ワームを撃破し、オリーブオイルを1つゲットしたカブト。


しかしそのシーンをひよりに見られ、ベルトの形からカブトが


自分の両親を殺したヤツだと思い、敵意をむき出しにするひより。


何も言わずに去っていくカブト。


・・・一体この真実はどうなっているんでしょうか?!


期待と不安は高鳴るばかりの14話のレビュー開始。





未だにワームによる元シャドウのメンバー殺しは続いている。


どうやら本体を突き止めたようだが、しかし殺されてしまい口封じに・・・


あのシルエットは、神崎の兄さんデスカ?w





田所に内通者の容疑者として浮上した加賀美の捜査を任せろという影山。


信じられない田所に、影山のこの一言。


「人間なんて、どうなるかわからないもんですよ」


お前がいうか?!w


お前だからいえるのか?!w


ネクサスのとき、憐にあったあのどこまでもまっすぐなイメージはもはやカケラもなく;;


それだけ内山さんの演技が洗練されてるってことなんだろうな~。


すごいな、役者さんって。


しっかしこれではネクサス後篇が素直に見れんww







そしてベルトのことで天道家を訪れるひより。


さぁ、天道どうに対応するのか!


ひよりに核心をつくようなコトを言われても、料理のさばきに乱れのない天道。


さすが、天道だ。


天道の答えは否定だが、あいまいな回答に釈然としないひより・・・


明らかに怒って出て行ってしまう。


またひよりを怒らせたぞ、天道~;;


それにしても今回のこの一件でカブト=天道とひよりはわかったのかな。


となるとワームの存在だってわかるだろうし・・・両親殺害はワームとは思えないのは


やはり天道のベルトからの記憶によるものか。




再び加賀美はドレイクである風間にZECTに入るよう交渉。


しっかしあっさり拒否!


そしてゴンは給料を請求。


まぁ、当然といえば当然ではありましょうw


命をかけてワームと戦うんだから、一応手に職をもっている風間にしてみればバカバカしい話。


それにしてもやはりZECTってのは、ボランティア団体なのか?w




二度とボクの前に現れるな、と言ったはずなのにサルに赴く天道。


しかし俺の往く道は俺が決める、といつもどおり。


そしていつもどおり、ひよりのまかないを食べるも「マズい!」


ツケの分の代金をたたきつけ、店を出る天道。


ひよりはわざとマズくつくったのか、それともひよりの気持ちが自然と反映されたのか・・・


で、公式サイトみてわかったけどこのときひよりの心はキズついてたらしい。


天道にマズいといわれ、金まで払われたのがショックだったんだろうか。。。


いずれにせよ、表情の少ないひよりの感情を読み取るのは難しいw




着々と捜査が進み、ついに岬までもが加賀美を疑い始める。


ヤバいぞ加賀美!


どうする加賀美!


順調に罠が進んでいることで悠々と歩く影山の後ろをとる天道!


おそるべき早業と気配の消し方・・・


影山に振り向かせもせず、情報を得る天道。


そしてあっという間に去っていき、してやられた影山。





ひよりは天道の支払った一万円を返しに再び天道家に。


ところが間が良かったのか悪かったのか、樹花がすでに帰宅していて


天道は昼飯を探しにどこかへいったところでした~。


強引にひよりを家に招きいれ、一緒にご飯を食べようという樹花。


喜んでご一緒します!(マテw


ここでもあまりよくわからなかったけど、ひよりは天道の作ったメニューの豪華さに


かなり驚いたらしい(わかるかーーー;;)


味噌汁で気持ちがほぐれたのはわかったけどさw





天道は、うまいものを求めて東京中を歩き回るがことごとく休業。


「天に見放されたか・・・」


と、天道らしからぬほど弱気なのはひよりのことが堪えているから・・・か?


ところである店にたちよったとき、大仰なバイクに乗った男が登場。


この人も、うまい店を求めてきたらしいがあえなく閉店。


このサイクロンに乗った本郷猛と天道のつながりはなく、ただすれ違っただけ!


・・・ちと、惜しいw


結局、サルに戻ってきて再びひよりのまかないを食べることになった天道。


今度は・・・「うまい!」


その言葉に思わず笑みがこぼれるひよりがよかったよぅw


そしてコンコンと窓を叩くカブトゼクターが可愛いw


いつもはコンクリだろうが、トタンだろうが突き破ってくるのにサルだけは破壊しなかった・・・


やはり知恵があるヤツなのでは?!






加賀美はひたすら逃避行を続けるも、天道にも見放され


とうとう影山と岬に追い詰められる。


シャドウも集まり、全てを察した加賀美は銃を捨てようとするが・・・


なんとシャドウ隊員の1人が加賀美を打ちぬいた!


か、加賀美・・・死亡?





影山は動じることなく、即座に今撃ったメンバーがシャドウだと断定。


全ては加賀美の命まで使った、トラップだったのだ!


メットをとると、そこには懐かしい神崎士郎(違


この人には怪しい魅力があるよなぁw





さすがに加賀美を撃たれて怒る岬だったが、そこにカブトが登場。


クロックアップして銃弾から加賀美を救っていたのだ!


ツンデレここにきわまる、か?w


今日の語録「本当の名店は看板さえ出していない」というのは


やたら言葉でパーフェクト・ハーモニーを強調する影山に対する皮肉の模様。


子どもにはおそらく通じるまいよw


要するに本当に中身が伴っていれば、自然と良くなるもの、みたいな感じか。






天道に全てを看破されたワームは正体を現し、仲間のワームとともに


一斉に襲撃開始!


カブトはそのまま戦いに突入し、影山はシャドウを指揮してザビーに変身!


大乱闘が始まった!


ライダースティングが炸裂し、一気にサナギを倒すザビー!


クロックアップして連続で斬りつけ、白ワームにトドメをさそうとするカブトだったが、


ライダーキックよりも早く、銃撃が白ワームを倒した!


・・・あぁ、もう!!


ライダーキック不発って、なんかこっちも不完全燃焼だよ!!w


この気持ちの悪さ、どうしれくれるんだドレイクw




そう現れたのは、どこで手に入れたのかゼクトロンに乗ったドレイク。


とうとう3人のライダーが邂逅してしまった・・・


これからどうなるのか?!





次回から再び、井上脚本らしいけど不安と不安が入り混じり不安でしかありませんw


神崎士郎(元)、井上脚本参入によりこれからライダーバトルが勃発かぁ?!


ま、しばらくは加賀美が自分でワームを捜索するために時間が割かれるから大丈夫、かな?


そして自分の面白いと思っていた加賀美を翻弄した影山に対し


天道の静かなる怒りが燃え盛るようですb


そして公式サイトによれば、ドレイクの必殺技がついに火を噴くそうな・・・


ドレイクは井上脚本でこそ生きるキャラになるのだろうかw





そして今週のおまけ。


・・・マジでどんどんツッコミの冴えがましてますw


そして劇中ではみられない、ひよりの笑顔に再びKOをくらうのでしたw