1 | 2 次ページ >> ▼ /
2008年03月31日(月) 02時58分35秒

乳首ピアス注意され謝罪要求

テーマ:日記

このブログの紹介してくるニュースは微妙なものしかないのか

定あきです


 ニュース記事

 このニュース、ブログにネタとして使えるんじゃない?というニュアンスであるのかどうかよく分からない、更新画面の右側で紹介されるニュース。

 ほかには美味しいから揚げの作り方とか、Tバック中学生が卒業とか、このブログの運営はあれか、エロネタ大好きか。


 WA2を攻略する日々。就職活動?なにそれ?美味しいの?

 どうせうちみたいな最底辺大学出身者なんて、もっと後になって企業が残り物を選ぶ段階にならないと取ってくれねぇよ!!

 という言い訳で現実逃避するのもそんなに悪くないと思います。

 どうやら春休みは今週一杯まであるらしい。長いな…。

 もう時期的に誰を誘えるでもないし、割と現実が一人ぼっちだぜ…。そろそろアパートに戻って引き篭もろうかな…。


>一撃さん

 画面を真ん中で左右に分けたその真ん中に注目
コラ沢さん

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008年03月30日(日) 02時31分54秒

今期ナンバー1です

テーマ:日記

どうも、メインヒロイン推進委員会からやって参りました

定あきです


 どうにも巷では、メインヒロインより第二第三の予備ヒロイン達の方が好まれる風習になりつつありますが、それでも定あきはメインヒロインこと湯浅ヒロミが大好きです!

 とうとう終わってしまいましたtruetears 、序盤から中盤に掛けては血縁の問題から恐るべき女の嫉妬でドロドロのグチャグチャな展開でしたが、何故だが中盤からはスッパリあの子が好きとかこの子が好きとかって甘酸っぱい青春な話に転向。その話、俺によし!!


 ピロミ→主人公ゲット

 アイちゃん→みよきちゲット

 のえ→友達ゲット


 なんだかんだで大団円だといえないことも無いかもわからんね。(のえ不遇だよ!不遇だよのえ!)

 とりあえず定あきの希望通りのカップリングになったのは良いんですが、そこから先がものごっつい気になります。しんちゃんとピロミが長年のわだかまりを超えて彼氏彼女の関係になりました。

その先がきになるの!

 後日談と言うか、しんちゃんとピロミのキャッキャウフフな一部始終を見たい!なんて言うか、話そのものはサッパリ終わってしまったわけですが、それ以上にその先が気になります。


 そう言えば、ガンダムOOも終わりましたね。

 どう見ても、ティエリアとアレルヤが生き残ってるのは別に機体が爆発とかしなかったのでなんとなく分かるんですが、ハム山がハム仮面になって生き残ってるのはどうかと思うんですよ。

 自分の機体が爆発する光に照らされつつ
 「お前達のかたきはとったぞ…」

 とかって大爆発起こしておきながら生きてるとか、ガッカリもいい所だよ!


 ロザリオとバンパイアも終わりましたね。

 最終回しか見てないのでよく分かりませんでした。


 きみあるも終わりましたね。

 朱子は俺と結婚して下さい。


 はぁ…脳内でキャッキャウフフしつつ寝よう

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年03月29日(土) 03時11分36秒

悲しいけど、俺は間違ってないと思う

テーマ:日記

空気を読む必要があったのか否か…、まぁ読んだ方が良かった…か?

定あきです


 水曜に中学の旧友と会った訳ですが、その際に一人が別の友人達と飲み会があると言っていたので、定あきも参加させてもらえないかと言ってみた。

 どうやら中学を卒業した後もちょこちょこ集まっていた固定メンバーらしくて、そこへいきなり顔を出すのもどうかと思ったものの、久々に会いたい面子もいて、幹事に近い女の子も良いよと言ってくれたので、参加するつもりだった。

 ただ、まずはほぼ固定されたメンバーだと言うこと。次に、定あきだけ出身小学校が違うという事で、本当に行っていいものかどうか判断に迷った。更に言うと、定あき、中学のときは本気で空気読めない頭の可哀想な子だったので、あまり周りの印象はよろしくない。と、自分では思っている。

