〜Crossing〜岡崎直子の新時代スピリチュアリズム&フィロソフィア

タロットや星、カバラ、アルケミーなどの伝統神秘学は、ただ吉凶を占うためのものではなく、意識的にあなたの現実を豊かに・幸せに・ロマンティックに創造するためのツール。
あなたの幸せが世界を輝かせる、新しい時代のためのスピリチュアリズムをお伝えします。


テーマ:

 

 

あなたが世界のためにしてあげたいことは、

あなたがあなたのためにしてあげたいことと同じである。

 

 

女神イシスのメッセージ

 

 

______________

 

 

 

誰かに言ってあげたい言葉は、自分に言ってあげたい言葉だ。

 

 

絶望してしまわないでほしい。

元気を出してほしい。

 

 

大変なことがあっても、自信をなくしても、

ダメなところばかり見るんじゃなくて、

いいところを、素敵なところを、楽しいところを見てほしい。

 

 

あなたが笑顔でいてくれたら、わたしも幸せだ。

 

世界に、嘘のない笑顔が溢れたらいいのにと思う。

 

同じように、わたしの中にも希望が育ってほしいと思う。

 

 

 

 

ルワンダの内戦で年間に亡くなる人の数より、

日本で自殺で亡くなる人数の方が多いのだという。

 

 

目に見えない弾丸が、一見平和なこの国を飛び交っていて、

その流れ弾が魂を殺して回っている。

 

 

 

 

この日本で、死にたいと思ったことがない人は多分いないだろう。

 

 

私たちは戦場に生きていて、

孤独と絶望感の中を必死に希望に食らいついて、

「死にたい」と口にすることで、何とかバランスを保って

ギリギリの選択で今日も生きることを選んでいる。

 

 

 

 

この惨状を目の当たりにして、

私たちの魂は、苦しんでいる人に手を差し伸べたくなるし、

泣いている人に寄り添いたくなるし、

頑張っている人に手を貸したくなる。

 

 

なぜなら助け合うことの心強さを私たちは知っている。

 

かつて誰かに手を貸してもらったことがあればこそ、

今度はわたしが、誰かの役に立ちたいと思う。

 

 

 

孤独と絶望の弾丸に撃たれて、

こぼれ落ちてしまいそうな魂を、一つでも救ってあげられたら、と思う。

 

 

それができれば本望だ。

それができれば、生きた甲斐がある。

 

そう思う。

 

 

 

 

 

 

 

さて、こんなにも誰か役に立ちたい、

世界に貢献したいと願っている私たちの魂。

 

その願いを本当の意味で叶えるために、

私たちは改めて、この言葉を思い出さなければいけない。

 

 

 

あなたが世界のためにしてあげたいことは、

あなたがあなたのためにしてあげたいことと同じである。

 

 


わたしがわたしを幸せにすることと、
わたしが世界を幸せにすることは、深く連動している。


それを、何となくわかったつもりになるだけではなく、
はっきりと、明快に、理解しておく必要がある。



「何でもかんでも好き勝手に、自分勝手に生きればいい」のだけど、
その言葉の表面上の意味だけに騙されないで、

この「自分」がどれだけ世界と不可分の「自分」なのかを分かった上で、
欲望し、望み、願わなければ、

あっという間にそれらの望みは「本当の自分の望み」ではなくなってしまう。

それでは苦しみのループから逃れられないままだ。




わたしは、わたしの苦しみを通して、
世界が必要としている助けを理解することができる。


その目で自分自身を、その心と日々の感覚を観察し直して、
一体何が「目に見えない、飛び交っている弾丸」なのかを少しずつ理解すること。




「わたし(たち)」とは何なのか。

「世界」とは何なのか。


どうやってその二つが連動しているのか。



わたしと世界は一つである!
と簡単な一言で理解したつもりになるのではなく、

なぜ、わたしと世界が一つだと言うことができるのか、
それをロジカルに、人に説明できるくらいに理解する必要がある。


絶望と孤独の戦場から脱出するために。





一時的なスピリチュアルな光で、一瞬心が救われるだけではなく、
知識と理解を自分の人生の確かな足場にするために。


人や世界に貢献したいという気持ちと、
自分自身を幸せにしたいという気持ちの狭間で迷子になって溺れてしまう前に。


自分自身を肯定しなければいけない、受け入れて愛さなければいけない、という
「答え」だけを先に知ってしまって、
その理由を知らないために、
問題が起こっても結局対処できなくなってしまうのでは、もったいない。



わたしを愛するのと、世界を愛するのは同じこと。



「なぜそうなのか」を、
確かなリアリティとして体感することが、必要だ。





誰もが愛する人と出会えて、誰一人孤独じゃない世界。
瞬間瞬間を創造として、神なる時として生きる人生。
夜の深さの中に叡智が宿り、朝の目覚めの中に実りが結ばれる魂。



私たちは知っている。


その願いの姿の方が、よっぽど私たちの真の姿に近いのだということを。







Crossing
岡崎直子

 

 

 

 

 

 

__________________

 

 

無料メールマガジン登録受付中
スピリチュアルエレガンス~魂の魅力を引き出すメルマガ~

 

__________________

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(5)

NAOKOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「♦︎フィロソフィー」 の記事