2011年01月29日(土) 01時19分52秒

誰か…誰か教えてくれ…

テーマ:日記

エヴァのパクリだとは…思いたくない

定あきです


 先日、ラーゼフォンのTV版を全部見たんですよ。今更。

 で、単刀直入に言うと、最後らへんは意味が良く分からなかったんですよ。


 オリンとイシタルとヤオテオトルという単語がやけに耳に残ってるんですが、オリンがヤオテオトルの心臓とイシタルを手に入れると、とんでもねぇことが起こるとかなんとか…。

 それが世界のシステムだとかなんとか、パツキン姉ちゃんの姿をしたおじいちゃんがそれっぽい事を言っていましたね。

 今思いなおすと断片的に追っていける気がするけど、でもさっぱりわかんねぇ。

 最後の方で綾人ラーゼフォンと久遠ラーゼフォンが向かい合って攻撃しあった時に、ハルカさんが戦闘機でビューンって上昇してきて、その瞬間にバラバラに吹き飛ばされるという、全く面白くない冗談を見せられた時は「ハァン?」って気分でした。

 最後、結婚して子供が生まれた様子が描かれてたけど、あれなんで生きてるの?世界作り変えちゃった系なの?


 なんかラーゼフォンはエヴァのパクリ的な意見が多いんですが、確かに主人公が中途半端にヘタレなところと、終盤が意味不明になった辺りは似てるなぁと思います。

 エヴァのしんちゃんは、序盤は訳もわからずエヴァに乗せられて「正直迷惑」みたいな感じだけど、レイやアスカと仲良くなっていって、俺の時代がきてんじゃね?みたいな感じで少しずつ自信をつけていく感じですね。

 ラーゼフォンの綾人は、まずいきなり訳も分からぬ状態で何故かラーゼフォンを操縦。で、人間が攻撃されていてもたってもいられずパイロットに。「僕が乗るしかないんだ!」みたいな感じでまず吹っ切れますね。

 ただ、綾人のアップダウンの多さに首を傾げました。


 東京ジュピターから脱出、テラに居候、「僕はラーゼフォンのパーツ扱いですか!」みたいな感じで拗ねる。おじさんの家で家庭のぬくもりに触れ和解。

 ラーゼフォンを戦闘時以外で動かせなくて役立たず扱いを受ける。拗ねる。でもやっぱり戦闘時にはきちんと戦えたから和解。

 実は自分がムーリアンだという事実が発覚、拗ねる。「ムーリアンだって構わない、僕は僕!妹さんは絶対に守ります!」テラの抑止を振り切って東京ジュピターへ突入。超強気モードに。

 「妹さんは絶対に守ります!」とか威勢良く言ってたくせに東京ジュピターに入った途端超ヘタレに戻る。お母さん怖い。お母さんの所から逃げる時にヒロコを保護。「ヒロコは俺が守る!」強気モードに。

 ヒロコ死亡、死んだ魚の目モードに。ヒロコの元カレと再会。なんか殺されるとか言ってるから「こいつは俺が守る!」と再び強気モードに。

 しかし裏切られる。かなりショック。


 という感じで、アップダウンが続くんですが、理由があって落ち込むところは分かるものの、いつのまにか立ち直ってるという感じが強かった。どうして立ち直ってるのかが良く分からない。

 その辺、なんかおかしいなと思った。

 まぁ綾人のアップダウンはともかく、結局、どうして最後は何事も無かったかのごとくハルカさんと夫婦やって子供が生まれてたのか良く分からない。

 精神世界みたいなところで「あの女の子は、実はハルカさんだったんじゃ!」って事が発覚したら、ハルカさんが戦闘機ごとラーゼフォンに吹き飛ばされた現実は無かった事になったのか…。


 誰か、あのアニメの筋書きと意味が分かる人がいたら、説明を希望します。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011年01月25日(火) 01時21分21秒

いるところにはいるもんだな…

テーマ:日記

はぁ…ほんと疲れた

定あきです


 空気が読めない人間、というのは別にオタクかどうか関わらずいるわけですが、まぁ思うに圧倒的にオタクに多いと思うんですよ。

 自分も、今でこそ割と空気が読めない程度の人間ですが、小・中学時代からめちゃくちゃ空気の読めない人間という状況を経てここまでやってきた訳です。

 まぁしかし、会社の同じチームに、例えて言うならげんしけんの原口など比ににならないくらい空気が読めずうざい人間がいました。

 今までは、おそらく定あきを越して会社で一番使えない人間、というだけの認識だったんですが、先日、遅めの新年会がありまして、その使えない人間、ここではK氏としましょう。このK氏と同席で飲み食いをした結果、使えない上に、まともにコミュニケイションが取れる相手ではないということが発覚しました。

