〜Crossing〜岡崎直子の新時代スピリチュアリズム&フィロソフィア

タロットや星、カバラ、アルケミーなどの伝統神秘学は、ただ吉凶を占うためのものではなく、意識的にあなたの現実を豊かに・幸せに・ロマンティックに創造するためのツール。
あなたの幸せが世界を輝かせる、新しい時代のためのスピリチュアリズムをお伝えします。


テーマ:

 

 

あなたが世界のためにしてあげたいことは、

あなたがあなたのためにしてあげたいことと同じである。

 

 

女神イシスのメッセージ

 

 

______________

 

 

 

誰かに言ってあげたい言葉は、自分に言ってあげたい言葉だ。

 

 

絶望してしまわないでほしい。

元気を出してほしい。

 

 

大変なことがあっても、自信をなくしても、

ダメなところばかり見るんじゃなくて、

いいところを、素敵なところを、楽しいところを見てほしい。

 

 

あなたが笑顔でいてくれたら、わたしも幸せだ。

 

世界に、嘘のない笑顔が溢れたらいいのにと思う。

 

同じように、わたしの中にも希望が育ってほしいと思う。

 

 

 

 

ルワンダの内戦で年間に亡くなる人の数より、

日本で自殺で亡くなる人数の方が多いのだという。

 

 

目に見えない弾丸が、一見平和なこの国を飛び交っていて、

その流れ弾が魂を殺して回っている。

 

 

 

 

この日本で、死にたいと思ったことがない人は多分いないだろう。

 

 

私たちは戦場に生きていて、

孤独と絶望感の中を必死に希望に食らいついて、

「死にたい」と口にすることで、何とかバランスを保って

ギリギリの選択で今日も生きることを選んでいる。

 

 

 

 

この惨状を目の当たりにして、

私たちの魂は、苦しんでいる人に手を差し伸べたくなるし、

泣いている人に寄り添いたくなるし、

頑張っている人に手を貸したくなる。

 

 

なぜなら助け合うことの心強さを私たちは知っている。

 

かつて誰かに手を貸してもらったことがあればこそ、

今度はわたしが、誰かの役に立ちたいと思う。

 

 

 

孤独と絶望の弾丸に撃たれて、

こぼれ落ちてしまいそうな魂を、一つでも救ってあげられたら、と思う。

 

 

それができれば本望だ。

それができれば、生きた甲斐がある。

 

そう思う。

 

 

 

 

 

 

 

さて、こんなにも誰か役に立ちたい、

世界に貢献したいと願っている私たちの魂。

 

その願いを本当の意味で叶えるために、

私たちは改めて、この言葉を思い出さなければいけない。

 

 

 

あなたが世界のためにしてあげたいことは、

あなたがあなたのためにしてあげたいことと同じである。

 

 


わたしがわたしを幸せにすることと、
わたしが世界を幸せにすることは、深く連動している。


それを、何となくわかったつもりになるだけではなく、
はっきりと、明快に、理解しておく必要がある。



「何でもかんでも好き勝手に、自分勝手に生きればいい」のだけど、
その言葉の表面上の意味だけに騙されないで、

この「自分」がどれだけ世界と不可分の「自分」なのかを分かった上で、
欲望し、望み、願わなければ、

あっという間にそれらの望みは「本当の自分の望み」ではなくなってしまう。

それでは苦しみのループから逃れられないままだ。




わたしは、わたしの苦しみを通して、
世界が必要としている助けを理解することができる。


その目で自分自身を、その心と日々の感覚を観察し直して、
一体何が「目に見えない、飛び交っている弾丸」なのかを少しずつ理解すること。




「わたし(たち)」とは何なのか。

「世界」とは何なのか。


どうやってその二つが連動しているのか。



わたしと世界は一つである!
と簡単な一言で理解したつもりになるのではなく、

なぜ、わたしと世界が一つだと言うことができるのか、
それをロジカルに、人に説明できるくらいに理解する必要がある。


絶望と孤独の戦場から脱出するために。





一時的なスピリチュアルな光で、一瞬心が救われるだけではなく、
知識と理解を自分の人生の確かな足場にするために。


人や世界に貢献したいという気持ちと、
自分自身を幸せにしたいという気持ちの狭間で迷子になって溺れてしまう前に。


自分自身を肯定しなければいけない、受け入れて愛さなければいけない、という
「答え」だけを先に知ってしまって、
その理由を知らないために、
問題が起こっても結局対処できなくなってしまうのでは、もったいない。



わたしを愛するのと、世界を愛するのは同じこと。



「なぜそうなのか」を、
確かなリアリティとして体感することが、必要だ。





誰もが愛する人と出会えて、誰一人孤独じゃない世界。
瞬間瞬間を創造として、神なる時として生きる人生。
夜の深さの中に叡智が宿り、朝の目覚めの中に実りが結ばれる魂。



私たちは知っている。


その願いの姿の方が、よっぽど私たちの真の姿に近いのだということを。







Crossing
岡崎直子

 

 

 

 

 

______________________

 

 

【岡崎直子の公式メルマガ】無料配信中

http://www.reservestock.jp/subscribe/40612

 

 

【岡崎直子の公式占い】満月&新月の日に無料更新中

https://note.mu/naokookazaki

 

 

______________________

 

いいね!した人  |  リブログ(5)
同じテーマ 「┣自分を知る」 の記事

テーマ:



ダイアローグインザダーク初体験。

1時間半の真っ暗闇で何より感じたのは、
ちょっとびっくりするくらいの安堵でした。

「見る」と「見られる」は分かち難く結びついていて、
「見られる」ことは思いがけないほどストレスにもなっている。
当たり前の感覚を切り離すことで初めて伺い知る自分の心の内。



何も見えないし、何からも見られていない
という事実がもたらす圧倒的な開放感。


初めて会った人同士で暗闇の中、まさに手探り足探りで散歩し、
テーブルについてお茶を飲み・・・
「視界」の束縛から自由になるひとときを体験する。


ヘン顔しても、カッコつけても、涙をこぼしても、誰にも分からない。



闇に伸ばした手が誰かの身体に触れたときのえもいわれぬ安心感。

「見えない」ということは、
「何かに触れ」たり「何かの音を聞い」たりしたときに
はじめて世界のリアルに触れるということ。

それは視覚のもたらすリアリティよりもずっと親密で距離の近い、
柔らかい心に直接触れるようなリアリティ。



月並みだけど、生まれてくる前の子宮の中のような温かい闇。


まだ世界と自分が地続きで気取る必要も飾る必要もない闇の中。


どう見えるか、どう見られるか、
ジャッジする必要もないから、
自分のなんたるかをがんばって証明する必要もない。


ATフィールドは心の壁だけど、それって視界のことなんじゃ?


手助けが欲しいとき、心細いときは、
声をあげれば闇の中から誰かが返事をしてくれる。

そうしないと暗闇の中で迷子になってしまうから、
引っ込み思案になってる場合じゃないのだ。
これぞコミュニケーション。


逆に、沈黙すればその瞬間、
いつでも世界から消えることができる。
ひとりになれる。



無粋な光が、あなたはあなた、私は私、と
くっきりきっかり輪郭という境界線を引くのに対し、

暗闇の中には親密な、打算のない、
生の対話(ダイアローグ)があって、
優しい曖昧と、孤独を許容するやわらかい自由がありました。


 私は孤独になりたい。私はあなたと対話したい。


どちらも私の本音なんだ。





というわけで、真っ暗闇での書き初め。2017年のテーマ。
公開しますw

 






ダイアローグインザダーク、ご興味のある方はぜひ。オススメします^^






岡崎直子



 

_________________

INFORMATION

 

 

 

 

【岡崎直子の公式メルマガ】無料配信中

http://www.reservestock.jp/subscribe/40612

 

 

 

【岡崎直子の公式占い】満月&新月の日に無料更新中

https://note.mu/naokookazaki

 

 

 

 

 

 

●ライティング講座「言の葉の魔法」前編:スピリチュアル編 動画レクチャー

https://vimeo.com/ondemand/kotonohanomahou1

 

2017年2月と5月に二度開催された大人気のクラスが
動画レクチャーとしてリニューアル発売。

自分の思いと言葉を一致させるとは?


森羅万象を創るロゴスのエネルギーとは?


あまりに美しく、奥深い、

特異な日本語という言語について。

言葉を知り、言霊を知ることは、自分の人生を自由自在に創造すること。

この動画では、言霊の概念の基礎から日本語に宿る魔法まで、
たっぷり90分間のレクチャーでお届けします。
 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

「特別な人になりたい」と思ったことはありますか?

 

 

 

 

朝、目が覚めたその瞬間から心臓が高鳴って、

自分が今、エネルギーと好奇心に満ち溢れていると感じたことは?

 

 

 

 

 

 

例えばそれは、大好きな人に大好きだと言われた、

その次の朝かもしれません。

 

 

 

 

憧れていた仕事に就いたその時かもしれないし、

 

 

 

 

あなたの言葉や作品や表現や、あなたの人となりを、

誰かがキラキラした瞳で讃えてくれた、その日かもしれない。

 

 

 

 

 

あるいはもしかして、

あなたが「そんなことはきっと無理だ」と思っていたことに

果敢に挑戦して、

失敗しても気にせずまた挑戦して、

時に涙を見せてもまた前を見て、

いつのまにかその「無理」をビュンと跳躍して飛び越えて行った

「誰か」を間近に見て、

その熱に、生命に、輝きに、圧倒させられた時かもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新鮮な双眸と、胸苦しいくらいにエネルギーを巡らせる心臓の鼓動と、

