幹「料理のできる男になりたいっ」
裕司「ほお」
幹「トーストを作っても、焦がさない人間になりたいっ!」
裕司「お前、パンも焼けないのか!?」
幹「オマエは焼けるのか!?」
裕司「焼ける方が珍しい、みたいな言い方だな!」
幹「ボンボンのクセにっ!」
裕司「まあ、自分じゃ焼かないよな…」
幹「焼く方が珍しい、みたいな言い方っ!!」
裕司「真似された!」
幹「生活スタイルも、真似したいっ」

裕司「したらいい(笑)」
幹「シェフを雇ってくれっ」
裕司「(笑)。僕が焼きますよ、パンくらい」
幹「焼けないクセに!」
裕司「焼いた経験がないだけですよ」
幹「おんなじだっっ!」
裕司「いえいえ、なんとかしますから」
幹「シェフを雇えよ!」
裕司「いやです」
幹「なんで!?」
裕司「幹くんをとられたくない…」
幹「妬いてんじゃねぇよっ!」
裕司「はい、やけました」
幹「えっ」
裕司「…とても上手にやけました…」
幹「パンを焼けよーッ!!!!」
裕司「(笑)」