 どのくらい空気が読めないかというと、退勤時間のタイミングの問題で、参加者は50人前後はいたものの、開始の21時過ぎではまだ15名程度しか集まってなかったんですが、その15人がいくつかある卓のうち、3つの卓に集中して座っていて、K氏の座っている卓から、1人また1人と、人がいなくなっていくという現象が起こるくらい、同じ席にいるのがためらわれるような人間でした。


 何人か話せる人がその卓に座っていたので、定あきも軽い気持ちでその卓に座ったんですが、定あきとK氏を含め4人しかいなかった人数が、他の席の話題に巻き込まれまず1人減り、その流れでまた1人減り、いつの間にかK氏と2人きりという残念極まりない状況に。

 なんとか頑張って会話をしていたんですが、定あきがモンハンを含め携帯ゲーム一切をやらないという前置きをしたにも関わらずモンハンの話題を振ってきたりと、今すぐにでも他の卓に行きたくなったけども、飲み会の席で人数が大勢いるのに、卓に1人って、その状況はなんていうか、いろんな意味であってはならないだろうという無駄な気遣いをしてしまい、頑張って2人きりの状況に耐える努力をしてしまいました。

 しかし、K氏と2人きりだとさりげない日常会話を成立させるのすら困難であり、正直にいってK氏はイケメンには程遠いし、会話をしたら10人中9.5人は引いてしまうようなコミュニケーションベタで、趣味はオタク趣味のみ。という人として残念極まりない性格。


 以前、このK氏とマネージャーが、結婚に関して会話をしていて、マネージャーが「お前将来どうするつもりなんだよ?」とK氏の人間性を心配して言ったところ、「30までには結婚できるでしょう」とのたまった為、マネージャーが「お前人生舐めてんのか」と軽ギレしたという顛末を先輩から聞きました。

 これについて話題を振ると、「いや、そんな事言ってないっすよ!30までは好きに遊んで、それから真面目に考えるって言ったんですよ」と、定あきも軽ギレしそうな発言をしました。

 このとき、もう1人卓にいたんですが、このもう1人は30歳にして女子高生を彼女に持っている甘いマスクを持つイケメンでして、このイケメンが「30までは好きに遊んで、女性関係はそれから…」みたいな発言をするのは、そのイケメンさんの現状から考えても頷けるんですが、女性経験無し、会話もまともにできない、言動がキモイ、という、キモオタ定あきの目から見ても、ダメだこいつ早くなんとかしないと…と思える人間が「30からでもなんとかなるでしょ」みたいな事をいう訳です。

 じゃぁ何を根拠に30歳から女性関係が進展させられるのかと聞いてみると「ゲームを通じて彼女を作ろうと思います。具体的にはモンハンとポケモン」と、とのたまいました。K氏はポケモンとモンハンにおいては、特にポケモンについては、モンスターがレベルアップの際に上昇するステータス値の乱数をマスターしている。というくらいポケモンには熱を入れている人間で、そのポケモン知識を持ってすれば、同じ趣味の女性を落とす事など造作もないと思っているようでした。


 マネージャーではないですが、この男あまりに人生舐めてんなと思い、自分がいかに愚かな事を口走っているのか、定あきだけでは分からせるのは不可能と判断し、人が集まっている2つの卓の、比較的静かに話す卓の方へK氏ごと移動しました。

 これにより定あきは、多数の人間の客観的意見を聞かせると同時に、K氏と2人きりという生き地獄を脱出することに成功。

 その座った卓には、男性が3人、定あきとK氏が新に加わって5人になった訳ですが、まずその3人に女性経験が無い、コミュニケーション下手、趣味はゲーム。という要素で、30過ぎてから女性関係を円滑に進めることが可能と思うかという意見を求めたところ、満場一致で不可能という結果に。

 しかし結局、どれだけ諭したところで本人は気にしていいない様子で、まず人をバカにしているとしか思えない「ありがとうございます」を「アダマース」という体育会系の挨拶のような言い方辞めろと言っても直らず、別にその言葉自体が悪いわけではないんですが、なんでもないことでそれを連呼したり、敬礼に合わせて言ったりと、うざい事この上ないしバカにしてるようにしか見えないと言っても直す気も無し。

 そういう態度だから、元々同じ卓に座っていた人間は当然離れていくし、会話も成り立とうはずもなく。そのうちもうK氏に対して話題を振りたくもなくなり、無理にK氏を含めた話題を出すような事はせずにしていたら、明らかに話題を振ってもらいというような様子でキョロキョロしだす。

