2017年07月22日(土) 22時51分05秒

社会的手続きというものを理解できない大人は存在する

テーマ:ブログ

どうも、自重を知らないダメな大人であるところの定あきです

 

 先週は、エアコンを返す返さないでどうしようかって話で終わった訳ですが、なんかもういろいろとメチャクチャな事ばかりでやってらねーなという結末が待っていました。

 

 結局エアコンを返す日付を約束して、ただエアコンを返すにあたり、いくつか条件を課す必要があるなと考えました。

 その条件とは

 

1、エアコンの授受が差しさわりなく行われたという書類を作る

2、残してったゴミを持って帰れ

3、持って行った隣家との境の竹塀を返せ

 

 という三つ。

 

 1の書類を作るというのは、よく言う「一筆書く」ってやつ。

 これは話がここまで揉めたのだから、互いの為に必要だろうという話です。

 

 2のゴミは、ろくにまともな片付けもせずに残してったゴミを持って帰れというもの。

 

 3の竹塀とは、もともと隣家との間にあったもので、いろいろな勘違いの元に親族が持って行った物を返せという話。

 

 これらの条件を提示するにあたり、電話をしてまず最初に

 

「この通話は録音してるので、それを理解したうえで会話してください」

 

 と切り出しました。

 マジで録音しました。

 そんでもって上の条件を切り出したんですがね。

 率直に言うと

 

「一筆書く」

 

 を理解できない程の頭の悪さだとは予想してなかった。

 

 「エアコンのやり取りでここまで揉めた訳ですから、やり取りは問題なく終わって、今後そこに関して互いに文句を言わないって約束は必要ですね」

 

 って説明した訳ですが、まずそこから理解できてなかった様子。

 また、残していったゴミに関しても

 

「掃除は問題なくしていったと思った。そんなにゴミが残ってるとは思わなかった」

 

 とかほざきましてですね……。

 実際にゴミがあったからここまで言っている訳で、事ここに至って「思った」「思わなかった」なんて子供じみた言い訳が通ると考えてる時点で、正直程度が低すぎるという話ですよ。

 

 まあゴミの事はいったん置いておいてですね。

 話は「一筆書く」に戻りまして……

 どうしても、「同意書」的な書類を用意する。「一筆書く」事の意味を理解できないようなので、こう説明したんですよ。

 

「あなたの知人の電気屋が来て、エアコンを取り外す際に部屋の中が汚れたとしますよね。それで受け渡しが終わった後で、あなたの連れてきた電気屋が部屋を汚した。どうしてくれるんだって文句言われたくないでしょ?そういう文句を後で言わないように、やり取りは問題なく終わったっていう事を示す為に、書面に残しましょうって話ですよ」

 

 って、言ったったんですよ。

 そうしたら、ここ少し間いろいろあったんですけどね。

 最終的には

 

「部屋が汚れたどうのなんて、てめぇと大家の問題だろうが。俺は関係ねえだろ」

 

 とか言い出す始末。

 マジでダメだなこれはと。

「俺はお前に金もらってる訳でもなんでもねぇんだから、文句があるなら大家に家よ」

 と、見当違いの事を言い出しました。

 

 まともに片付けをせずにゴミを残して行き、まともに使えないエアコンを一月放置し、こちらから連絡すれば人の都合ガン無視で勝手に予定を立て……。

 

 それらのどこに大家が介入する余地があるんだと……。

 まあ法に明るい友人の話では、そもそも最初に一度賃貸物件が片付いた事を、管理者である大家が確認しなかった事はかなり大きな問題であるらしいんですが、結果的にそうだというだけで、話がここに至るまでの問題は、全部この親族の言動のお粗末さにあると思うんですけどね。

 

 さらに性質の悪いことに、このおっさん、完全に物事を自分の都合の良いように考え出すタイプの人間で

 

親族「定あきさん、あんた最初に俺になんて言ったか覚えてないの?」

 

 と言われたので

 

定「覚えてません。僕なんて言いました?」

 

 と率直に言いました。

 

親族「あんた俺にこう言ったんだよ。『自分がその物件をそのまま借りるので、クリーニングを入れなくていいです。家具なんかも全部そのままで、何もしなくていいです』って言ったんだよ。それを何を今更ゴミがあるだの、嫌がらせだの、自分に良いように言ってるんですか?」

 

 とか言い出しました。

 

ダメだこいつ……

 

 マジで。

 「気にしないからクリーニングは別に入れなくて良いですよ」と言ったのは事実なんですが

 

「家具なんかも全部そのままで、何もしなくていいです」

 

 なんて事、間違っても言える訳が無い。

 元々のその賃貸を借りていた嘱託バイトさんが無くなって、その賃貸の状態も分からないのに

 

「そのまま借ります。何もしないで良いです」

 

 と言える人間が、果たして賃貸を借りようとする人間に存在し得るのかという話。

 ただこの時点だと「言った言わないの問題」になる訳ですが、さらに突き詰めると

 

「クリーニングは必要ありませんけど、何をどの程度片付けてもらうかは一緒に確認する必要がありますね」

 

 って事で、4月の家財整理の時に顔を合わせる事になった訳で……。

「何もしないで良いです」と言ったなら、そもそも4月の顔合わせそのものが、どうして行われたのかって話になる訳で……。

 

 話を自分に都合良く言いくるめたいんだとしたらシナリオが穴だらけだし、本気で言ってるんだとしたらもうその思考能力が健常者とは言えないんじゃないかって思うんですよ。

 

 さらにトドメを刺すと

 

「ある程度片付けてもらう必要はあると思いますけど、クリーニングは入れなくて良いですよ」

 

 って会話自体

 

あんたの奥さんと電話で話したんであって、お前とそんな話してねーよ

 

 というオチ。

 

 本当に最近思うんですよ、何十歳年上だろうと、頭のおかしい人間は、会話すら成立しないと。

 結局、相手の粗相をどんどん指摘してやると、自分の半分程度の人生しか生きていない年下に良いように言われるのに耐えられなくなったのか

 

「なんでテメェにそんな事言われなくちゃなんねーんだよ!

エアコン?そんなもんくれてやるよ!」

 

 と仰いまして……。

 ああ、言っちゃったこの人。と思いました。

 俺会話録音してるって言ったのに……。

 この手の人間にありがちなんですげ、自分の発言も、相手の発言も、まともに記憶してないんですよ。

 前回の電話の時も「あんたの言ってることは犯罪だから、警察に通報したからな」と発言したことを、まったく認識してなかったみたいだし。

 

 結局この後に「文句があるなら大家に言え!俺は関係ねぇ!」って話になって通話が切れました。

 

 で、録音した会話において「エアコンなんかくれてやるよ」という発言と、さらにそれを確認する発言も録音できたので

 

「もう話すことは無い。エアコンはあなたの発言通り返却しない」

 

 という旨を大家に間に入って通告してもらって話を終わらせる事にしました。

 竹塀は戻ってこないかもしれないけど、それについてはどうとでもできるから、別に要らないという結論に。

 

 正直に言って、エアコンなんざどうでも良いんですが、散々人を不快にさせる言動を取っておいて、それを顧みる事なく逆ギレという態度が気に食わないという話なので、別に話を丸く収める必要もありません。

 まだ釈然としないところもありますけど、こちらは不快な気持ちを抱き、相手も相応に嫌な思いをした上にエアコンを取り戻せないという痛み分けの結果で満足することにしました。

 

 

 と思ったら、今度は大家の頭が悪くてまた話が面倒くさい方向に転がる次第……

 

 そのお話は、また来週。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

定あきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。