【実録】40代独身女子が世界クルーズでギター弾き語りをするまでの物語

【実録】40代独身女子が世界クルーズでギター弾き語りをするまでの物語

金なし、コネなし、ギター未経験、果たしていかに!?

 

きましたきました、電子ピアノ。

 

 

カシオのWK-245かこれかで悩みましたが、ヤマハのNP-32WHにしました。

 

 

そもそも多機能必要ないですし、よりピアノの音に忠実な方を重視でやんす。

 

 

 

猫がなぜか謎に祈りを捧げているのですがはてなマーク お気になさらずに(笑)

 

 

 

なにから練習しますかね~。

 

 

とっとと、林檎ちん行けよっ真顔って、感じなのですが

 

 

ピアノっていうと、やっぱこれですわ、これ。

 

 

 

 

映画ピアノレッスンで流れていた曲。

 

 

きいているだけでなぜか涙がでてくるのです。

 

 

ビックリマーク

 

久し振りにピアノレッスン観てしまいました。

 

 

公開当時は学生だったんですが、当時女性監督があれだけさわがれたのは

 

 

はじめてだったんじゃないでしょうか。

 

 

若い時代に観ていたよりも、もっとディープに味わうことができました。

 

 

映像、音楽、ストーリーすべてが美しい。

 

 

女性性を満たしてくれる映画なので

 

 

ピンと来る方は是非、みてみておくんなましよ音譜

 

 

 

タイトルに書いてんですが、この映画見て今日のあたしが感じたことは

 

 

 

世界を見渡す基準を美しさにすると、ことば通りの美しい世界が広がるなって。

 

 

 

自分が美しいと想うことを基準にしているので、それだけで自分の存在自体を肯定している感じがします。

 

 

そうすると、自分以外の人もその人なりの美しさの基準があるわけなんだよなって、当たり前のことなんだけど、それを想うと多様性を受け入れられるっていうかね。

 

 

あたしはこう感じるけど、あんたはこう感じんのねって。

 

 

でもさ、正しさの基準で世界をみると、そうはいかないこと多いよなって。

 

 

正しさを握りしめていると、自分も他者も裁きがちショボーン

 

 

なーんて、あらためて、正しさじゃなく、美しさを基準に世界を見て生きて行こうビックリマークってね、おもいやんしたおねがい

 

 

 

あ、で、なにかられんしゅうしようかしら・・・

 

 

林檎ちん?マイケル・ナイマン?坂本龍一?

 

 

悩む!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

林檎ちんのヘアスタイルをまねした結果、

 

 

 

チョコボールのおにいさんと化しました・・・。

 

 

 

美容師さんの腕のせいでしょうか?それとも『わたし』という素材のせいでしょうか?

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・許す!

 

 

 

 

タイトルは、ココ・シャネルから。

 

 

 

シャネルは云います。

 

 

 

他人の目や評価なんてどうでもいいの。

 

何より大事なのはあなたが

 

どんな人生を夢見たかということなの。

 

そして、何に向かって歩んだかということなの。

 

 

 

さてさて、、、

 

 

 

前回の記事で話した通り、”丸の内サディスティック”、しこしこ練習しておりました。

 

 

 

しかしながら、あるとき、まったくおもしろくないことに気づきました・・。

 

 

 

会話緑は獣のことば。

 

”獣”とは、わたしの”本性”

 

 

さう本性は獣!
丸腰の命をいま野放しに突走らうぜ
行く先はこと切れる場所 大自然としていざ行かう

 

 

この辺り、意味不明の方は、こちらの記事をば。お手数おかけです。

 

 

さう、わたしは獣行く細道を歩む決意をしたのでした。

 

 

ということで、お目当てのキーボードを買おうと

 

 

Amazonの欲しいものリストを開けたところ、

 

 

値上げしたいたので、値下げした瞬間を見計らい

 

 

キーボード、購入しようと思います。

 

 

今月中か、来月中になるかと。

 

 

皆さんは、自分の獣の声に耳をすませていますか?

 

 

ではでは、いっつもありがとさんですっ♪

 

 

 

前回の記事、反響ありがとさんでした音譜

https://ameblo.jp/cruise67/entry-12461597294.html

 

 

今日はシラフです(笑)

 

 

タイトルはサミエル・ウルマンから。

 

 

ウルマンは云います。

 

 

人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる。

人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。

希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる。

 

 

人生は自作自演だった。

 

これに気づいてしまった今、あたしはこの人生を去るまで青春を謳歌していこうと思います。いや、去ってからも?だったりして(笑)

 

 

ご縁あって今日この記事を見ているみなさまも、いっしょに謳歌いたしませう^^

 

 

で、ギター、Fコードとかもう、テキトーにしようと練習曲をこれにしました。

 

 

 

 

 

初心者でも弾ける”丸の内サディスティック”

 

 

 

林檎ファンなら鉄板の一品。で、FコードとかもカンタンモードのFコードつかって練習してました。

 

 

歌詞に池袋とか御茶ノ水とかでてくるんですけど、学生だった頃ターミナル駅は池袋だったし、大学いくのに御茶ノ水駅りようしてたから、そんないみでも身近に感じる歌なんですよね。

 

 

 

でね、いろいろググってると、ピアノバージョンもかっこいいのですわ。しかもジャズっぽいやつ。

 

 

 

 

 

なんだかんだとJAZZ好きだから、惹かれます、こういうノリ。

 

 

 

なんで、来月くらいに電子ピアノ買ってピアノもやってみよーかとおもっちょります。

 

 

 

青春まっさかりの40ど真ん中!