雑音のないクリアな頭。

 

 

 

今日から人生が始まったかのように、

真新しい純粋な喜びが、呼吸とともに肺いっぱいに入ってくる。

 

 

 

 

 

 

その、体で。

その目で、世界に触れたときにはじめて

 

 

 

 

あなたの人生は、世界は、特別な輝きを持って

特別な音を奏ではじめる。

 

 

 

 

 

 

 

夢見たことを生きてみようとするとき。

 

 

 

 

 

その初々しい最初の一歩の中には、

その後のあなたの至福の人生のシナリオの、

全瞬間全可能性がすでにそこに入っている。

 

 

 

 

あなたはあなたの輝かしい未来に、

グイグイと引っ張られていて、

それで胸がドキドキするのだ。

 

 

 

 

あなたの夢見ているあなたが、

あなたを一瞬も離さず魅了し続けている。

だから目覚めたその瞬間から、

 

さあ、どうやって今日は生きようかと。

どうやってその「あなた」に会いにいこうかと、

エネルギーが溢れて仕方がないのだ。

 

 

 

 

 

 

本物の特別とは、このエネルギーで世界を生きる人のことを言う。

 

 

 

 

 

 

 

受動者から能動者へ。

 

 

 

人生の出来事に振り回されて右往左往する存在から、

世界をクリエーションする存在へ。

 

 

 

 

 

この大変身を遂げたものだけが、

あなたと言う存在の本質、エッセンスを見つけることができる。

 

 

 

 

 

 

「負けたくない」も

「愛されたい」も

「特別でありたい」も。

 

 

 

 

 

 

この本質からのクリエーションの後に出てきたときには、

悲壮感のない、人任せのない、

純粋な情熱の花火になる。

 

 

 

 

 

あなたはこれから天地を創るのだ。

 

 

 

 

 

 

能動者は、責任を取ることを辛いとは思わない。

(思ったとしても、本心じゃない)

 

 

 

なぜならその責任とはきっちり自分自身の分。

 

 

 

自分自身を至福の人生へと導くための、過不足のない完璧な重みだから。

 

 

 

 

その重みがあるからこそスピードに乗れて、

重心が取りやすくなって、バランスがもっと良くなるような、

そんな重みだから。

 

 

 

 

 

 

次なる2017年は、

2+0+1+7=1。

 

 

 

まっさらなサイクルが始まる、「1」の年。

 

 

 

 

 

 

「誰もが特別なんだ」と言い古された言葉を使うのは、

 

世界中の誰よりも、あなたがあなた自身を、自分の手で、

死ぬほど幸せにすると約束してからにしたほうがいい。

 

 

 

 

 

なぜなら、能動者として生きない限り、

自分で自分を幸せにしようとしない限り、

誰も「特別な人」になんかなれるわけがないのだから。

 

 

 

 

 

 

あなたの「特別」は、

あなたが外に向かって表現するしかないのだから。

 

 

 

 

 

 

一人で孤独に、クールぶってるほうがいい?

 

 

 

いいや、そんなはずはない。

 

 

 

 

なぜならあなたが「世界」だと思って見ているその景色は、

あなたの創造のために。

あなたの飛躍のために。

あなたの情熱のために。

あなたのためだけに用意された素材なのだから。

 

 

 

 

 

だから、「右へ行ったほうがいいか」

「それとも左へ行ったほうがいいか」

と聞くのはもうそろそろやめたほうがいい。

 

 

 

 

どこへ行きたいか、

それを決めるのはあなた自身なのだから。

 

 

 

あなたがどこへ行きたいか決めるから、

あなたにとっての最善が「右なのか」

それとも「左なのか」が後付けで意味を持つのだ。

 

 

 

 

 

何をしたい?

何が好き?

どうしたい?

 

 

 

もしもそれが分からないとしたら。

 

 

 

 

 

あなたは多分、スタートの切り方をちょっと忘れてしまっているんだと思う。

 

 

 

 

 

朝起きるたびに、世界に新しく生まれてきているんだということ。

 

 

 

白紙のキャンバスに、今までだって無意識のうちに、

色々描いてきたんだってこと。

 

 

 

 

 

その最初の一歩の瞬間に、

あなたの本質の全部が現れているんだってこと。

 

 

 

 

 

 

それを、多分あなたはもうすぐ、

思い出すことになる。

 

 

 

 

 

Naokoでした音譜

 

 

 

 

 

______________________

 

【岡崎直子の公式メルマガ】無料配信中

http://www.reservestock.jp/subscribe/40612

 

 

 

【岡崎直子の公式占い】満月&新月の日に無料更新中

https://note.mu/naokookazaki

 

 

______________________

 

 

いいね!した人  |  リブログ(2)