 と言っても、中学卒業してこれだけ時間が経って尚嫌われる程であったとは思わないけど。

 いろいろ悩んだ末、「当日に俺に来いってメールしてくれ、もしくは○○に送らせてくれ。そしたら行くから」と、最終的な判断を向こう側に委ねました。新参の定あきを加えるかどうかは向こう側が選ぶことだしね。


 と言うことで召集のメールを待っていたのですが、結局来ませんでした。

 ただ、そのメールが来なかったという事実が、イコールで定あきがその集団から拒絶された事を意味すれば話は簡単だったんですが、その飯を一緒に食った時のもう一人が曰く「あいつは面倒くさがりだから絶対メールしないと思うよ」みたいな事を言っていた為、そもそも定あきを輪に加えるかどうかすら話していなく、単純に忘れられてね?という可能性が…

 いっそ自分から、「行って良い?」とメールを送ってみようかとも思いましたが、なんかメール送ったら負けかな?って気分だったので不貞寝しました。

 正直、定あきの印象が中学の頃のままだとしたら、そりゃ当然声かけてもらえないわなぁ…って思う。そんくらい中学の頃の定あきはいろんな意味で痛かったんですよ。

 今も更なる意味で重々痛いですが、まぁ、そういうのとはまた別なんですよ。

 会って謝りたい相手がいたんだけどなぁ、後悔先に立たず。

 はぁ、今の記憶のまま幼稚園児からやり直したい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年03月28日(金) 01時58分04秒

更新しようとしたらパソコンフリーズした…

テーマ:日記

はぁ…Dtoolインスト失敗の事後処理きちんとせにゃいかんね

定あきです


 Dtoolって何かって?言えねぇよ…


 さて、今日の日記はこんなもんで…ってあたりまで書いたところでパソコンフリーズ。十数分程度の今日一日を振り返る記憶の発掘作業とタイピングの合わせ技が無意味と化すのは正直キツイ。

 

 もう今日はクラナド見て寝ゆ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年03月27日(木) 02時53分06秒

劇的な一日…まさに劇的な一日!

テーマ:日記

劇的過ぎてちょっともうね、心がついていけない

定あきです


 昼の出来事

妹「お母さん駅まで車で送って」

母「いいよ」

 という会話をしつつも、家を出る準備を済ませ、何故かテレビの前でゴクセンの再放送を見ている妹。

 不良高校の生徒である男が、一目惚れした女の子が悪い大学生にたぶらかされて傷つくのを防ぐために、ボクシングの経験者である大学生に一対一の喧嘩を申し込む。結果はボコボコにされるが、そこに主人公であるヤンクミが登場してクライマックス。

母「ほら、行くよ」

 車の鍵を揺らして鳴らす母。

妹「もう少し待って」

 ゴクセンを最後まで見届けたい妹。

母「ダメ、用事があるから時間ないの」

 妹を待たずに車に向かう母親。そして渋々テレビを消す妹、その口から

妹「KY、KY、マジKY」

 とぶつくさ声が聞こえる。


 この出来事を一通り眺めていた定あき。

こいつはもうダメだ

 と、今後一切末の妹に対して優しくするのを止めようと決意しました。

 人に頼んでおきながら自分の都合、しかも都合と言うのも馬鹿馬鹿しい、ドラマを見ていたいというふざけた理由で母親を待たせ、楽しみを奪われると文句を言い始める。定あきが言うのもあれですが、もうこいつは人間としてダメだとしか言いようがありませなん。

 上が昼の出来事ですが、何故か朝にも、上の妹となんかあったらしく「死ね、マジむかつく、ホント死ね」とブツクサのたまいながら家中をうろちょろして、その上携帯から音楽を垂れ流すという迷惑極まりない事をされており、時間が7時頃。早すぎると言う時間ではありませんが、休暇中大学生の定あきも、仕事が休みな母も普通に寝ていました。

 なんていうか、正直言って上の妹はもう言うに及ばず、下の妹の人格というか社会性も疑わしいものに感じています。定あきも軽く社会人失格な程度の人格破綻者ですが、一応ギリギリの社会生活が送れる能力は保持しています。

 しかしうちの妹達は、人に迷惑をかけて、叱られれば逆切れして、家に帰って暴言吐き散らしながら暴れて騒音を掻き鳴らす。それを諫めようとすればこちらに八つ当たり。もう勘弁してほしいところです。