 

 

 

あなたさまはいかがでやんすか?爆  笑爆  笑爆  笑

 

 

 

 

皆さんは、獣としていきていますか?

 

 

ここでいう”獣”とは、魂とでもいうのでしょうか、正確なことばはわかりかねますが、肉体を操っていると思われる、わたしたちの本体(命の正体)と仮定します。

 

 

”獣”という表現は、あたしが最終的に目指す弾き語り課題曲の歌詞に基づきます。

 

 

詳しくはこちらで語っておりますので、お気が向くようでしたらどうぞ。

 

 

https://ameblo.jp/cruise67/entry-12459487620.html

 

 

 

で、前回、ギターやめよっかなって記事をかきました。でもこれ、やはり撤回しようかと。このあたりのお話はまた次回書かせていただきやす。

 

 

で、今日、話したかったのが、”獣”として生きてますかって?みんなにききたくて。

 

 

あたしは、いま、魂のど真ん中を生きてる!って宣言してるくらいなんで、”獣”と化してやす(笑)

 

 

四十も半ばにして、もう世の中の能書きにうんざりしてきたから、いま書いてるんですが、これまで通り仮の自分を生きていくのか、本物の命としての存在(獣)を生きていくのか?って、令和に入るちょっと前にめっちゃ選択を迫られる機会がありましてね。

 

 

たぶん、以外とそういう方多いんじゃないかなって。だから、もしかして、このブログの読者さん、増えてるのかなって。

 

 

あたしなりにわかったことがあってさ、これ話すと長くなるし、目に見えない話にもつながるから、ここでは致しませんが

 

 

”獣”として生きられなかったのは、おしえこまれた恐怖からだったんだなって、たとえば、罪悪感とか無価値観とかね。社会は欠乏の窓から世界を見ることを教るから。

 

 

安室ちゃんが”教え込まれた協調性”とか歌ってたよね(笑)

 

 

あのね、今日、ちょっとアルクホール?(笑)が入っているから語ってしまってるけど、でも、本音。どんなあたしもこれがあたしという存在だから

読者数だのなんだのは正直考慮しない。

 

 

同じ音を出している人たちが集まってくれることが一番なんです。

 

 

でね、脈絡がなくてあれなんだけど、このブログ読んでくれてるってことは、少なからず、私の音にご縁があった方だとおもうので、よければコメントしてください。

 

 

あなたは獣としていきていますか?

獣として生きていないのなら、なんで?

獣として生きているのなら、その転換期は?

 

 

えらそうに聞こえたらごめんなさい。

なんかさ、皆の”獣”としての本当の音(本音)を聴きたくなってしまいました。

 

 

いつも本音でかいているのだけれど、お酒もたまにはいいかもね(笑)

 

 

獣といえば、これすごいから、ひまなときみてみて。

 

 

宮次が獣(笑) マジでこの歌、あたし船上で弾き語りすっからね!(笑) 動画にとってみんなに観てもらう!(笑)

 

 

 

 

いっつもありがとさん。

 

 

 

気がつけば、フォロー120人突破!

 

 

あああ、ありがとうございます笑い泣き

 

 

いいのかな・・・、いいのかな・・・滝汗

 

 

そんな皆さま方、わたくし、ギターやめよっかなーという心境ですわ汗

 

 

物理的に指が届かんのですわ。これ、練習したからって埋められるようなものでもなさそうで。。。。

 

 

ちょっとキーボードよりになってきましたニヤリニヤリニヤリ

 

 

昔々、小学校の時にバイエルで挫折したピアノ。。

 

 

しかもずっと部屋にあったYAMAHAのピアノを3年前に”もーともーっとたけもっと”に売ったわたし・・・。

 

 

ピアノはね、強制的にやらされてて、たぶんそれで嫌になってしまったんですわよ。

 

 

子どもの頃からいまでも、フジコヘミングしかり、クラッシックが好きなので、ピアノ演奏は大すきだったのです。。。

 

 

再チャレンジしようかな。ピアノでも弾き語りだもの爆  笑

 

 

ま、のらりくらり、どっちもやりながらにしようかなっと。

 

 

何をやろうが、何にもとらわれず、自分の魂が喜ぶかどうかが大事だものね。瞬間、瞬間、そのことを大事にしたいと思うのです。