2016年01月04日(月) 21時22分15秒

充実した一日だった……

テーマ:日記
こんな一日も悪くない

 明日から出勤にあたって、いろいろ買い出しに行った。
 新しいYシャツとか靴下とか、あと散髪もしたかった。

 1000円カットで坊主手前にした後、成田のイオンの大型ショッピングモールへ。
 イオンの2階で靴下とYシャツを購入。
 Yシャツの「ゆき」の数値が86と84の商品を1つずつレジへ持っていったら

「お客様、これ86と84で大分サイズ違いますけど大丈夫ですか?」

 と言われたので、どっちのサイズも普通に着てるし別に良いだろうと思って、「大丈夫です」って断言したら

「いやでも大分サイズ違いますよ?」

 と訂正される。
 正直本気でどうでも良いし、売り場に同じサイズが見当たらなかったから別々で持って来ただけなんだから本当にそれで構わないので、「同じの見当たらなかったし、本当にこれで大丈夫です」ってキッパリ断った。

「私これのコーナー担当なので、同じサイズあるはずです。持ってきますよ」

 と、結局同じサイズのを買うことになった。

店員って親切だな!!



 Yシャツと靴下を買った後、ショッピングモールの方へ行き、財布を買う事に。
 今の財布は使い勝手が良くてなかなか気に入っていたのだけど、小銭入れの底が裂けてしょっちゅう小銭がこぼれ落ちる始末。

 一度裂けた部分を木工ボンドでくっつけたけどダメだったよ……


 理想は二つ折りで運転免許を挿しておくための透明窓のスリットが備わった財布。
 基本ポケットに入れておきたいので、長財布はあまり好きではない。

 と、いろいろ探して見たけど、最近の財布には透明窓のスリット付は無いね……。
 数か所で探したけど、理想的なのは全くなかった。
 なので革製品扱ってるテナントのセールワゴンで、12000円くらいのが半額になって6000円程になってるのを買った。

こんな高い財布持ったの初めて!!


 今までは精々3000円くらいだったからなぁ……。
 酷使してボロボロになる事を考えると、高いの持つメリットが無い。
 高い財布なりに長持ちしてくれると良いけど。


 散髪、Yシャツ、靴下、財布の、予定アイテムを全てゲットした定あきは、モールの端っこにあるブックオフへ。
 今日まで20%引きというイベントをやっているので入ってみた。

蔵の宿の15~31巻を100円で発見


 計17冊、購入。

 蔵の宿  とは、女性初の大手ホテル支配人を目指していた女性が、実家の酒蔵を旅館として建て直し、旅館の女将として苦難を乗り越えるという物語。
 旦那が酒メーカーの社員だった為、酒蔵としての業務も残しつつ旅館を運営する。
 ウィキ見て知ったけど、昔ドラマ化しているらしい。
 そしてこの漫画の見どころは

執拗なまでの親戚の妨害

 見てて陰鬱になるくらいの親戚の妨害。
 主人公の女性の親が亡くなって酒蔵の運営が危ぶまれた際、ホテルの女性支配人を目指していた主人公が酒蔵を継ぐとは思わず、親戚が「あの土地と建物の権利が手に入る!」と喜んだ。
 しかし予想に反して主人公が酒蔵を継ぐことになったため「これじゃ権利が手に入らない!」と地団駄を踏んだ親戚は