 正直、うちの妹たちが定あき以上に甘やかされて育っているため、こんなアホになってしまったというのもあるんでしょうが、別にこれはうちの妹たちに限らず、数としてこういう人間って増えてるんだろうなぁと思いました。

 これ以上は冗長気味になるので止めますが、とりあえず、車で駅まで送ってくれる母親に暴言吐くようなアホに優しくするだけの器量は定あきは持ちあわせていないという話です。


 夜に車を使う為に、昼過ぎに車の掃除。例によってワンコの毛だらけの車内なので、毛を取り払って塗れた布でシートを一通り拭いて、トイレ用の消臭スプレーを吹き付けます。後は車内に2つ設置してある据え置きの消臭剤に任せます。

 正直言ってそれだけやっても、我が家の車は一般人には違和感のある臭いを残します。本当にワンコを車に乗せるのは止めてほしい所存。


 夜に、中学の旧友と会って飯を食う。場所はいつものスタミナ太郎。

 一度同じクラスになった事があり、定あきが休学中に予備校で再会したK島くんと、元中学バスケ部中退者の定あきの部活メイト、中学バスケ部部長W辺くん。

 隣町のコンビニで待ち合わせて、車に乗せてスタミナ太郎へ。

 いつもの高校の友人達と違って、更に古い付き合いの友人達。しかもそれ以外の旧友達の話も多く出てきた為、夕方6時半過ぎに入店し、最後の客になって閉店直前までお喋りを続けました。

 W辺君が「明日朝早いから早めに帰りたいんだよね」と言っていたにも関わらず、本人もそれを忘れてずーっと話していました。

 面白話の一つとしてW辺くんは、中学の頃から女の子と付き合っていると言う話があったのですが、どうしてそんな早くから女の子付き合っていたのか?という話になりました。

 W辺君の返答

「んー、勘違い」

 W辺君が付き合っていた女の子はSさんと言うんですが、以下ノンフィクション(らしい)


H「ねぇW辺くん、付き合ってよ」

 と神妙な態度で言われたW辺。

W「ん、いいよ」

 W辺は特に断る理由も無く平然と答えた。これがすべての始まりである

 小学六年であるW辺は、Hのこの「付き合ってよ」と言う言葉の意味を「今度買い物に行くから付き合ってよ」と言うニュアンスで受け取っていた。 

 その後、Hからどこかへ買い物に行くという話が出てこない為、W辺はこの一件を忘れかけるまでに至っていた。

 そんなある日、違う女の子からこう告げられた。

女「あんた、Hと付き合う気あるの?」

 と、剣呑な態度で問われるW辺。

 そう、彼が勘違いをしている間に、学年中のほとんどの人間が「W辺とHは付き合っている」と思うようになっていたのだ。

 その問いに彼はこう返した。

W「ああ、(買い物とかに付き合う気は)あるよ」

 と。

 彼と彼女の関係は、この些細な、それでいて致命的なまでの勘違いの上に成立したのである…。


 KとWは、定あきとは小学校が違うのですが、二人の小学校は、定あきの小学校より全体的に大人びていると言うか、背伸びをしたがる人間が多かったようで、小学6年生程度の年で付き合う付き合わないとのたまうませた子供たちだったようです。

 事実は小説より奇なりとは良く言ったもんだと思いました。

 まぁいろいろ話をしましたが、上の話を含めて、最終的に一番驚いたのは、W辺の家にはテレビが無いという事実でした。


 その夕食の時に就職活動の話をしましたが、「ネットとか駆使してブラックな企業の情報とか集めないの?」とかそういう話になりました。

 定あきは、27日、つまり明日というか今日なんですが、ある会社の説明会に行く事になっていました。

 先日の合同企業説明会の時に、適当に受けた会社のブースで会社の説明会の仮予約を入れて、それが本予約になったらしく、27日に説明会を受けに行く事になりました。

 これで俺も一端の就職活動学生や!!とハリキリ、上で話した「ブラック企業とか受ける会社の風評とか調べないの?」みたいな会話から、ふむ、一端の就職活動学生はそのくらいの情報も集めないとな、と思いサーチ開始。


株式会社ベンチャーセーフネット(VSN)

wikiより転載

――1999年8月に新入社員1300人に対して一時帰休させ、2001年8月には待機社員を整理解雇を行い、2002年9月にもその年の新入社員の一部を解雇

VSNの情報


 完全なブラックじゃんorz

 改めて情報というものの重要性を確認させられました。 

 更に言うと、正直、昨日水曜を25日だと思い込んでいた定あきは、27日を金曜だと勘違いしており、その時差にドラゴノーツ最終回を見ている最中に気づいた定あき

説明会今日じゃん!

