が必要な食べ物なのか

食べたくないのか

 

をちゃんとわかっています。

 

チェック自分のお腹が今空いているのか?

チェック体が何を欲しているのか?

チェックどのくらい食べたらいいのか?

 

これらを感覚でわかっているんです。

大人だと無理して最後の一口を食べますが、もうお腹はすでにいっぱいなはず。

お腹が空いていなくても、目が食べたくて食べちゃうこともありますよね。

 

その行為が体に毒素を少しづつ溜めていきます。

アーユルヴェーダ的にも、満腹はNGなんです。

そして、生まれ持った体質によって合う食品、合わない食品もあります。

 

だから、無理して本当は食べさせる必要はないのかもしれないですよね。

 

 

 

子どもの食事に大切な3つのこと

 

1.食べなくても良いからお皿には載せる

 

どうせ食べないからと、野菜など出すことすらやめてしまうのはNGです。

食べても、食べなくても良いから食卓に出し続けることは大切ですねにこ

 

子どもは初めてのものには慎重になることもあります。

直感で食べないこともあれば、慎重になっていることもあります。

 

食べさせなきゃ!と思わないで良いので、新しい味に触れる機会はいつでもあるようにしてあげましょうね。

 

 

2.前日の食事を気をつける

 

朝、なかなか食べられないお子さんの場合は、前日の夜の食事が重たいこともあります。

アーユルヴェーダでは、一番消化の力が強い昼時に食事のメインを持っていきます。

日本は家族が揃う夜がメインになることが多いので、どうしても食事内容が重たくなります。

 

消化のスピードがゆっくりな水タイプのお子さんや風タイプのお子さんの場合は、

夜は軽くが鉄則です!

 

 

3.食事は楽しく♪♪

 

気づいたら怖い顔して食卓を囲んでた!なんてことないですか?

私がそうだったんです(^▽^;)

 

ちゃんと食べるか?残さないで食べるか?

監視しているように子供達をいつも見ている自分がいたんです。

 

きっと、私が子どもの頃ご飯を食べなくて、すごく厳しくされたから、

無意識に同じことを自分もしていました。

子どもの頃の私は、それがすごく嫌だった。

 

思い出したらすごく悲しくなったんですね。

楽しく食事したいですよね。

 

食べても食べなくても良い!でも、これ美味しいね!少し食べてみたら?

食べなかったら、小さく刻む、お花の形にしてみる。

なんてお母さんの努力もやっぱり大切です。

 

 

食べるって命を作ることなんです。

とっても大事♡

 

 

だから、

自分が今お腹が空いているか?

何が食べたいか?

 

って、自分の体と食事に興味を持つように育てていきたいですね。

全部食べるから偉いんじゃない。

 

全部なんでも食べさせることばかりに一生懸命になって

お母さんも疲れてしまわないようにはーと

 

 

ちなみに、

うちの食べなかった息子くんも、食べなかった私も今では食べるの大好きはーと

長男は風タイプが強い時は、全く食べませんが、それは彼が自分の体をわかっている証拠。

今では、暖かく見守ることができるようになりました。

 

 

自分の体を大切にして、将来暴飲暴食に走ったり、食に無頓着な人にならないための

土台作りができます。長い目で見て、お子さんとの食事を関わっていきたいですね。

 

 

 

 

花子供の質、自分のタイプなど

   より詳しい情報はこちらをご覧くださいね!

 

1 1 1 画像をクリック!!1 1 1

 

 

 

花ご提供中のLINE@


アーユルヴェーダ式タイプ別子どもとの関わり配信中💕
高橋ちさ 公式 LINE@ 好評配信中キラキラ♪

★スマホの方はこちらをクリック
友だち追加

 


★高橋ちさプロフィール

大手航空会社で、国際線客室乗務員として勤務。9カ国18都市を訪れる。

お一人お一人に対するサービスを評価され、スカイワード賞を受賞。

 

出産を機に退職、乗務員時代に多くの国を訪れた経験を活かし、約46カ国に駐在する海外駐在員のメンタルケアと健康面、海外生活の注意点など心と体のサポートを行う。

 

初めての育児で、『寝ない・食べない・癇癪持ち』という悩みを抱えた時、アーユルヴェーダの師匠でもある実母から「この子は風の質だから、そういうものよ♪」という言葉を聞き、アーユルヴェーダの体質論に興味を持つ。

 

2013年第二子の出産を機に、実母である杉本寛子の元で本格的にアーユルヴェーダの体質論を学び始める。

 

2016年から体質診断をスタートさせ、体質を診て欲しいという口コミだけで、1年間でのべ160人以上の診断を行う。

 

優しく穏やかな語り口調と初心者でもわかりやすい説明が好評。

 

親子の生まれ持ったタイプ(火・風・水)を知り、【子供との関わり×自分の行き方×家族のあり方】がわかる!独自のアーユルヴェーダメソッドを提唱。

 

タイプ別診断!こどもとの関わり方講座が、一番人気。

 

🌸3月から継続講座スタート。アーユルヴェーダを通じて、自分の資質を知り、子育てがスッと楽になるグループ講座を開催。

 

 

 

TAKAHASHI CHISAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス