〜Crossing〜岡崎直子の新時代スピリチュアリズム&フィロソフィア

タロットや星、カバラ、アルケミーなどの伝統神秘学は、ただ吉凶を占うためのものではなく、意識的にあなたの現実を豊かに・幸せに・ロマンティックに創造するためのツール。
あなたの幸せが世界を輝かせる、新しい時代のためのスピリチュアリズムをお伝えします。


テーマ:

 

2+0+1+7=10=1+0=1。

 

 

 

来年2017年はゲマトリア(数秘術)で言う「1」の年。

新たなるサイクルが始まる、スタートアップイヤー

 

 

 

 

 

2016年までまだ優勢を誇っていた、

出来上がった社会構造や一般常識の中で受動的に生きる人生のあり方が、2017年以降加速度的に衰退していき、

 

逆に今までの社会常識にとらわれず、自分発信で人生をクリエーションしていく、「能動的・創造的」な生き方がますます発展していく流れがやってきます。

 

 

 

 

 

 

前回のブログ「創造空間」について言及しました。

2017年以降、この「創造空間」に生きるということは非常に重要な「クリエーションの基本」になってきます。

 

 

 

この「創造空間」の機能として、「人生のシナリオすら書き換えられる」ということを説明しましたが、

おそらくまだ、「でもそれって、いわゆる普通の引き寄せと何が違うの?」と思われている方もいらっしゃることでしょう。

 

 

巷で言われる「引き寄せの法則」も、未来に想定する出来事を、すでに叶ったことのように完了形で宣言したりしますよね。

 

 

「ステキな彼氏とラブラブになれました!」とか

「ついに年収1000万円を突破しました!」とか。

 

 

それって、「シナリオを書き換える」ってことなんじゃないの?

と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

 

・・・実は、全く違います。

 

というか、「創造空間」は、引き寄せの法則の本当の本質と言っていいものかもしれません。

 

 

 

 

「引き寄せ」だろうが「設定変更」だろうが、

「創造空間」に入らずして実行するのは、映画の中で主人公が望みに向かって何か行動しているのと同じこと。

 

 

しかし「創造空間」に入るということは、あなたは映画の主人公であるだけでなく、シナリオライターだということですから、

ストーリー変更に与える影響力は話にならないくらい違います。

 

 

 

 

今日はこの「創造空間」と2017年から始まる創造の時代について解説させていただくとともに、

この12月、特に射手座のシーズンに「創造空間」につながるためにしておくべき準備についてお話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

♦︎あなたはどこにいるのか?

 

こう聞かれたら普通私たちは、「東京」だとか「ニューヨーク」だとか、

「自宅の2階」とか答えますよね。

 

 

アインシュタインの相対性理論に基づいてもっと正確に答えるならさらに、

「何時何分」の時間時点にいる、という情報もつけ加わることになります。

 

 

 

空間3次元プラス、時間1次元。

 

4次元時空の中に生きている、というのが普通の人間の認識です。

 

 

 

ですからどこにいる、と聞かれれば、

 

 

例えば「2016年12月の東京の自宅」

ということになります。

 

 

 

 

そして時間というのは流れ去っていくものですから、

例え私たちが自宅のパソコンの前でじっと座っていたとしても、

4次元時空の中を時間軸に従って動き続けている、ということになります。

 

 

 

 

さて、ここでギリシャ哲学者の有名な命題を例に出したいと思います。

 

 

「ゼノンの矢のパラドックス」と呼ばれる逸話です。

 

 

 

 

哲学者ゼノンは問いました。

 

 

時間が「今」という瞬間の連続ならば、その「瞬間」において、空を飛ぶ矢は静止している。ならばどうして、静止した矢が空を飛ぶことなどできるだろうか?

 

 

 

 

 

私たちは普通、時間を「瞬間の集まり」だと感じています。

私たちが体験する日常の風景を一本の映画だとするならば、

そこには膨大な量の「一瞬のシーン」が連続的に記録されていることでしょう。

 

 

 

 

そのままでは、ゼノンの言うとおり、それはバラバラに記録された、静止した瞬間に過ぎないはずですが、

私たちはそれを、一つの滑らかに連続する動きとして感じて体験していますよね。

 

 

 

 

この、バラバラの一瞬一瞬を、一つの連続する流れとして、まさに映画を見るように客観的に俯瞰している視点が、私たちにはあります。

 

 

 

 

 

「私の人生」と言った時に。

 

生まれた瞬間から今の今までのあらゆる出来事や思い出、そしていつかやってくる死の時までのありうる未来の時間まで含めて、

 

 人生の全てを一つの物語のように総括して俯瞰している意識があると思います。

 

 

 

 

 

 

私たちの意識は、

一瞬一瞬の「今」を流れ去っていく、映画のフィルムの中にも登場人物として写り込んでもいますが、

 

 

同時に映画の画面の中から飛び出して、観客席から映画のストーリーを客観的に俯瞰して眺める視点も持っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♦︎意識も移動する

 

 

私たちは、自分の肉体が3次元空間を移動することはハッキリ認識できますが(あたりまえですよね)、

自分の意識の移動には意外と無頓着なのです。

 

 

 

しかし、肉体と同じように、意識も移動するのです。

 

 

 

「意識の移動」にも色々なレベルの話がありますが、

今日解説したいのは、「映画の中の登場人物としての意識」と「映画を客観視している意識」。

 

 

 

「映画の中の登場人物としての意識」とは、別の言い方をするなら肉体意識と言ってもいいでしょう。

 

 

 

 

「お腹が空いた」「眠い」などの身体感覚から生まれる意識や、

「デートだからおしゃれしよう」とか「次の仕事は絶対成果あげるぞ」とか、

 

「人生」というストーリー展開の中で巻き起こる、ありとあらゆる意識のこと。

 

 

 

・・・普通は、ほとんど、この「映画の中の登場人物としての意識」で生きていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

では逆に、「映画を客観視している意識」とは何でしょう?

私たちの人生の全てが展開している映画の中の世界と、そこは絶対的に違う世界です。

 

 

人生の外側、というのを私たちは普段あまり意識しません。

 

 

 

 

悩み事というのは、全て人生の中の出来事です。

「人生という映画の外側」に出てしまえば、そこには

税金も、家賃も、恋愛問題も、家族問題も、健康問題も、何もありません。

 

 

 

 

はあ、そんな世界があるとして、

だけどそれが私たちの人生にどう関係があるの?

 

 

と思われるかもしれません。

 

 

 

 

実は、関係大アリなのです。

 

 

 

 

 

 

2017年以降開いてくる、「創造空間」とは、まさにこうした「人生の外側」のことだからです。

 

 

 

本当の創造とは、映画の中で行うものではなく、

映画の外で行うものなのです。

 

 

 

 

 

あなたの意識の位置が、「肉体意識」の場所にあるか

それとも「創造空間」にあるか。

 

 

あなたの意識が自分を「人生という映画の中」にいると思っているか

それとも「映画を客観的に俯瞰している」と思っているか。

 

 

 

この意識の位置の違いは、2017年以降非常に大きな意味を持つようになります。

 

 

 

 

盟友・加藤由迦さんがよく語っていますが、

「次元格差時代」はもうそこまで来ています。

 

 

 

これは、例えば同じ会社の同じフロアーで、隣の席に座っていたとしても、

「意識の位置」が違うだけで、その二人の「想いを形にする力」「人生を創造していく力」には強大な差が生まれるということ。

 

 

その二人は実は、全く違う次元に住んでいるのです。

 

 

 

 

そう、2017年以降は、あなたの肉体の物理的位置ではなく、

意識の位置がどこなのかの方が、大きな意味を持つようになるのです。

 

 

あなたの意識の位置が、あなたの現在地になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

♦︎流れ去る「今」と、永遠の「今」

 

 

 

以前私は、「1秒を満たす」というブログ記事で以下のように書きました。

 

 

一粒の雨は、その水滴が通ってきたすべての旅を記憶しているといいます。

 

 

水とは記憶デバイス。かつて海であったり、
水道管を流れていたり、
涙としてこぼれ落ちたり、

 

蒸散し、また集まって液体になって、
姿形を変えながら世界中を巡る。

 

 

だから水質云々の話以前に、

豊かな自然の岩清水として浄化され、
山々のミネラルを蓄えた水に触れると、

私たちの体内を巡る水にもその記憶が伝播し、

心と体を満たす甘露となります。

 

同じように、今私たちの人生を流れ去っていく1秒という時間も、

川の流れを行く水のように、

すべての記憶と想いを内包し、歴史の全体性を1秒に閉じ込めて、
流れ去っていく。

 

 

「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」

 

 

それは決して還ることのない一秒。

 

 

しかし同時に、今、今、今、、、と、
流れ去っていくその一瞬は、


「いま」という名の永遠。

 

 

一滴の水があなたの全存在を浄化するように。

 

そのたった一滴に含まれるいつくしみが
水の記憶を塗り替えていくように。

 

今という1秒を愛で満たせば、

愛で満たされたその1秒は
全人生を塗り替える力を持つ。

 

 

永遠の今を満たすこと。

 

 

それは、1秒の幸せを何よりも大切にするということだ。

 

 

 

 

さらっと書いていますが、この「流れ去っていく1秒」と、

全人生を塗り替える力を持つ「永遠の今」は、

実は意識の位置が違います。

 

 

 

もちろん、「流れ去っていく1秒」=「肉体意識」であり、映画の中の意識です。

そして「永遠の今」=映画の外で、映画を客観的に見ている意識です。

 

 

 

 

 

私たちは数直線上を過去から未来へと続いていく時間軸の上の、

「現在」という瞬間にいるわけですが、

 

 

それと同時に、「いつでも、今」という場所にいる。

 

 

 

 

私たちの人生の出来事は、常に「今」起きています。

 

 

 

そしてこの「今」という永遠の場所の中には、

過去の記憶も、未来への願いも、全てが同時に存在しています。

 

 

 

 

 

それはまさに、映画の物語の中でどれだけ主人公が大冒険をしようが、火星や江戸時代やファンタジーの世界へ移動しようが、

 

その全てを映し出している映画のスクリーンは決して移動しないのと似ています。

 

 

 

 

 

周囲を見渡して見てください。

あなたの視界には、いろいろなものが見えていると思います。

 

 

しかし、右を向いても左を向いても、下を向いても上を向いても、

その視界に映っている光景は必ず、「今・ここ」のはずです。

 

 

 

 

決して動かない「今」のスクリーンに映し出されるあなたの人生の風景。

 

 

 

 

もちろんあなたは、主人公としてその風景の中に入り込んで、人生のあらゆるシーンを体験してもいるのですが、

 

 

同時に、この「永遠の今」のスクリーンを、外側からいつも見つめ続ける意識の位置も、持ち合わせているのです。

 

 

映画のスクリーンを外側から見つめる意識こそ、バラバラの瞬間瞬間のシーンをひとつなぎの記憶としてまとめ上げている意識。

 

 

 

そしてこの意識の位置こそ、「創造空間」の入り口とも言える場所なのです。

 

 

 

 

2017年以降、こうした永遠の今のスクリーンを外側から見つめている意識に、私たちはどんどん、自覚的になってくるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ♦︎創造の時代のために、今すべき7つのこと

 

 

 

 

さて、ようやく今日の本題です。

 

 

2017年以降開いてくる「創造空間」へと突入していくために、

この12月の過ごし方は非常に重要です。

 

 

 

すでに12月も始まってしまっていますが、

時期に分けて簡単にエネルギーを解説すると・・・

 

(日付は目安ですので、エネルギー変化は多少前後する場合もあります)

 

 

 

 

11月29日(新月)〜12月7日 射手座の矢のエネルギーが最も強まる時期

KEY WORD: 脱出

 

古い感情や執着を手放し、既存のレールの人生から脱出するエネルギーが最も強まっています。

直感力と決断力が増し、この時期に新しい創造の流れに入ることを決意することで、

何よりも自分を信じ、至福の人生を創り出す方向性とパワーが加速度的に拡大します。

 

この時期、古いエネルギーのデトックス作用で体調を崩す方も多いかもしれません。

 

 

 

12月8日〜12月14日(満月) 射手座の矢の最高到達点のエネルギー

KEY WORD: 幸福

 

一切の制限なしに、最高の幸せを自分自身に許す、至福のエネルギーが強まる時期。

反作用として、自分が何を自分自身に許していないかが明確化する時期。

 

幸せになろうとしないことへの言い訳を、ここで全て捨ててください。

 

また、罪悪感や新しい世界へ踏み出すことをためらう気持ちが湧き上がってきたら、

「あなたを真の意味で赦すことができるのは、あなた自身だけだ」ということを思い出してください。

 

あなたは、他の誰かに許してもらう必要はありません。

できなかったことも、失敗したことも、誰かを傷つけたことも。

あなたのその時の精いっぱいだったということを思い出しましょう。

 

 

 

12月15日〜12月21日(射手座最終日) 山羊座への橋渡しのエネルギー

KEY WORD: 橋を架ける

 

射手座の最終シーズン。

射手座が遥か高みの理想へ向かって、まっすぐに飛んでいくエネルギーならば、

続く山羊座はその射手座の目標点を元に、現象世界に理想を具現化するための土台づくりのエネルギー。

 

この時期は、目標点を調整し、理想を明確化する最後の調整期。

 

 

 

12月22日〜12月28日 山羊座の設計図を描くエネルギー

KEY WORD: 青写真

 

2017年以降のクリエーションの最初の青写真、下敷きの下敷きを作るような時期。

具体化の第一歩の時期ですが、あまり意識的ではないかもしれません。

 

日々の過ごし方に妥協しないこと。

本音に従った言動に、細心の注意を払うこと。

 

意識こそ、クリエーションの土台。

この時期は特に、「自分で自分に嘘をつく」ことがないように気をつけてください。

 

 

 

 

12月29日(新月)〜 1月12日(満月)  創造空間へシフトする、魔法のシーズン

KEY WORD: アルケミー

 

 

意識が2017年の「創造の時代」モードに切り替わっていく時期。

 

 

 

 

 

 

 

だいたい以上のような流れになっていると思います。

 

 

 

 

さて、表題にある、2017年に向けてこの時期を過ごす上でぜひ実行していただきたい7つのことをおしらせしますね。

 

 

 

 

  1. 知ること
  2. 認識を変えること
  3. 思考を変えること
  4. 行動を変えること
  5. 手放すこと
  6. 赦すこと
  7. 脱出すること

 

 

この7つを、特に12月いっぱいは心に留めていただきたいのです。

 

 

 

 

 

 

「知ること」

あなたは、人生の中に生きているだけではなく、

「人生の外」から「永遠の今」のスクリーンに映し出されるシーンを

いつでも見つめているのだということを、知る。

 

 

 

 

 

 

 

「認識を変える」

 

あなたの人生に降りかかってくる無理難題や困ったことは、

全て「人生というシナリオの中」の出来事。

何が起きたとしても、

映画を見ている「永遠のあなた」は決して傷つけられることはないし、

貶められることもない。

 

奪われることもなければ、真似されることもない。

 

絶対的な価値がそこにあるという認識をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「思考を変える」

 

誰にも壊されることのない、永遠の今に自分の主な意識が移動すると、

人生という映画で起きる様々な出来事に、

ドラマチックに入り込むことがなくなります。

 

ある意味人生の中にいるあなたは「演技している」だけなのです。

 

本当の主体は映画を見ている自分であって、

映画の中で周りの状況に翻弄されている自分は、シナリオに沿って動いている受動的な影にすぎません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「行動を変える」

 

あなたに恐怖を与える人物や、あなたに対して強い発言権を持つ人物。

あるいはあなたを翻弄する出来事に振り回されるのを意図的にやめてみる。

 