 知人相手にはめっぽう寛容な定あきですが、本気で殴りたくなるという衝動を抑えました。


 まぁこうやって書いていると、それって定あき余計なお世話してんじゃね?って思われるかもしれませんし、実際そうなのかも知れませんが、この日は飲みの席だったから皆多少寛容になっていましたが、現実にはK氏は毎日のようにバックヤードでマネージャーにガチで怒鳴られるくらい仕事できないし、おそらくチーム一寛容である定あきの元教育係りである先輩社員すらもK氏苛立つくらいで、今現在同じ部署でも厳密には分野が異なっていて、定あきはこのK氏から仕事上で直接被害を受ける事はなくても、こいつ放置したらいつか地雷が爆発しそうだと思い、最低限目に余る言動は矯正せねばならんと思ったわけです。

 今直接被害を受ける事は無いと書きましたが、実際にはK氏が元いた別のフロアのチームからあまりの使えなさに人手不足のうちのチームに異動してきた直後、後は商品を包んで出すだけという、新入社員にやらせても間違えないような仕事を頼んで、それを間違えるというミスをしたので、厳密には被害受けてるんですけどね。


 会社の営業時間が終わって、それからの退勤組が店にゾロゾロとやって来た時、K氏に人とのコミュニケーションを学ばせようと、リーダー格の面々が座っている卓へ行って、比較的仲の良いリーダーに「リーダー!K氏、ここに座らせても良いですか?」と問うと「嫌です、すみません勘弁してください」とガチで嫌がられました。

 とりあえず、あのイラっとさせる言動が無くならないようであれば、今後同じような席が設けられて、卓に孤立しようと、放っておく事にしようと思う定あきであった…。


 これって個人の誹謗中傷にあたる気がするけど、匿名だからセーフだよね。

 本当はこの話には軽く触れるだけにして、見終わったラーゼフォンについて語りたかったんだけど、それはまた次の機会に…。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年01月22日(土) 03時27分37秒

俺だって…胃をやることぐらいある…

テーマ:日記

まぁ…そりゃ腹も壊れるわ

定あきです


 先日、胃の調子を悪くして体調を崩しました。

 まぁ本格的に悪くなったのは休みの前日の仕事中なので、なんとか耐えて休みで回復させましたが。

 影響で風邪を引きかけたのですが、なんとか無理矢理治しました。


 久々にスーパーでトンカツを買ったので、カツ丼にして食ったのですが、まず母親の作った夕食を食ってから更にカツ丼を食うというコンボにした為、まずお腹がパンパンに。

 そして、翌日の朝、残しておいたもう半分で更にカツ丼をもう一杯。

 ま、おそらくこれがトドメだったんじゃないかとね…。

 出勤して働いて、昼休みの休憩の後、みるみる胃が不快感を訴え、小休憩で牛乳とカルピスを飲んで対処するも改善されず、体調悪化。

 胃が痛いとかではなく、ただひたすらに胃に異物がある感じというか、延々消化されない何かが胃にあるというか…。

 この日はとりあえずすぐ風呂に入って暖かくして寝ました。


 そして翌日、仕事は休みで体調は回復したものの、安静にしてました。

 昼過ぎまでほとんどのまず食わず、口に入れたのはミカンくらいか…。

 体調自体は回復してるんですが、何かを口にしたり、また立って動くと胃に妙な感覚が戻ってくるので、とにかく安静にしてペルソナ4をやっていました。


 食いすぎで胃がやられるとか…もう、歳だな…。


>mutaさん

 小畑先生!そういう見方もあるのか!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年01月16日(日) 01時41分19秒

綺羅星!

テーマ:ブログ

綺羅星!


 P4をやりつつ綺羅星を眺める日々。

 綺羅星!

 これギャグアニメだよね…。

 嫌いじゃないけど。


 これ日曜の5時にやってんだ。

 どの層が目的なんだ…。


 しかし、これ見てて思うのは、ガイナックスアニメにしか見えない。

 銀河美少年がラガン最終回のシモンにしか見えない。

 でもそれとは関係なく、みょーな色っぽさ、嫌いじゃないぜ。


 綺羅星!


>空想さん

>>銀髪の三石キャサリンだな

 やっぱり

 空想さんは本当に

 分かってる

 な

「絶対に許さない」の台詞の声が根谷美智子にしか聞こえないくらいすごい。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011年01月15日(土) 03時31分02秒

PS3を買おう

テーマ:日記

半年以内にPS3を買おうと思う

定あきです


 未だ全く、PS3に対して、ハードが魅力だから欲しいという気はないんですが…ようやくやりたいと思うソフトがぼちぼち揃ってきた。


 まずACE.R。

 戦闘システムが前作より劣化しているというか、ものすごいやりづらくなって価格も暴落しているという話を聞きますが、別にそれはどうでも良く、ロボ作品のクロスオーバーを楽しみたいというのと、作品オリジナルのキャラの話が見たい。

 でもあのオープニングムービーのセンスの無さは未だに許せない。


 次に戦場のヴァルキュリアシリーズ。

 もうすぐ3作目が出るということで、職場のデモで3のPVをちょろっと見て、ああ良いなぁと思った。

 1にも興味があった。2はよく知らない。


 そして購入を考える決め手になったのは

CATHERINE

 職場近くのブッコフでPVが流れていて、それを見てもんのすごく楽しそうだと思った。

 なんというか、ようやくPS3の無駄にデカイ容量を上手く使うソフトが生まれたと思う。

 ま、正直PS3にどれほどの容量があるかは知らないんですが、もうちょっとしたパソコンみたいなもんでしょうアレ。

 発売初期から少し前のFF13に至るまで、グラフィックとムービーをただただ豪勢に盛り込んで空き容量埋めるだけのゴミみたいなゲームしかないと思っていましたが、ようやくその無駄にデカイ容量を活かせる製作側が増えてきたんじゃないでしょうかね。

 元々ペルソナ3,4が好きで、そこのスタッフが作ってるというのが正直大きな理由なんですが、ファミ通で何度か記事をパラパラめくってちょろっと内容は知っていたのですが、テーマが「結婚から逃げる30歳」という本当にあそこのスタッフは人間の現実問題をネタにするのが好きだなと思い、こりゃ意外性のある面白いソフトなんじゃねぇかと思ったわけです。

 昨今のゲームで使われるムービーはただただ派手なグラフィックで、「どうこのムービー?綺麗でしょ?」と言いたいだけで面白みもなく、肝心なゲーム性がぐだぐだ。正直それがACE.Rだろうし。

 しかし、キャサリンのPVを見るに、ヴァルキュリアなんかもそうだけど、アニメ作品っぽいゲームではムービーが映えるね。


 驚いた事に、買おうと思ってオフィシャルサイトを見た後に気付きましたが、主人公がビバップでおなじみの山寺宏一、その恋人役が定あきが女性声優の中で最も好きな三石琴乃と、なにこの俺をピンポイントで魅惑するキャスティング。沢城みゆきも好きですが、まぁ超好き!ってレベルではない。

 そんなベテラン声優ばっか使ってるもんだから、アニメーションがまた活きる活きる。

 いくつかのPVに出てくる、恋人のキャサリンの「絶対に許さないから!」って台詞は、もう本当にこれ琴ちゃん?って分からなくなるぐらい感情篭ってて軽くビビる。

 とりあえず有名大御所声優使っときゃ話題になんだろ(笑)的な感じが全くなく、物語とキャラにマッチしてるしねー。

 正直なとこ、山ちゃんはあのちょいと情け無さそうな男に当てる声としては少し男らしすぎると思わないこともないけど、まぁそういうあの人の演技幅を考えたら無用な心配っぽい。


 久々に、発売直後にやりたいってゲームだから、発売日辺りに一緒に買うか、次の給料日にはまずPS3を買ってしまうか…。

 とりあえず今日はもう寝よう。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011年01月12日(水) 23時33分05秒

部屋が、暖かく、ならない

テーマ:日記

まぁ別に暖かくなくても気にならないんだけどさ

定あきです


 珍しく仕事から帰って自室で読書に耽っていたのですが、どうも行き帰りの電車の中で読むような感覚にならないなぁーと思っていると、ピロン!パリィ的な感じでひらめき、部屋が寒いからじゃね?となりました。

 ちなみに定あきはまともにロマサガシリーズをやった事が無いので、いまいちパリィの効果が分かりません。とりあえず言葉からして敵の攻撃をいなす感じの何かだと思っております。

 だいたいロマサガシリーズって、初期のFFみたいに、レベル制じゃなくてステータス強化制なんだもん。加えて技覚える条件もわかんねーし、攻略サイト見てもさっぱりだし。

 部屋が寒いならと設定温度マックスにして本を読み進め1時間程経過。しかしまったく部屋が暖かくならない。なぜだ。

 ちなみに先日、仕事の都合で早朝に電車に乗ったら、車両の暖房が全くかかっておらず、冬でもあまり厚着をしない定あきが死にそうになっていたのは有名な話。

 暖房が設定温度マックスで部屋が暖まらないってのもおかしな話だが、簡単な話、部屋は暖まっていたのだけども、それを定あきが体感できなかったというだけなのです。

 なぜなら定あきは、床に敷いた布団で寝ッ転がりながら本を読んでいたから。

 恐らくエアコンから排出された暖かい空気は、物理法則にしたがって上昇していき、また冷えた空気は下降してくる。そして定あきがいるのは床。

 暖房意味なし。

 マジな話、設定温度マックスで暖房つけて少しも暖を感じれないとか、どんだけシビアなんだよ物理法則。

 ま、読んでる本が面白すぎてそんなに気にならなかったけどさ。


暁の天使たち

 を5巻まで読み終わりました。

 定あき、満25歳、今までいろんな小説及びラノベを読んできましたが、中には一際印象に残る、面白い作品も多かったです。

 爆れつハンターの、ギャグでお色気モノだけど人情味あふれる話が好きでした。

 魔術師オーフェンの、外界の神が世界を包む結界を壊そうとするのは、世界を壊そうとしているのではなく、ただそこに結界があるからだという最後のオーフェンの発想が好きでした。

 空の境界の、彼女を閉じ込めておきたいのなら、特殊な空間なんか用意するんじゃなくて、コンクリートで固めてしまえばよかった。という認識の齟齬による状況の打開が好きでした。

 戯言シリーズの、あのみょうな中二的な感覚が好きでした。

 おいしいコーヒーの入れ方の、延々と続くやきもきさせる勝利とかれんのやりとりにはほんとうにやきもきして好きでした。

 皇国の守護者の、新城直衛の人間性とそれが織り成す人間劇、また戦争における登場人物達のやりとりが好きでした。


 が、声を大にして言いたい。

全部茅田砂胡の本には敵わねー!

 とね。

 もうこの作者は物語を書くという面では天才というかもうなんというかとにかくスゲー!

 でも桐原家の人々シリーズは例外ね!

 あれは現実社会が舞台だから、ちょっとこの作者が話を描くには舞台が狭すぎる。

 デルフィニア戦記は、黄金の狼天使リィが中世風ファンタジー世界に迷い込んで、その世界の一国の王ウォルと大陸を平定する一大ファンタジー戦記、デルフィニア戦記って言うくらいだからね!

 続くスカーレットウィザードは、大財閥の総帥ジャスミンと海賊の王ケリーの新婚生活を描いたSF新婚生活物語(壮絶な宇宙バトル付き)。

 そして両作品のキャラクターが交差するのが暁の天使たち。

 闇の天使ルゥが、ファンタジー世界に迷い込んだリィを、その世界で見つけた月の天使シェラと共に元の世界に連れ帰り、その元の世界で闇の天使ルゥが出会った、自分を畏怖しないケリーと、ケリーの息子ダン、その息子ジェームス。また、月の天使であると同時に生粋の暗殺者であるシェラの元同業者ヴァンツァーとレティシア。

 彼らが始めて同じ世界に存在する物語を描いたのが暁の天使たち。

 なにがスゴイって、もともと茅田砂子はデルフィニア戦記の前身となる「デルフィニアの姫将軍」って小説でデビューして、それが加筆修正されて全18巻の大シリーズ作品となったのに、その主人公のリィと、物語の後半に出てくるルゥとシェラ。この3人をメインとして、別の世界を舞台にまた1シリーズの小説を書いているということ。

 それが暁の天使たちなんですが、そもそもそも暁の天使たちの話の半分は、スカーレットウィザードというデルフィニア戦記の次に書いた作品の登場キャラクターで構成されているということ。

 そもそもスカーレットウィザードの舞台となっているSFの世界が、異世界に迷い込んだリィの元々いた世界で、スカーレットウィザードはリィが異世界に迷い込むより前、そもそもリィが生まれる少し前の話。

 時系列的にはスカーレットウィザード→デルフィニア戦記→暁の天使たちになる。

 まぁデルフィニア戦記はあくまで異世界の話だけど、デルフィニア戦記の世界では7年くらいが小説の中で経過した時間だけど、その7年は元の世界では3週間程しか経ってないという設定。

 同棲していないリィの母親は3週間ぶりに会ったリィに対して、見た目は変わってないのにまるで別人のように成長したように見えるわ。と言っている。

 デルフィニア戦記を書いている時点で、これらの作品を後々書く事を前提としている設定が多くてビビるね。


 暁の天使たちは、本編全6巻で構成されていて、前2巻が異世界から戻ってきたリィと、異世界からやってきたシェラがSF世界に馴染んでいく話で、3巻からスカーレットウィザードのケリーとジャスミンの話が混ざってきて、4巻でケリーが登場、リィ達と絡んで、5巻でケリーとジャスミンが再会する。6巻はまだ読んでない。

 きちんとデルフィニア戦記とスカーレットウィザードを読んでいると、物語の端々でその元ネタが出てきて面白い。

 ケリーが自分の妻であるジャスミンの事をリィに説明する時「どちらかと言えば女房はお前に似ているな」と言われたリィは「つまり、乱暴者なんだな?」と言い返したり、ジャスミンがケリーに再会する際、悪役的な何かに再会を邪魔された際、ケリーに対して憤慨していたジャスミンは「夫婦喧嘩は人に見えないところでやるものだ」と悪役に言うと、それをルゥの能力で中継を見ていたシェラが「まったく正しい配慮です」とリィの傍らでつぶやく。横にはそのシーンのイラストページ付きでシェラの真剣な顔が描かれている。

