10月に入った頃から特に感じていることがあります。

 

 

経済、テクノロジー、社会、自然環境などなど、

私たちにとっての「外部環境」が

まるで眠っていた竜が起き上がるが如く

うねるように形を変えていく。

 

 

しかし今感じている変化は、

起き抜けの「のびをする」ような動きに過ぎない。

 

これから竜は歩き出し、走り出し、

そして空を飛ぶようになるだろう。

 

そんな予感です。

 

 

 

 

この変化を「恐ろしい」と捉えることも、

「ワクワクする」と捉えることもできますが、

 

ひとりのスピリチュアリストとして

私が今痛感しているのは、

 

 

この「外部環境の変化」

「目覚めた竜」に対して早急に、

私たちの「精神性・倫理」を

アップデートする必要があるということ。

 

 

 

 

「精神性・倫理」とは、私たちの心が依って立つ大地です。

 

 

意識していようがいまいが、

私たちはその感触に従って、心をゆらめかせている。

 

 

 

「幸せになること」

 

「自立すること」

 

「頼ること」

 

「創造すること」

 

「受け取ること」

 

「自分を大好きになること」

 

「弱みを見つめること」

 

「堂々と豊かになること」

 

「物質に執着しないこと」

 

「落ち込んでもいいってこと」

 

「前向きさを忘れないこと」

 

「ひとりになってみること」

 

「誰かと繋がってみること」

 

「全部リセットすること」

 

「やってきたことを大事にすること」

 

 

 

 

 

矛盾するように思える感情と思考の変遷は、

私たちの心の大地を揺り動かそうとする精神活動の反映です。

 

 

 

 

私たちは「人間」という次元を越えようとしています。

外部環境の変化はそのための下準備のようなものでしょう。

 

 

どこでも、誰とでも、いつでも、

簡単に繋がって、大容量の情報を交換できる環境。

 

 

この整備が整ったことによって、

私たちは自分の意識の置き所を

「個人の肉体の中」に限定することなく、

「関係性の中」に移動させることができるようになります。

(もうなり始めています)

 

 

 

 

あの子といるときの私と、

その人といるときの私は、まるで別人です。

 

 

 

この変化が世界規模のネットワークの中で起きてくると、

 

もう「これが自分の意見だ」

「これがオリジナルの私だ」という決めつけが、

意味を成さなくなります。

 

 

 

 

その時、私の感情の一粒の切ないエッセンスは、

ネットワークを通じて世界中の

さまざまな「関係性」の中で形を変えながら共有されることになる。

 

 

 

あるいは旧来の「私」という肉体的な個人も、

70億の人々の精神のエッセンスを少しずつ受け継いだ器として

(その配分・配合が新しい個性かもしれない)

自在に変容しながら生きていくことになる。

 

 

 

 

天使や神は、「いつでもどこでも」。

 

 

その精神は偏在しているから、

話しかければいつでも答えてくれる、と言います。

 

 

 

 

私たちの本性だって、きっとそうなんでしょう。

 

 

 

私はあなたの中にいるし、

あなたも私の中にいる。

 

 

私は今日吹く風だし、

あなたは明日昇る太陽の光だ。

 

 

新しい世紀が始まる。

新しくてとても懐かしい世紀が。

 

 

 

 

 

Crossing

岡崎直子

 

 

 

 

   

 

 

 

岡崎直子の無料公式メールマガジン

「Stella Maris-星の哲学-」配信中

 


NEW 10月25日更新!

 

岡崎直子の中の占いキャラ、

Naoko Starlight先生による

ポエム感強めのときめく星占い。

だいたい満月の日と新月の日に更新。

 

 

過去に配信した「7日間プログラム」など

PDF形式でアーカイブ販売中。