岡崎直子のトークライブ第29回目のテーマは《男性性と女性性》。

YouTubeに無料ショート版がアップされています。

 

 

ジェンダー論はなかなかに地雷の多いテーマですが、

この話を男女の対立軸で考えている限り解決は望めないだろうと思います。

 

 

現代日本はネオリベラリズムで運営される国で、

個人個人がそれを意識していようといまいと、

政治的・経済的要請に従って「あるべき男女の役割」が配役されています。

 

それが、ジェンダー。
私たちはみんな、演技している。

 

 

だけど問いたいのは、それでいいのか? ということ。

 

 

国際社会があって、国内社会があって、地域、家族…

と小さくなった果てに出てくる「女としての私」や「男としての私」という順番が、そもそもおかしくはないだろうか?

 

 

男と女、太陽と月、自我を支配する理性と無意識の本音に惹かれる感性。

 

本当の男女は「私」の意識の内側にこそ存在しているのに。
そしてそれこそが、家族や地域や社会を構成する原点なのに。

 

 

 

 

_________________

#029 男性性と女性性【short】

 

 

 

 

《フルバージョンはこちらから》

https://note.mu/naokookazaki/n/nc79d0d2a4598

 

 

 

 

 

 

《関連動画》


#020 月と金星:アストロロジーベーシック【short】

 

#021 太陽と水星:アストロロジーベーシック【short】

 

 

 

_________________

 

 

 

Crossing 岡崎直子