「そうだ!嫌がらせをして旅館を潰してしまえ!」

 と、あの手この手で主人公の開いた旅館に嫌がらせをする。

・パートの仲居を抱き込んで客に出す食べ物に異物を混入させる
・知人を使って理不尽な要求を出す客として送り込む
・旅行代理店の社員行きつけの飲み屋で悪い噂を流す

 等々、性根の腐り方が半端ではない妨害の数々。上はあくまで一例です。この漫画の内容そのものは、ほとんど親戚の妨害なので。
 
15~31までいっきに手に入るとは、なかなか新年早々幸先がいい。

 良い買い物をして、スーパーでサクっと必要な食料を買い込んで帰ろうとして、アパートのティッシュペーパーが切れている事を思い出す。
 
 そして今振り返って気付いた。
 まだ切れてなかった。

 いつもストックをしまっている場所とは違う場所に普通に未使用の箱が転がっている……。
 ティッシュの箱のセットを運びながら自転車を漕いだ苦労は一体……。


 買い物から帰ってきて夕方5時頃。
 
 スロットを打ちに行く

 最近はギャンブルから離れがちだけど、今日はちょっと思うところがあって打ちいった。
 一番近い店がスロットオンリーの店で、5円スロットにガルパンが4台くらい並んでるから、ガルパンを打ちに行ったのです。
 映画も3回見たし、テレビも何度か見直したし、そろそろ少しくらい噴くんじゃねーかなと思って打ちにいったのです。

 5スロの列を見て、なんかパっとしなかったので10スロの列を見てみた。
 ちなみに5スロ、10スロとは、1枚のメダルの金額を指す。通常スロットのメダルは1枚20円。1ゲーム3枚必要なので60円かかる。ただそれだとハイリスクハイリターンなので、ローリスクローリターンでゆるゆるやりたい人が5円、10円でやる。
 10円スロに400半ばまで回ってる台があったので座ってみた。

 いやあああああああああああああああああああああっほぅうううう!!

ガルパン00

ガルパン01

ガルパン02

ガルパン03

ガルパン10

ガルパン04

ガルパン05

ガルパン08

ガルパン07

ガルパン06

ガルパン09

 大雑把に言って、結構勝った
 ってくらいかな……。
 20円で換算したら1万使って3万5千円くらい帰って来たって感じかな。

 この台は当たった後にメダルを出すゲームの間、強豪校と対戦するっていう演出があるんだけど、アニメと同じで黒森峰が一番強い。強いというか、黒森峰が対戦相手だとそれで当たりが終わる可能性が非常に高い。

 黒森峰>プラウダ>サンダース>聖グロリアーナ>アンツィオ

 という順に強い。
 アンツィオは引けたら当たり連チャン確定というテンションアップっぷり。
 この台、過去2度打ちに行ってボロボロだったからあんまり打とうとは思わないんだけど、まあどんなスロット台も運が傾けば出る時は出ますわね。

 画像の一番下、黒森峰と戦って勝ってAランクを取ったのですが、Aランクを取ると特殊なゾーンに入る可能性があるらしいのだけど、入りそうで入らなかった。

 買う物買ったし、スロットガルパンで勝つし、ほんとうに良い冬休みの最後だった……。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年01月01日(金) 22時21分28秒

元旦から良い物を見た

テーマ:日記
YAWARA!は良い……日本屈指の名作の一つだ

 元旦からマジでやる事が何もなく、久々に浦沢直樹の『YAWARA!』を一気に読んだ。

 泣いた。

 今の二十歳前後くらいから下の年齢層の人達は知らんけど、定あきくらいの年代から上の日本人で、ヤワラというタイトルを知らない人はいないと思う。
 じゃあヤワラの内容を最初から最後まで完全に全部知ってる人間って、どのくらいいるんだろうと疑問にも思う。
 定あき自身、ヤワラ知ったのはおそらく10歳にもならない頃だと思うけど、漫画全部読んだのは20代半ばで大分遅い。

 ヤワラって、猪熊柔がオリンピックに勝つ為に努力に努力を重ねて柔道が強くなっていく物語

 ではなく

 物語の最初から、オリンピックの金メダル候補くらいの強さの猪熊柔にどうやって柔道をやらせるか

 っていう作品。
 変な話、ある種の「俺TUEEEEEEEEEE!」的な作品と言えなくもない。
 ただ、けっこういろんなとこで泣ける。
 ヤワラが名作なのは、ヤワラと柔道がどうこうよりも、他のサブキャラ達の描かれ方が良いからだと思う。
 柔がどうこうよりも、富士子さんのからみで泣くほうが多い。

 そんなことを考えた元日だった
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。