 と、完全に脳のネジが弾け飛びました。

 逆転裁判で主人公の成歩道くんに、何故か弁護士のくせに探偵の如く推理する主人公に殺人のトリックの全てを暴かれてしまった犯人の如く頭の中がパニック状態になりました。

 でも、情報を集めれば集めるほどブラックとしか思えなくなったので、今日の説明会はお断りの連絡を入れて辞退しようと思います。

 こうして定あきの最初の就職活動は幕を閉じたのでした…


>みかんさん

 別にされ竜が他の様々なラノベと比べて特別ぶっ飛んでいるって言う感覚はぜんぜん無かったよ。

 ただ作中の技の説明として化学物質の解説は読んでて面倒だと思ったけど、逆に他は全然普通のラノベだと思ったよ。


>委員長さん

 画像の17巻の内容が正に総一郎の父親が出てくるところですね。んで19あたりで終わりだった気がします。

 フルバとカレカノは、定あきの中で二大少女漫画ですね。フルバは正直冗長気味になって興味がうせましたが…

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年03月26日(水) 00時48分10秒

オマケエロ

テーマ:日記

KanonやToHeartのように、最終的にちょろっとエッチシーンが入るものをオマケエロと呼ぶことになりました

定あきです


 ヤング*3で、小野坂さんと伊福部さんがエロゲなんかを語る回があるのですが、その中で「最後におまけ程度にエロがついてるんですよ」という会話になって、そのうち呼び名が「オマケエロ」というものになっていました。


 昼はWA2をやり、夕方にブックオフに行って中古本を漁る。

 レベル上げ大好き定あき、マップの大陸内海にある孤島に、ストーリ中盤の頭から行けて、エンカウントするモンスターはラストダンジョン級と言う製作側のお茶目があるんです。

 なんとかそいつらを倒せるくらいまでは普通にストーリーを進めて、その後はそこでレベル上げ。普通のストーリー上の場所で戦うより2~3倍の経験地がもらえるので、グングンレベルが上がる訳でないんですが、やはり普通にやるよりは簡単にレベルが上がります。

 レベル上げさいこー。

 RPGで時々気に食わないのは、敵の幹部みたいなのと序盤で戦ったとき、戦闘が終わった後、「所詮はこの程度か…」みたいに敵がピンピンして余裕な事。他のゲームでも序盤で強い敵が出るところがあって、そこでレベル上げして、もうラスボスダンジョンでも余裕で勝てるくらいの強さになったりします。それからストーリーを進めて、また幹部みたいな敵と戦った後「所詮はこの程度か…」みたいに言われるのが気に入りません。

 お前らなんか最終段階でも余裕で倒せるんじゃ!!

 ストーリーが序盤だからって、敵の攻撃も大概こっちが死なない程度に設定されてて、それで倒しても「所詮この程度か…」みたいな感じなのはやめて、敵をやや強めにして、こっちが負けるか敵を倒すかで、セリフを二通り用意するくらいはやって欲しい。別に勝つか負けるかでストーリー分けるようなメンドイことしろとは言わんから、セリフくらいは二通り用意してほしいんぬ。


 ブックオフで本を眺めていると、いろいろと掘り出し物を発見した。


収穫


 何故か既に持っているのにWA2攻略本とナデシコのルリAからBへ。

 多分、機動戦艦ナデシコのいろいろな中で、ルリAからBへは、ともすれば劇場版よりも面白いというか、感動する話なので、何冊でも持っていたいのです。100円ですから。

 されど罪人は竜と踊るシリーズは、だいぶ前にラノベ紹介サイトで良い評価を得ていたので、最近になって手を出しました。それなりに面白いので、100円なのであるだけ買いました。

 彼氏彼女の事情は、15巻までしか持ってないので、一応続きは全部知っているので、買える巻を買える時に買っておこうということで買いました。100円だから。

 ブッコフは時々良い物お手ごろな値段で手に入るから良いね。


>一撃さん

 空手は顔面攻撃無いから、そのルールでやれば受け流すのは簡単なんよね。

 関係ないけど、ナイトブレイザーの次はオーバーナイトブレイザーで合っていたよ。


>藍原さん

 P3はペルソナ3で合ってますよ。いろいろと設定その他は面白いんだけど、いかんせん戦闘システム…と言うか、体調があって体調が落ち込むと戦闘が出来なくなるという要素が面倒なんでやらなくなりました。

 関係ないけどアルトネリコ貸してください。この前言い忘れちゃったよ。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年03月25日(火) 02時26分24秒

自分の、練習?

