welcome to カンボジア プノンペン カフェ物語!! | CROSS TOWN LIFE BLOG

CROSS TOWN LIFE BLOG

日本(東京)、アジア(カンボジア)、欧米3か所の拠点づくりに奮闘する夢追い人の体験記

こんにちは。初めまして!

 


カンボジアで日本のサービスを展開するカフェを設立すべく、
やってきた、CROSSTOWN宮内亮太です。


crosstownのブログ

 

これから日本企業がどのようにカンボジア・プノンペンで戦っていくか
詳細を綴っていこうと思います。

 

 

かなりローカルネタも含めていくため、
分かりづらい部分もあるかも知れませんが、
お付き合いの程、宜しくお願い致します。

 


日本での涙涙のお世話になった人との別れを経て、
無事カンボジア・プノンペンに到着しました。

 

 

プノンペン国際空港では、弊社社員(カンボジア人)Dくんが、
友達Mくんを引き連れて迎えに来てくれました。

 

 

ありがたいことです。

 

 

到着して、知り合いに会えるということ、それだけでハッピーになります。
※いかんせん、日本での別れの悲しみが強かったため。

 

 

早速、華僑が経営する安ホテルに、荷物を置いて、
3人で昼飯を食べにローカルレストランに行きました。

 

 

ホテル近くの「黄春成貴飯」(なんて読むかわかりません)っと言う、
クメール(カンボジア)料理が食べれる定食屋でした。。

 

 

・骨がたくさん入っている照り焼きみたいなチキン
・きゅうりのサラダと魚のオムレツみたいの
・グリーンカレースープ

 

 

上記を3人でたらふく食べて、10ドルいかないくらいでした。
高いのか安いのかまだ分かりません。

 

 

その後、「まずは携帯を持たねば!」と思い、
携帯を買いにいきました。

 

 

カンボジアと日本では携帯事情がかなり異なりました。

こちらでは、本体購入、シムカード購入、プリペイドカードを購入と
3つのアイテムを揃えるのが主流みたいです。
全部で$25ぐらいしました。

 


安いんだか、高いんだか分かりません(笑)

 

 

プノンペンのこの日の天気は30度前後。
クメール人のDくんとMくんによれば、「涼しい」とのこと。

 


しかしながら、日本を出発する時、
日本では「初雪か?!」と叫ばれていたくらい寒かった。
※実際は奥多摩付近でミゾレが降ったみたいですね。

 

 

その後、ベトナムコーヒーを飲むべく、近くのカフェへ。
内装はカラオケ屋みたいでした。
ベトナムコーヒーは美味しい!

 

 

続けて、コーヒー豆の市場チェックにDくんにガイドしてもらい、
歩きで30分くらいかけて、その辺をふらつきましたが、
結局発見できずでした。

 

 

その代りに変なファーストフード店に入りました。

 

 

ココナッツミルクベースのかき氷で
フルーツがたくさん入っているデザートを食べました。

 

 

夕方になってくると、Dくんはデート、
Mくんは大学に戻らないといけないらしく、解散です。

 

 

※Mくんからクメール語⇔日本語の辞書をもらいました。
しかしながら、クメール語読めません。参った!

 

 

ホテルに戻ると、出発前の2日間全然寝ていなかったこともあり、
気絶するように寝ました。

 

 

これが、私の滞在1日目でした。

※これ良いものなのか、どうなのか?(笑い)