 というのもの、デルフィニアの世界では国王のウォルと仕方無しに結婚したリィは、とある理由で一度だけ、城内でウォルと派手な夫婦喧嘩をする。国王の執務室で部屋の中の家具がメチャクチャになり、局所的にその部屋にだけ嵐がやってきたような状態になったが、その様子をシェラも、また国王の親しい臣下達も見ていたという話がある。

 シェラがジャスミンの言葉に対して「正しい配慮です」と言った後、リィが「お前俺に何か含んでないか?」という台詞はそこからきている。

 実はこの辺りの話も、内容としてはかなりシリアスなシーンのくだりで、状況も政府の裏組織にとらわれた夫のケリーをジャスミンが取り戻しに行くという状況なのだけど、キャラクターを知っている読者からすればギャグにしか思えないようなシチュエーションだったりする。

 各キャラクターの内容はこんな感じ。


リィ 

 ルゥの相棒で、特殊な能力を持つ人間の為、生まれた直後に本当の両親からルゥが引きとり、狼の夫婦によって育てられた金髪の少年。性別は男だけど、デルフィニアの世界に迷い込んだ際に何故か女性になっていて、追われていたウォルを助け、ウォルが国王と返り咲く手助けをした為、ウォルとその親しい臣下達の強い要望によりそのまま城に残り、成り行き上、仕方なく妻となり王妃となった。超強い。


ルゥ

 リィの相棒で、いわゆる神ともいえる一族の最も若い存在。リィの剣の師匠でもある。ケリーの息子のダンが家出するのを手伝い、ダンの息子を育て、ジャスミンを失ったケリーの話相手でもあった。超強い。


シェラ

 デルフィニアの世界で、最も怖れられた暗殺者一族のエースの1人。ただ、シェラを含む多くの一族は、自分達がそのような暗殺者の一族であると知らずに育てられ、動かされている。そこでリィを殺すように依頼され、返り討ちにあったが、リィはシェラを面白がって手元に置いた。また暗殺者一族はシェラがその頭領を倒したことにより、シェラを残し全員死んだ。身よりもなにもないシェラは、リィがルゥによってもとの世界に帰る際、一緒に連れて行ってもらった。基本的に女装をして仕事をしていたくらいの銀髪美少年。かなり強い。


ジャスミン

 クーア財閥という、宇宙一大きい財閥の後継者。お嬢様学校で育ったと思われていたが、実は軍に入隊して、上層部から頭痛の種の思われるくらい活躍していたすごい人。財閥を継いだ跡、自分を失脚させようとした財閥幹部達を逆にボコボコにした。ケリーには、1年間の期限付きで結婚を迫って、夫婦の関係となった。が、遺伝子異常の肉体で出産した数年後に余命いくばくもない上体でコールドスリープした。身長190cmくらいある女の人。めちゃ強い。


ケリー

 キング・オブ・パイレーツと呼ばれるくらいスゴイ人。海賊が金持ちと結婚するなんて冗談じゃないと思っていたが、いろんな縁があってジャスミンとの1年間結婚生活に同意した。パラス・アテナと呼ばれる特殊な宇宙船の持ち主。自分の過去を掘り起こそうとする人間は必ず殺す。ジャスミンが眠りについた後、クーア財閥をさらに大きくした。めちゃ強い。


ヴァンツァー

 シェラと同じ一族の暗殺者。若干シェラより強い。シェラの手によって殺されたが、ルゥによって宇宙世界で蘇らされ、普通の大学生として生活している。かなり強い。


レティシア

 シェラとヴァンツァーの一族では無いが、客という形で仕事をしていた殺戮者。リィと同等の戦闘能力を持ち、シェラやヴァンツァーより戦闘能力が頭一つ抜きん出ている。リィが異世界から帰る際、勝負を申し込んでリィに殺されるが、宇宙世界でルゥに蘇らされる。ヴァンツァーと同じく元の世界では成年であったが、2人ともよみがえらされた際に十代後半の肉体にされて大学生をやっている。超強い。


ダン

 ケリーとジャスミンの息子、昔からルゥに助けてもらってばかりいる。一番弱いけど、普通の人。


 こういう規格外のキャラによって繰り広げられる物語。

 さらに後のシリーズのクラッシュブレイズでもそうだけど、リィ達の場合は、まだ青年の手前のような子供だから油断して手加減する→即返り討ちに会う。だいたいそんな事の繰り返し。

 ケリー達の場合は、十数人で銃を突きつけてこれでは身動きも取れないだろうと勝手に優位に立つ→即返り討ちに会う。だいたいそんな事の繰り返し。

 あと6巻を残すところとなったけども、とりあえずまだ外伝とクラッシュブレイズがごっそり残っているので、まだまだ退屈しそうにない。

 多分全シリーズ読み終わったら、しばらく反動でダウンすると思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年01月10日(月) 01時28分59秒

アルセーヌ様はエロいと思う

テーマ:日記

ミルキィホームズ2期があるとするならば、それは2期というより殆ど2クール目になるだけのような気もする

定あきです


 ミルキィホームズを最後まで見た。

 面白いとかつまらないとか、そういう次元の作品では無い気がする。

 とりあえず、チェリさんにゲームの内容を聞いてみない事には、なんにもわかんねぇ。

 あれは2期への布石だと思おうにも、作品そのものが破天荒過ぎて布石とか関係ねぇんじゃねぇかとしか思えないし、あのラストのキャラの中身声優じゃねぇだろ。スタッフロール見て無いからわからんけども。


 個人的にはトイズ戻ってよかったねばんざーいで終わって欲しかった…。

 ただこの作品はああいう終わり方をすべき作品であるような気もする。

 

 しかし、終始アンリエットさん及びアルセーヌ様のエロさにはやきもきさせられた。

 ああいう露骨なエロさも、まぁ悪くない…。

 ああ俺も、PSPのゲームがやりたくなって…こない。

 寝よう。


>mutaさん

 ありゃーっす

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年01月03日(月) 00時24分41秒

年始年末

テーマ:日記

どうも、定あきです


 31日が休みだったので、3年ぶりくらいにコミケに行ってきました。

 まぁ年末ぶっとおしで出勤ってことはそんなに無いので、3日間のうちどこかしらは休みになるんですが、3日目に休みになったのは偶然で、まぁどうせ3日目休みなら行ってやろうということで、行ってきた次第。

 前々日に急いでカタログを用意、チェックするも、あの頃の情欲を急速に失いつつある今、30前後のサークルにチェックを付け、エロ同人を買い漁っていた定あきはもうおらず、とりあえずブロンコ一人旅とふにゃふにゃスタジアムのギャグサークルの他は、7,8このガチエロ同人を描いてるサークルにチェックをつけるだけとなりました。

 翌日に仕事へ行き、仕事が終わって帰ってそのまま出発の支度をし、夜中の2時ごろに家を出発。

 途中3時間近くかけて職場の人間を2人とその弟1人、計3人を拾って会場へ。

 朝5時前に列に並び、開始を待つ。

 ちなみに、同行している3人は3人とも完全にコミケ初参加という無謀っぷり。

 初参加なら初参加で、精々始発程度にすればいいものの、個人的にはいまさらあのくそ窮屈な電車なんて乗ってられねぇという思いから家の車を使った次第。


 定あき、夏も冬も毎年そうなんですが、開始早々駆け込む場所はトイレ。

 列整理の前にどれだけトイレに行っても、何故か条件反射で開始直前に尿意に襲われる頻尿っぷり。

 とりあえずその後は、4人とも別行動。

 ハッキリ言ってあの会場を4人で動くのは効率が悪いというか無理だろいうというか…。別に組織買いする訳じゃないから効率とかどうでも良いけど、俺のガチエロサークルめぐりに付き合わせるのもなんかアレだしさ。


 東で8サークル程、西で3サークル程周り、時間があるならと最後は猫娘亭へ向かってみましたが、12時前だというのに売り切れていました。

 まぁギャグはふにゃふにゃスタジアムとブロンコと死んだつもりでが買えたので別に良いですけど。ブロンコはエロもあるけど。

 12時半を回った時点で予定を消化し、あまりの混雑ぶりからスルーしたサークルに戻ってみようかとも考えましたが、面倒だったのでもう終わりにしました。

 1時間500円の駐車場から車を引き上げ、他の面々が終わるまで会場の周りをグルグル周る定あき。

 なんだかんだで1時過ぎには皆買い物を終え集合。

 久々にみかんさんとも会いました。

 家もそんなに遠くないし、互いの職場はさらに近いのに、何故かコミケで久々の再会。軽く語らった後、彼は仕事へ…。


 定あき達はすぐに帰途へつき、そのまま昼食へ。

 飯を食った後、まず職場の後輩を1人自宅に送り届けたのですが、そこからが地獄…。

 定あき、前日が仕事な上にその夜寝ずに車を運転していて、途中睡眠らしい睡眠はいっさい無し、強いて言えば酷寒の中で小1時間まぁ寝ていたような意識が飛んでいたような…。という感じ。

 そんなんで、いいかげん意識が危うくなる。

 ハンドルを握っていて眠りそうになったことなど全く無かったのですが、信号で停止する度、1~2秒くらい、何度も意識が飛びました。

 ええ、マジに飛んでいました。

 人を2人も乗せているという状況から、手の甲を噛んでまで眠気に耐えていました。

 2人を下ろしたら、近くのコンビニで水を買い、そのまま小1時間仮眠。多分ここで寝ていなかったら死んでいたと思う。

 ここで仮眠を取ったおかげで、なんとか眠気地獄から脱出。

 そして道を間違え30分くらい同じ場所をぐるぐる回る。やっぱり東京の道はわかりづらいな。


 コミケに行かなくなるまでの数年は、毎度車を出していたのですが、それでも運転中に眠くなるなんてことは全くありませんでした。

 しかしまぁ、前日は朝から仕事だし、そのまま寝ずに出発して酷寒の朝を耐え、マナーのマの字もねぇクソオタクどもに押しつ押されつ同人を買い漁り…そりゃ寝落ちしかけても仕方ないっちゅーねん。

 今までなんて、精々前日の昼頃から寝てそっから運転で、疲労0からのスタートだったのに、今では6割くらいダメージ蓄積してからのスタートだから、そりゃもう身体がもたないはずだわ…。

 そんなこんなでまぁもう2,3年はコミケに行かなくて良いなと思いました。


 そして年は明け2011年へ。

 朝に起きてポストを覗くと年賀状の束が。

 12時前に起きて誰も年賀状取りに行ってねぇってどうなのよ。

 しかし珍しい事に定あきへの年賀状が3通も来ている。

 年末はコミケの準備で忙しかった為に、年賀状を書けるはずもなく、しかして年賀状を用意するのがそう嫌いでも無い定あきは、家のプリンターのインクが切れそうだと言うことを把握していて、既に30日の夜にインクは購入済み。

 年賀状のイラストはもう考えてあったので、15分程でレイアウトを完成させ、即印刷、即書き込み、即投函で、15時くらいには年賀状も投函し終えていました。


 そしてやはり年末はコミケの準備で忙しかったので大掃除なんてできたはずもなく、しかして数度にわたるブックオフ巡りの結果、書籍の山と化している部屋をそろそろガチで掃除しなきゃやべぇんじゃねぇの。と思い、2時間程かけて部屋を掃除。

 劇的ビフォアー・アフターの様子をご覧頂きたいものの、撮った写真で見ると、これほとんど変わってなくね?というくらい綺麗になった様子が無い。

 散らかっていた床はかなり綺麗になっていたのですが、部屋ほ中央に鎮座しているプライズの山は依然健在で、どうしようもなかったとです。


 掃除が終わったら、攻略中のP4をすすめようかと思っていたのですが、ブックオフで買った相川有の「バタフライ」を読むことに。

 5巻まで買っていたのですが、2巻くらいまで読んだ段階で、極楽蝶の時の記憶がよみがえる。

 元々相川有を知ったのは、電撃ガオでやっていた「DARK EDGE」というオカルト的な漫画だったのですが、それを15巻まで描いていて、その前は原作付きの作品で聖痕のジョカという漫画を新旧4巻ずつ描いている。

 その後、極楽蝶という漫画を3巻出しているのですが、バタフライを2巻まで読んで、5巻まで持っているという現状に対して…


もしかしてこれ、5巻で終わりなんじゃね?


 という事実を予測し、現実のものと知る。

 この作者、結構話の起承転結を綺麗にまとめるのが上手く、作品そのものはあまり長続きしない。

 まぁ人気が無いといえばそれまでなのかもしれないけど、定あきはこの人の漫画はけっこう好き。

 しかし極楽蝶という漫画が3巻で一応きちんとオチがついて終わったにせよ、個人的には唐突に終わった記憶がフラッシュバックし、もしかしたら、バタフライもダラダラ続くんじゃなくて、5巻でスパっと終わってるんじゃね?と思っておもむろに5巻の最後のページを見たら5巻で完結していました。

 はえー、おわんのはえーって思いました。

 でも月刊誌のバーズで5巻まで出すって、結構長いんじゃないかなぁとも思いました。


 それが読み終わって18時過ぎくらいからは、もうずーっとP4。

 とりあえずボイドクエストまでクリアしました。

 そんな感じで、年始年末を過ごしましたとさ…。


>農業さん

 結局のとこ、何をどう面白いと思うかは人それぞれなんでね…。

 定あきは意味わかんねーと思っても、きっと世間でのあのアニメの評価こそがあのアニメの面白さな訳で、じゃぁあれもそれなりに面白いに違いないんだろうねと、とりあえず実際のところ、別にどうでもいいんじゃないかとおもう訳です。


>空想さん

 みんなの知っている俺は死んだ…。

 今ここにいるのは、ただの家電量販店店員さ…。


>mutaさん

 あれはなんだろう、千葉のご当地アニメにでもするつもりなんでしょうかね…。

 ま、確かにあそこはアニメととかありますけどね。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。