3月下旬から参入して、5月上旬に撤退。

しかし、また再インしました。


その理由を解説します。



まず、
一度撤退した理由からご説明します。

①大量一斉出金の危険性

資金ロックがない=いつでも引き出しが可能
=安心

の図式で勧誘活動が行われ、それを理由に参加した方も多いと思います。

果たして本当に安心でしょうか?


大量の出金が引き起こされれば、耐えきれずに出金の遅延、停止の可能性が考えられます。
5月末に大きなグループがいくつか撤退しましたが、今回は大丈夫だったようです。


⚠️昨年夏頃に流行ったQUANT walletは大きなグループの一斉出金により、出金停止し、現在に至ります。





②資金流入スピードが早すぎる

数々の案件を見てきましたが、これだけ一気に資金が集まってしまうと資金の調達先が無くなってしまいます。
「グローバルオープンしたし、これからだよ!」

そんな声が聞こえてきそうですが、
その理由は次の理由③にあります。





③グローバルオープンの気配がない

これが1番大きな理由です。


まず最初に
私は、随分と早い段階から海外マーケティングをしていましたが、海外の反応は極めて冷ややかでした。

ジュビリーエースのマーケティングをしている海外勢には、多少の反応がありましたが、ジュビリーのパクリと判断されたようです。


そして、英語版のマーケティング資料が準備されていなかったことです。(今現在はあります。)

なぜでしょう?

英語は世界語として認知されてきていますが、グローバルマーケティングを考えるのであれば、最重要言語であり、市場で考えても1番です。

プランゴールド社の人間がZOOMで英語セミナーをやるという話も何処へやら。


⬆︎
以上、3つの理由で一度撤退しました。



そして、
再インした理由は、上の3つの点が改善されたことと、プラスαにあります。


①大量一斉出金の危険性
➡︎改善点 7/1の本社公式ZOOMで新プランにロック式の【SECURE】が追加されました。
一部のユーザーは、こちらのモードを選んでいるので、ある程度の大量出金に耐えられそうです。

ロックの方が危険だという方も多いと思います。大量のアカウントロック解除時は注意が必要です。特に今回の場合、12月の上旬頃
それぞれメリット、デメリットがあります。
※私はノーロックを選択してます。


②資金流入が早すぎる
➡︎改善点 活発なZOOMセミナーにより、界隈への新規参入者が激増。一般層にも大きな広がりをみせている。


③グローバルオープンの気配がない
➡︎改善点 5/23のグローバルオープン後、僅かながら他国でもユーザーが増えつつある。
中国での活動の様子も。



現在は、9カ国25万アカウントとのこと。

YOUTUBEでは、ロシア語と英語を使用するユーザーの確認はできています。


ついでに日本マーケットで大々的に宣伝される前の中国での広告も入手しております。

おそらくこれは、各グループでも出回っていないはずです。







日付は2/23。

コロナの影響で、中国先行スタートが日本に変更されたのは本当のようです。





そして、プラスαの材料として
【中国での金融ライセンスの取得】






これにより、更なる資金流入がされることは間違いありません。


だからといって、私はライセンスを信用はしていません。
金融ライセンスを取得していても飛ぶ案件はあります。

寿命が延びた感覚の方が良いです。


以上のことから、判断して12月上旬までを目安に再インしました。



初心者投資家の多いプランスゴールドですが、くれぐれも信者化せずに第三者感覚で運用しましょう。


投資は自分ルールを作って、元本回収を最速でを徹底。欲張らずに早期の撤退も視野に入れましょう。






◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


お問い合わせ、サポート、新着案件情報は
↓↓↓↓↓↓

LINEオープンチャット

BAND

Telegram(配信のみ)

⚠️投資は利益を確定するものではありません。
自己責任の上、必ず余剰資金でご参加下さい。
万が一損失が出た場合、こちらでは責任を負いかねます。