自己分析

テーマ:

何日か前、近くに住んでる昔からの友達である慶応ボーイのT君に模擬面接用の自己PRを見てもらった。


大学では美術史を専攻しているにもかかわらず、司法試験の勉強をしながらソフトバンク系の証券に内定をもらった変り種で、とても刺激になる友人です。


まずは、論理構成の弱さを指摘されて、文章の組み立てを考え直したんだけど、やっぱり人に見てもらうと自分では分からない弱さが見えてくるね。


最近思うけど、オレって結構、人間関係に恵まれてるのかも☆



時間

テーマ:

ここ2週間やることが多すぎて目が回ってしまいそうになってました、、


就職活動やって思うけど、学生が時間がないって言うのは社会人からすると「は?」ってかんじなんだろうなって思うようになってきた。


やっぱり、学生の身分で時間がないってのは時間の使い方が下手だっていうことだろーな。



ディープインパクト

テーマ:

強かったですねー☆


中継をテレビで見ることは出来なかったんですが、あとでレースを見ると着差以上の強い競馬をしてましたわ。

ディープインパクトのスタートはたいてい出遅れますが、今回はうまく出れてよかった。中盤でかかっての最後の33.3の末脚は衝撃の一言。普通なら完璧な競馬をしたアドマイヤジャパンが勝つ流れですよアレは!!


次走はジャパンカップか有馬になるんでしょうが、古馬相手にも十分に勝ち負けできると思います。


初めてディープインパクトを見たのは二月の若駒ステークスでした。いや、びっくりしましたよ。しかも三戦目にはあっさり弥生賞で重賞をとって、初G1の皐月は出遅れからの圧勝。ここまで強い馬は見たことないです。


それにしても、マルゼンスキーとどっちが強いんだろうか。やっぱり、ディープインパクトかな?

引退合宿

テーマ:

先週末にサークルの引退合宿に行ってきました。

最後の合宿だったので、日程的にきつかったのですが無理して参加してきました。


十月に入ってからは運営を後輩に任せていたので、サークル関係の仕事はまったくなくなっていたので

ひさしぶりにサークルと接する機会になりました。そもそも自分は何故か一年の時から運営に関わらされていたので大学生活の中心はサークルにシフトしてきました。その分、引退にあたっての感慨は人一倍ありました。大学というのは、同期とは繋がりができるものの後輩の代とは繋がりができにくいので、後輩との繋がりが出来たという点が一番のメリットだったのではないかと思います。


今回の合宿は、上記のように自分は全く企画立案には関わっていませんので非常に楽でした。今までの合宿は一年時の新歓合宿を除いて、全ての合宿の運営に関わってきていたので、ほとんど初めて何もしなくていい気楽な合宿を味わうことが出来ました。後輩の運営も、気になる点は少しはあったものの概ね許容範囲であり合格点のだせる出来でした。



大仁田議員のパーティ

テーマ:

昨日は、大仁田議員のパーティに行ってきました。ただで!!秘書さんの紹介というかたちで行ったのですが、マジできまじい、、、


パーティに来てた他の先生は大物の方々(古賀誠・片山虎之助・鳩山邦夫など)がいて、ちじこまってる大仁田が印象に残っています。でも参考になったこともありました。政治家の方というのは概して、声がでかいし、よく通る!!自分もこれは参考にしなきゃいけないなぁ。


青木幹雄も来る予定だったんですけど、欠席でした。残念。

小泉の靖国参拝

テーマ:

昨日小泉首相は、靖国参拝しました。産経新聞は肯定しているようですが、あとはおおむね否定的な見解のようです。


私は靖国参拝に関して周辺諸国が批判していることは受け入れられませんし、靖国参拝の是非は我々日本人が判断しなければいけないと思います。なんか、ここの点が混同されている気がします。周辺諸国が反対してしているから反対なんて言う人がテレビを見てて多い。周辺諸国が何も言わなかったらOKなんでしょうか?まぁ、大東亜戦争なんて言ってアジア解放戦争だったなんていう輩もいるんで、どっちもどっちな感じですけどね。


ところで前回の反日デモの時に某公営放送が言ってた、反日デモは鎮静化しているが、今後政府首脳の行動によって再度火がつくかもしれないという見解は皮肉ですよね。大都市人口の半数が受信料不払いとなっても、中朝韓支持を続けるわけですから、労働組合を中心として社会主義者が経営を握っているんでしょう。そのうち、田舎のおばさん、独身寮と社宅だけからの受信料でやることになるんじゃ、、、



企業の求めるキャラ

テーマ:

昨日は、前回参加した勉強会に行ってきました。


今回は自分いれて二人だったのですが非常にタメになりました。今回の内容は、エントリーシートの書き方。俺がこの前締め切りだったリ○ルートのエントリーに書いた自己PRを何回もたたいて、書くべきことをそのつど指摘するというという流れでやったんですが、結果出来たPRと最初に書いたモノを比べると全然レベルがちがいました。あぁ、締め切りがもう少しおそければなぁ、、、


間違いなく今回のウィンタージョブは落ちてるだろーな、、、頭で分かったつもりでも、全然実践できていなかったわけっすね、、、


他にも、今回はエントリーの説明の過程で、興味深いお話を聞きました。


企業が求めるキャラクターは全く違うということ。簡単に言うと適性なんですけど、ホントに全然違うんですね。例えば、ゴールドマン・サックスは「金に汚いシビアな奴」とかリクルートは「自学して勝手に成長する奴」とかですね。企業によって風土は全く違うから、OB訪問は絶対にしなちゃいけねーな。