最初は恐れが出てくるかもしれませんが、

恐れが出るということは、「映画の中」に意識が強く固定されているということ。

 

どういうポイントで、自分の意識は「映画の中」に固定されているのか、観察してみる。

 

 

 

 

 

 

 

「手放す」

 

恐れや罪悪感に基づいた人間関係や習慣を、思い切って手放す。

少なくとも、手放す決意を固める。

 

「褒められたい」「愛されたい」という思いも、その裏側に「嫌われたら自分には価値がない」などの恐れが隠れている場合があるので注意する。

 

あなたはシナリオの外にいるのだから、自分のことをまるで他人を見るように客観視して見る。

 

 

 

 

 

 

 

「赦す」

 

そこまでわかっていても、古いパターンを手放すのはキツイものです。

その時キーになるのは「自分への赦し」。

 

罪を犯したこと(自分が「それは悪いことだ」を認識していることを、してしまったこと)を、完璧に、完全に、赦してしまってください。

 

「私は悪い子」と自分で自分を責めている部分を、無条件に赦してしまってください。

誰かに罰されたい、という思いが、あなたを古いシナリオに閉じ込めています。

 

しかし本当のあなたは、人生のシナリオの外にいるのですから、

他の誰に赦してもらう必要もなく、「永遠の今」にいるあなた自身に、あなたを赦す力があるのだということを思い出しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

「脱出する」

 

改めて、「人生という映画」から脱出することを意識してください。

新しく、ワクワク心が踊る、無垢のシナリオを描くために、

まずあなたは古い人生のパターンを全て置き去りにして

「創造空間」へ入る必要があります。

 

人生の全てを俯瞰している意識。

一瞬一瞬の思い出をつなぎ合わせている意識。

 

 

それこそまさに、「生まれる前のあなた」であり、

「永遠のスピリット」としてのあなたです。

 

 

そこはあの世とこの世の結節点。

 

 

かつてのあなたもその「創造空間」で人生のシナリオを描き、

そして「永遠の今」のスクリーンに映し出されるその作品を、

愛しさを込めて鑑賞していたのです。

 

 

 

 

 

 

2017年、創造の時代の始まり。

 

私たちは本当に、今までにない大きな変化を迎えようとしています。

 

 

 

 

 

 

岡崎直子でした

 

 

 

 

 

*******INFORMATION*******

 

 

 

NEW! 12月7日までの20%OFF早割あり!

創造空間に繋がり意識をシフトさせる2週間のメールプログラム

至福の人生を創造する「シナリオ書き換え」アルケミープログラムの参加申し込みはこちら

 

※古いエネルギーを浄化し、2017年「創造の時代」へとスムーズにシフトチェンジするための、2週間の集中プログラムです。

 

 

 

 

 

 

新規開講決定しました! 初回12月9日(金)&10日(土)

 トゥルータロットスクール初級(全4回)の参加申し込みはこちら

 

 

平日昼間バージョンも追加開講! 初回12月14日(水)&15日(木)

トゥルータロットスクール初級(全4回)の参加申し込みはこちら

 

 

大好評!タロット瞑想第2弾、♯1「マジシャン」

〜完璧なるスタートのエネルギーを手に入れる〜

タロットカード瞑想会の参加申し込みはこちら

 

 

年内最後の開催! 

自分で自分の人生を最高に幸せにする、

目に見えない世界の基礎とエネルギー伝授の特別プログラム

 アデプトプログラムの参加申し込みはこちら

 

 

 

 

★★★無料メニュー各種★★★

 

全12回・毎晩メールで届く

スピリチュアル的リーダーシップレッスン
女神イシスの女王レッスン・基礎編の購読申し込みはこちら

 

 


◉アバンダンスの法則について解説した、全10回のステップメール

夢見る力の秘密〜ビリオネアの教え〜の購読申し込みはこちら




◉月と太陽の交点でみる、恋愛系無料占星術メニュー

ドラゴンヘッドで見るあなたの恋愛テーマをされるかたはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(12)

NAOKOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります