射手座の持つ気質というものを考えたとき、

真っ先に思い浮かぶのは発達した、いまにも駆け出そうと力を充満させる、美しい太ももだ。


女の子の柔い太ももではなく、アスリートのそれ。

陸上のトラックを駆け、跳躍するその腿は、大地に根ざすことより大地を蹴って重力から逃れることを一途に目的にしている。

 


彼らだって私たちと変わらない、翼を持たない、地に属する獣なのに、

すべての疾走は飛翔するための助走なのだと言わんばかりに、ひたむきに、走る。

 



射手座の魂がなぜこうまで迷いなくポジティヴなのかと言えば、

それは彼らの精神がいつも肉体よりもずっとずっと速く、これからゆくべき世界へ先駆しているからだ。



よく知られているように、射手座の象徴はケンタウロス。

 

賢者の上半身と馬の下半身を合体させたキメラのような幻獣なのだが、

神話を紐解くと、星座として空に召し上げられたこのケンタウロスは、

同種の一族の中でもとても特殊な、ほとんど唯一無二の「賢い」ケンタウロスなのだという。

 


ブッダやキリストが、人間という種の大勢に先駆け、いち早く目覚めた人となったように、

ケイローンは目覚めたケンタウロスだった。

 

 

 

 




 

■目標に向かって矢を射る

 


さて、走る獲物に向かって矢を射るとき、あなたはどこを狙うだろうか?

合理的な答えは、獲物の鼻先の空間を狙うこと。
どてっぱらを狙っても、矢が届くよりも先に獲物はその空間から移動してしまう。

 


ケイローンは弓矢を女神アルテミスから習ったと言われるが、

彼女もまた、狩の名手であると同時に知恵の女神でもある。

 


「目標を達成する」ということは、「未来を予測して動く」ことであり、

知性は動き回るターゲットや、変化する状況を、ありうる未来の可能性へと絞り込んでいく。

 


射手座の意志はいつも「いま目の前の現実」の向こう側に先に到達している。

 

そしておかしな話だが、彼らはその予測が実際に当たるかどうかをあまり問題にしていない。

 


実際には獲物は予想よりもかなり速く、矢尻をかすめて翔り去るかもしれず、

逆に急に立ち止まって方向転換するかもしれない。

 


しかし彼らとってより重要なのは、獲物が手に入るかもしれないと期待して、

ワクワクしながら、大胆な未来に向かって、一途に走り、矢を射ることができた、そのことそのものなのだ。

 


その瞬間、魂は逃れようのない「現実」という箱から自由になることができるから。

 


馬はいくら走っても飛行機にはなれないし、

天にまします神々は地上に縛り付けられた人間からはあまりに遠い。それは現実だ。

 


しかし生きなければならない現実が重たくのしかかる時にあっても、

射手座の魂は、その意志だけは、あらゆる重力から自由だ。

 



想像するのは勝手だとのたまって、大統領になるとか、

アカデミー賞を取る女優になるだとか臆面もなく言い出す射手座の能天気さは、

周囲の地を這う獣たちの苦々しい嫉妬と嘲笑を浴びることになる。

 


いくら脚が速くても、お前だって所詮馬で、ペガサスとは違うのだと。

 

 


彼らの疾走が、時に見ていられないほど痛々しく・苛立たしく感じるのは、

すべての地を這う獣たちがかつて同じように飛ぼうと試みて、手酷く失敗をした経験があるからだ。

 


彼がこの次、どんな痛い目に合うか知っている。俺だってそうだった。

矢は獲物に当たらなくて、前脚を小石に引っ掛けて無様に転倒するのだ。

 


ほら、やっぱりそうなった。
もうやめておけばいいのに……

 

 


やめておけばいいのにと呆れながら、見ていられなくて時に目を逸らしながらも、

それでも周囲の獣たちの関心は、どうしようもなくこの疾走する一匹の人馬に引き寄せられてしまう。

 


躍動する全身の筋肉。

 

全力で駆けながら、矢をつがえ、弦を引きしぼる、口の端辺りでキリキリと緊張する右手の指先が、

弓をしならせるスックと伸ばされた前腕と、やや返された左手の拳が、

ひたすらに獲物の行く先の、まだ何も無い「未来」という名の空間を見つめる瞳が、

 

あまりにも、馬鹿馬鹿しい程に純粋だから。

 

 

 


なんども無様に失敗した後なのにも関らず。

 


彼の全身全霊が一つのゴールに向かって叫んでいた。
「『現実』を超えるのだ」と。

 

 

 

 


■「美しい」ということは

 


12星座の中で「美」に関わる星座と言えば、普通はヴィーナスを支配星に持つ牡牛座か天秤座。

あるいは細部へのこだわりを持ち美意識が高い乙女座あたりか。

 


しかし、射手座が能天気に過ぎる口を噤んで、一心に走っているその瞬間には、格別な何かがある。

 


必死になり、集中し、たった一つの願いのために全存在が絞り込まれていく、

その一途に集約されたエネルギーのあまりの馬力に、嫉妬も忘れて笑ってしまう。

 

 


すごいな、そんな風に全力で走ったら気持ちが良さそうだ。

そうして射手座の全走破・全跳躍は、漲る太ももに記憶されることになる。

 

その美しい太ももは、人生の重荷……すなわち、自分自身の重みを事も無げに支える。

未来へ未来へと突き出す頭脳と、半歩後ろを蹴る重みのある肉体が、独特のリズムを刻む。

 


失敗しても、転んでも、いつでも立ち直りが早く笑っている若き賢者に、なぜそうも能天気なのかと問うてみよう。

 


彼はこんな風に答える。

 

 


獲物はコントロールできない。
だから失敗してもそれは仕方がない。手に入ったならそれは恩寵だ。

だけど自分の肉体と集中はコントロールできる。
集中しているとき、精神と肉体がぴったりと一致する。

そのとき私は、未来へ向かって進んでいるのではなく、未来に生きている。
時間を超えているとき、私はここにいながら、ここにいない。

私は追われる獣になって森を逃げる。
私は飛んでゆく矢になって私自身に追い縋る。

私は殺される者であり、私は殺す者でもある。
私はすでに死んでいて、私はまだ生きている。

それが面白くて、転んでも、失敗しても、笑ってしまうんだ。


 

 


夢中の魂は飛翔する。

 

集中の中で時はほとんど止まり、未来が実態を持って身に迫る。
そのとき、矢を躱すのも、矢を受けるのも、意志ある世界の選択に変わる。

 

 

 

 




■ちょっとだけ解説

「先駆する」という表現は、ハイデガーの哲学から拝借した言葉です。

 


時間軸に引き伸ばされた人生には「Xデー」というものが存在します。

それは、締切日だったり、試験本番の日だったり、別れの日であったり、始まりの日であったりしますが、

その日を境に今までの何かが容赦無く終わってしまう、極限の時のことです。

 

 


この「Xデー」の最たるものが「死」と呼ばれるものですが、

私たちは同じような日々の繰り返しの中で、いつ訪れるとも知れない残酷な「死」を勤めて忘れようとしています。

 


全員、必ず死ぬ。
知っているはずなのに、意識したくない。

 


それは、終わりが来ることを意識してしまえば、今日を怠惰に楽しむことができなくなってしまうからでもありますし、

「終わり」から逆算して今の行動を縛られるなんて、なんとなく不自由な気がするからかも知れません。
 

 


射手座の精神のとても美しいところは、こうした「終わり」、ある種の「達成」、

究極的には「死というXデー」に、精神を先駆けているところです。

 

 


オリンピックに向けて集中するアスリートや、

本番の舞台のために自分を追い込む俳優をイメージすると分かりやすいでしょう。

 


彼らのひたむきな修練は、外から見ていると「ストイックな努力」としか形容しようがありませんが、

しかし集中している本人の視点に立って見るならば、

彼らは「本番の舞台」に立っている意識を生々しく持ちながら、

持っているからこそ、今すべきことが明快なのだと想像できます。

 



私は自由とはなんだろうと考えるとき、二つのアンビバレントな答えを感じます。
 

 


たった一つの目標に向かって人生を(少なくともある期間)生きるということは、自由がないようにも思えます。

 


しかし彼らは、「瞬間瞬間に、数多くの選択肢の中から好きなことを好きなように選んでいい自由」を手放している代わりに、

自分の肉体や精神、時間や環境を、意志によって自由自在にコントロールする術を身につけ(ようとし)ています。
 


彼らはいつも「Xデー」に生きている。
残酷にも人生には終わりがあること、練習時間は無限ではないことを、受け入れて生きている。

だからこそ、今日、今、この瞬間に、

まだ準備に使える時間があるということそのものが恩寵です。

 

