6月に入り、そろそろ次なる天体の節目、

【夏至】が近づいてきました。

 

 

 

夏至というタイミングはいつも、

自分の魂の【帰るべき故郷】に焦点が当たるとき。

 

 

傷を癒し、自分自身のファウンデーション(基盤)を見直すとき。

 

 

今年は6月21日の夏至の前に、19日に海王星が逆行を開始し、

 

潜在意識の海、あなたの妄想や夢想の中から、

 

あなたの人生の確かな基礎へと取り戻したいものがクローズアップされそうです。

 

 

 

 

noteにて連載中の私の公式占い「満月の占い・新月の占い」から、

この夏至のムードにも関わる内容を転載します。

 

 

_______________________

 

【岡崎直子の公式占い】

満月の占い・新月の占い

https://note.mu/naokookazaki

 

毎月満月&新月の日に更新中!

※フォローしていただくと更新のお知らせが届きます。

 

________________________

 

 

 

以下転載になります。

 

 

↓  ↓  ↓

 

 

 

 

宇宙のテーマ:過去と未来を統合するあなたの『道』へ

 

 

自分の居場所を見失ったときには「恐れ」を見るといい。

恐れていることこそ、あなたがいちばん望んでいる行き先だから。

 

 

射手座の賢きケンタウルス、ケイローンはそう言う。

 

 

トラウマは、積極的に乗り越えたなら、あなたの最強の武器に変わる。

 

視野を広げ、こだわりを捨て、人生のフィールドを拡大しなさい、と射手座の満月は語る。

 

 

 

喉が乾く。

 

脚が重くなる。

 

目を閉じて耳を塞いで、

 

安全な自己のシェルターの中にずっと居たいと思う。

 

 

 

私は、恐れている。

 

 

 

 

伝わらないかもしれないことを話すのはこわい。

 

不慣れなことに手を出すのはこわい。

 

守れないかもしれない約束をするのはこわい。

 

いつかやろうと思っていることを誰かに先をこされるのが、こわい。

 

手痛い過去の数々の失敗が、その恐怖をより生々しく肉付けする。

 

 

 

そしてだからこそ、それが確かなひとつの軸となって、わたしの過去と未来をつなぐ。

 

わたしが一体どこを向いているのか。

 

この人生を進めていく先、わたしが征服しようとしている「未知」とはなんなのか。

 

わたしの目と鼻が向いている方向を、教えてくれる。

 

 

 

 

 

_______________________

 

2018年5月29日、日本時間で23:20、射手座で満月となります。

 

 

満月というのは基本的に、

欲望や自分の本質に素直になるように促すような影響を個々人に与えてますので、

 

自分の本当の望みに対して素直な人ほど、大きな後押しのエネルギーを感知しやすいでしょう。

 

 

逆に、満月の時期に「タガが外れたように」なってしまうという人は、

普段抑制されている欲望のエネルギーが大きいのかもしれません。

 

 

 

今回の射手座の満月は特に、そうした本能的な力、

欲望の力をどのように方向付けて取り扱うのか、

 

ということがひとつの大きなテーマになっています。

 

 

大切なキーワードとなるのが「恐怖」。

 

 

占星術好きの方はご存知かもしれませんが、

土星と天王星の間を回る、「キロン(ケイローン)」と呼ばれる小惑星があります。

 

 

 

この星は、ホロスコープを読み解くときには人生をかけて取り組む「魂の傷」を表すとされ、

 

この傷を乗り越えたなら、あなたの最大の強みに変わると言われている星。

 

 

通常、恐怖というのは、危険から身を守るための安全装置として機能しますが、
「キロン」が示す通り、それは音楽のコード進行のようにして、
あなたの人生の色合いや方向性の大きな流れを作る「道」でもあるのです。

 

 

私たちは、認知の及ばない、全くの未知を恐れるのではなくて、
この先の未来に、過去の失敗と痛手を重ね見るからこそ、恐怖を抱きます。

 

 

だからこそ、恐怖は過去と未来をつなぐ道です。

 

 

かつて「求めていた何か」と、「この先に求めている何か」が、
確かにつながっているという証拠です。

 

 

 

射手座のテーマは「視野を広げ、目標を高く持つこと」ですが、
この満月からの2週間は特に、あなたにとってトラウマになっていることと、
そこから導き出される人生のテーマに意識を向けてみてください。

 

 

 

より具体的には、
「高い目標を」と思ったときに、

藪から棒に「じゃあ年収2千万目指す!」と考えるのではなくて、
自分がいちばん恐れていることはなんなのか、と考えてみること。

 

 

 

そして、「何を願っているから」その恐怖を持っているのかを、よく考えてみること。

 

恐怖を味方につけてください。

 

それは、あなたがあなたのいちばんの望みから目をそらさないように、

しっかり捕まえておくためのサインなのです。

 

 

 

 

【牡羊座】
信じるということは盲目になるということではありません。本当はまったく逆で、それは自分の望みを自分自身に対してはっきりさせておくということなのです。あなたは得難い経験をし、ここでしか味わえないことを味わうために生まれて生きている。自分の本質を信じて、気楽に構えてください。子供の口からもたらされる言葉、あるいは子供の頃の自分の記憶に、人生をさらに飛躍させるためのヒントが見つかりそうです。

 

 

 

【牡牛座】
欲望を抑えつけ過ぎているサインが出ています。ヘルシーな解消の方法はおそらく色々あるはずです。まずは自分で意識している以上に押し込めているその欲望を認識してください。そして、今できるベストな方法を用いて、それを解放してください。望む未来を構築していくためには、「欲望の力」と「それを方向付ける力」が両方、バランスよく必要です。自分の欲望を見知らぬ力のように考えないで、リズムを知って、程よく発散させて、上手に手懐けてください。

 

 

 

【双子座】
いつもより少し大胆に行動することを意識してみましょう。チャンスは行動範囲のほんの数メートル先に眠っていて、あと一歩の積極性が物事を大きく変えていく気配。いつも曲がらない角を曲がる、話したことのない人と話すなど、冒険を自分に許可してください。太陽が双子座にあるこの季節、肉体の声をよく聞くことが重要です。本当に引いたほうがいい危機と、リスクを負ってでも進むべき冒険の線引きは、体が強張っているかどうかで判断を。

 

 

 

【蟹座】
人付き合い、お金、情報に関する黄金のチャンスが6月13日ごろ訪れそうです。それまでの間に、自分のやるべきことともう手放すべきことをよく考えて心の整理整頓を済ませておくといいでしょう。結局のところ、あなたがいちばん恐れていることは「出来事そのもの」よりも、それによって引き起こされる魂の傷、感情のざわめきなのかもしれません。どうして「それ」が起きると「そんな感情」を覚えるのか?自問自答してみてください。

 

 

 

【獅子座】
自分で自分の人生をリードする、という意味においての「リーダーシップ」を発揮するときです。誰かのプランの上で上手に踊らされていないで、ゲームそのものを自分で作ってしまうくらいの感覚で行動しましょう。はじめてのことや不慣れなことに恐れを感じるのは当然です。でもそこで弱気になってやめてはいけません。一度、1から100までひとりでやりきってみる覚悟を決めましょう。その決意があなたを大きく成長させます。

 

 

 

【乙女座】
水の中で力を抜くと、重たいものは下へ沈み、軽いものは浮き上がります。あなたが今フォーカスすべき大切なことを見極めるためには、そのようにまず体の力を抜いてリラックスし、心身をニュートラルにすることです。頭の中だけで答えを出そうとするのではなく、頭を空っぽにしてみたときに自然に湧き上がる感覚を頼りにしてください。そのように、今あなたの欲していることはあなたの体の感覚が教えてくれます。

 

 

 

【天秤座】
頭の回転が速過ぎて、心と感覚が置いてけぼりになりやすいときです。仕事の合間で意識をして深呼吸をする、水を飲むなど、過剰なエネルギーのガス抜きになる「インターバル」を設けるようにしましょう。玄関の靴を揃える、洗濯物を綺麗にたたむ、食事の前に手を合わせる、など背筋を正す小さな動作が、あなたの気持ちを無垢にしてくれます。そうすると、情報過多な脳にも余裕が生まれ、良いアイディアや良いコミュニケーションに恵まれます。

 

 

 

【蠍座】
「自分らしさ」の殻を破るときです。あなたはもともとマルチな存在であり、一つの定義にとらわれるような人物ではありません。今まで無意識に眠らせていた、自分の中の別人、別の可能性を目覚めさせ、人生を拡大して行きましょう。積み上げてきたものに固執するよりも、今はまったく新しいチャレンジの中に宝物が見つかる時期です。広く浅くでも構いません。興味のあること、縁があったことに手を出してみましょう。

 

 

 

【射手座】
年上の女性があなたの人生に大いなる示唆を与えてくれそうです。それは良いお手本という意味かもしれませんし、逆に反面教師という意味かもしれません。年齢を経ていくことによって何を磨いていきたいのか。時間を味方につけるために、今から何を始めたらいいのか。そんなことをテーマに自分に問いかけると、重大な直感に導かれそうです。満月の影響は6月1日ごろまで特に強く働きます。ぜひその間に思索の時間を設けてください。

 

 

 

【山羊座】
最短最速で恐れを克服するには、面と向かうことがいちばんです。人生の流れを加速させたいと思うならば、この2週間は自分のトラウマとしっかり向き合うための大チャンスです。あなたが内側で正しいと感じていることと、あなたの周囲が正しいとしていることがズレてきてはいませんか?分かっていながら表面上合わせて見せるような茶番は、そろそろ限界がきています。弱腰をやめて、自分の気持ちに素直になりましょう。

 

 

 

【水瓶座】
時間をかけて手塩にかけてきたものが、だんだんとその輝きを外に発信していくような時期。あなたの長年の取り組み、日常のちょっとした気遣いや習慣が作ってきたあなたの「性格」や「生き方」が、確かな形として結実します。今、あなたのアイディアや行動は、古い伝統をちょっと驚くくらいの新鮮さでリニューアルさせる力があります。あとは、その力を何に向けて使うのか。目的を定め、惜しみなく使うことで、あなたはさらに成長します。

 

 

 

【魚座】
言葉と約束が重みを持つ2週間です。小さなことでも構いません。自分自身や身近な人に対して約束をして、それを果たしてください。そうすることによって、あなたの中の「夢を現実にする」「未来を形にする」エネルギーがどんどん力を増して行きます。口にした言葉は現実になる、と日本では言いますが、日々の小さな約束を果たすからこそ、言霊は力を持つのです。観ると決めた映画を観る、買うと決めた花を買うなど、楽しく小さな約束を積み重ねて。