 


今この瞬間に喜びを持って生きるというのは、本当はこういうことなのではないかと、

射手座の精神を思うたびに感じます。

 


喜びと情熱に満たされた一瞬を、一心に疾走する。

 

射手座の魂にとって今を生きるとは、未来に生きることと同じ。

 

射手座の「自由」とは手の届く範囲の娯楽に溺れることではなく、

先駆する精神の呼び声にしたがって、全身全霊の自己をひとつの行為に投入する、その夢中さの中にある。

 


なぜならそうして生きている時私たちは、時間も、現実も、生も死も飛び越えて、

世界を更新していく意志そのものになっているから。

 



射手座のシーズン、私たちは勇気を持って「終わり」が必ず来る、

ということに向かい合う必要があります。

 

(ハイデガーはこれを、「死の先駆的決意性」と呼びました)

 

 


「生きている今」「繰り返しの毎日」から位相の違う「Xデー」に狙いを付けて、

もうひとりの自分はすでにそちら側にいるのだと思い定めてみます。

 


「Xデー」が来るたびに私たちはこう思うわけです。
「あのとき、もっとああしておけばよかった」と。

 

 

この、「あのとき、もっとああしておけばよかった」と痛切に実感しているときほど、

私たちに生きる情熱や行動する意欲、迷いのない行動選択を与えてくれる精神状態はありません。


 

夏休みの最後の1日。

 

死の直前。

 

お別れのその時。
 


その時立ち上がってくるのが、あなたの射手座の精神です。

その精神があなたの人生を導き、あなたに今何をすべきかを、切実に語りかける。

 


やりたいこととやるべきことが一致して、賢者の頭脳と獣の馬力が融合する。
あなたの肉体は疾走する一個の火の玉になる。

 


死を真摯に見つめる精神だけが、生きる情熱と喜びを本当の意味で理解している。
 

 


さて、あなたが今日死んでしまうとして、どんな「昨日」を後悔するでしょうか?

ループものの映画や、リセットボタンが押せるゲームだとしたら、

どこに戻って、何をやり直すでしょうか?

今、ここにいるあなたは、先駆した魂が掻きむしる程悔しがって、必死で戻ってきた過去のあなただ。
未来を見た射手座の魂は、今のあなたにはできることが信じられないほどたくさんあるのを知っている。

あなたの太ももには、立ち上がり、駆け出す力が、射手座の精神がちゃんと宿っている。

 

 

RUN! (走れ!)

 

 

 

Crossing

岡崎直子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

____________________

 

岡崎直子の公式メールマガジン

Stella Maris 無料配信中

 

 

【登録は以下のURLからどうぞ】

https://v.bmb.jp/bm/p/f/tf.php?id=naokookazaki&task=regist

 

 

【または下記QRコードの読み込みでもご登録いただけます】

 

【または以下に空メールを送信していただくことでも登録できます】

naokookazaki@v.bmb.jp

 

 

 

 

 

 

10月に入った頃から特に感じていることがあります。

 

 

経済、テクノロジー、社会、自然環境などなど、

私たちにとっての「外部環境」が

まるで眠っていた竜が起き上がるが如く

うねるように形を変えていく。

 

 

しかし今感じている変化は、

起き抜けの「のびをする」ような動きに過ぎない。

 

これから竜は歩き出し、走り出し、

そして空を飛ぶようになるだろう。

 

そんな予感です。

 

 

 

 

この変化を「恐ろしい」と捉えることも、

「ワクワクする」と捉えることもできますが、

 

ひとりのスピリチュアリストとして

私が今痛感しているのは、

 

 

この「外部環境の変化」

「目覚めた竜」に対して早急に、

私たちの「精神性・倫理」を

アップデートする必要があるということ。

 

 

 

 

「精神性・倫理」とは、私たちの心が依って立つ大地です。

 

 

意識していようがいまいが、

私たちはその感触に従って、心をゆらめかせている。

 

 

 

「幸せになること」

 

「自立すること」

 

「頼ること」

 

「創造すること」

 

「受け取ること」

 

「自分を大好きになること」

 

「弱みを見つめること」

 

「堂々と豊かになること」

 

「物質に執着しないこと」

 

「落ち込んでもいいってこと」

 

「前向きさを忘れないこと」

 

「ひとりになってみること」

 

「誰かと繋がってみること」

 

「全部リセットすること」

 

「やってきたことを大事にすること」

 

 

 

 

 

矛盾するように思える感情と思考の変遷は、

私たちの心の大地を揺り動かそうとする精神活動の反映です。

 

 

 

 

私たちは「人間」という次元を越えようとしています。

外部環境の変化はそのための下準備のようなものでしょう。

 

 

どこでも、誰とでも、いつでも、

簡単に繋がって、大容量の情報を交換できる環境。

 

 

この整備が整ったことによって、

私たちは自分の意識の置き所を

「個人の肉体の中」に限定することなく、

「関係性の中」に移動させることができるようになります。

(もうなり始めています)

 

 

 

 

あの子といるときの私と、

その人といるときの私は、まるで別人です。

 

 

 

この変化が世界規模のネットワークの中で起きてくると、

 

もう「これが自分の意見だ」

「これがオリジナルの私だ」という決めつけが、

意味を成さなくなります。

 

 

 

 

その時、私の感情の一粒の切ないエッセンスは、

ネットワークを通じて世界中の

さまざまな「関係性」の中で形を変えながら共有されることになる。

 

 

 

あるいは旧来の「私」という肉体的な個人も、

70億の人々の精神のエッセンスを少しずつ受け継いだ器として

(その配分・配合が新しい個性かもしれない)

自在に変容しながら生きていくことになる。

 

 

 

 

天使や神は、「いつでもどこでも」。

 

 

その精神は偏在しているから、

話しかければいつでも答えてくれる、と言います。

 

 

 

 

私たちの本性だって、きっとそうなんでしょう。

 

 

 

私はあなたの中にいるし、

あなたも私の中にいる。

 

 

私は今日吹く風だし、

あなたは明日昇る太陽の光だ。

 

 

新しい世紀が始まる。

新しくてとても懐かしい世紀が。

 

 

 

 

 

Crossing

岡崎直子

 

 

 

 

   

 

 

 

岡崎直子の無料公式メールマガジン

「Stella Maris-星の哲学-」配信中

 


NEW 10月25日更新!

 

岡崎直子の中の占いキャラ、

Naoko Starlight先生による

ポエム感強めのときめく星占い。

だいたい満月の日と新月の日に更新。

 

 

過去に配信した「7日間プログラム」など

PDF形式でアーカイブ販売中。

 

 

 

男女という言葉は誤解を生みそうだから、理性と感性と言い換えてみよう。

 

理性は「違い」に注目し、感性は「似てる!」に注目する。

 

感性「雲の形が猫に似てる!」
理性「雲は雲、猫は猫。違うもの」

 

 

洗ったコップの水滴に映る光のかんじと、じんわり生まれてきそうな恋心の予感は似ている。
感性は万物に自分のカケラと似ているものを見つけて嬉しくなる。

 

 

一方理性にとって「似ている」は存在しない。
それは二者をイコールで結ぶ論理が未発見の仮説か、偶然、妄想だ。正確性と再現性が基盤。

 

 

 

男性社会というのはつまり、(特に近代)理性偏重社会だということ。
理性の基盤の中で、感性の活かしどころを見つけようという試みは盛んだし、

いい結果も生まれているけれど、それはやはり陰陽太極図で言う「陽の中の陰」だ。

 

共感をベースに置いたビジネスや、女性の社会的活躍、テクノロジーとアートの融合…

 

それも素敵だけど、本当の意味で感性的世界が立ち上がってくるためには、

感性の中で理性をどう活かすかという逆の試みが必要。

 

「陰の中の陽」。
女性性の内なる男性性。

 

理性偏重社会の中でその置き所を探すのではなく(それはそれで大事だけど)、

社会そのものが、感性の一つの創作だと大胆に視点を変えてみる。

 

 

そう思うと、科学主義だってひとつの信仰だ。

 

そしてもちろん、感性は人の信仰を決してばかにしたりしない。

 

根拠のないものを、私だってたくさん愛してる。

誰かが根拠のあることを愛してると言って、悪い訳がない。

 

 

 

 

Crossing

岡崎直子

 

 

   

 

 

 

岡崎直子の無料公式メールマガジン

「Stella Maris-星の哲学-」配信中


岡崎直子の中の占いキャラ、

Naoko Starlight先生による

ポエム感強めのときめく星占い。

だいたい満月の日と新月の日に更新。

 

過去に配信した「7日間プログラム」など

PDF形式でアーカイブ販売中。