テーマ:日記

そんなものもありましたね

定あきです


 「それ石鹸じゃないから、洗剤だから」

 最近好きになった台詞。

 P3で科学の教師が石鹸について語るシーンで、「最近弱酸性の石鹸なんてものが出始めてるけどね」という台詞の後に来る台詞。

 なんでだか定あきはこの台詞が大好きです。別に今日のタイトルとは何にも関係ありません。


 今日空手の自主練に出て、ミット打ちをしてる最中に指導員の先輩に言われた言葉、「定あき、自分の練習もしなきゃ」と言われたんです。まぁ実際、ミット打ちだけど力として20~30%くらいの力しか使ってませんでしたから、そう言われても仕方無いとは思います。そんだけしか力使ってなかったのは、相手が高校生でしかも女の子だったからなんですけどね。

 自主練に参加する程の女の子なので、まぁかなり強いほうではあります。恰幅が良いので正直体重も平均より上だろうし。別に自画自賛のつもりは全く無いけど、それでも流石に年上のマジ蹴りをミットで受けるのはシンドイだろうなぁと思って精々力出した瞬間で全力の半分くらいだったと思いますよ。その子が大会近いらしいから、そんな凹ませるようなことできないし。


 しかし…、「自分の練習」って言われても、なんか違和感しか浮かんでこなかったな…。

 正直定あきは強くなる為に空手やってる訳ではないので、がっつりやる必要は無いんですよ。自分の考えとしては。強くなれないからそうやって誤魔化してるととってもらっても別に構いませんし。

 自分の強さに興味が無いから、自主練でやる事は専らプロテクター着けて人間サンドバックだし。それでも、ある程度の運動量と技量を必要とするから、自分の練習になってない訳でもないし。ただ、ここ数年まともに基本稽古に参加した記憶が無いので、多分基本は2階級下の人たちと同程度まで落ち込んでるとは思います。

 昔友人からよく言われてました。「お前は本当に向上心が無いな」と。全く持ってその通りだと思います。例えば高校受験の時に、塾に通って勉強して、その期間でものすごい学力を伸ばしましたが、別に向上とかじゃなくて受験があるから勉強せなあかんってでしたし、ある程度伸びたあとは正直ぜんぜん勉強もしませんでした。


 高校の頃は、空手の試合がある前は「勝ちたい」とそれなりに努力する事もありましたが、運が悪いのか努力が足りないのか、対戦相手はほぼ格上で、一度も4位以内に入賞したこともありません。

 青帯(白の次)なのに茶色帯(黒の前)と対戦させられて、本戦では旗1本もらったけど結局延長で、確か3回延長した上で底力で負けた。もしかしたらあの時はもう黄色だったかな。まぁ試合が始まる前に、恐らく対戦相手が格下だからなんでしょうが、こっちを見てめちゃ笑っているので、少し痛い目見てもらうつもりでねばってみせたので、こちらの負けの代償としてスタミナ搾り取ってやりましたけど。相手は次の戦いでシード相手で負けてました。嘲笑っていた格下相手には3度延長試合に持ち越され、シードの茶色帯にボコボコにされてましたよ。

 多分高校生の最後の大会では、他流派のこれまた茶色帯とやりました。あの時は黄色帯でしたが、今思い出しても恥ずかしくなるような負け方をしました。まぁその恥ずかしくなる様な負け方は置いておいて、その茶色帯は今では全国区の選手になってますよ。うちの支部で、定あきより全然やる気があって努力もしている年下の子が「あいつはバケモンですよ、あれには勝てませんよ」と言うほどの相手でした。

 なんだかんだで高校の頃の大会はそんなんばっかりでしたね。確か最高で3回戦まで進んだ気がします。それに勝てれば準決勝で入賞はできたんですがね…。


 高校3年くらいからは、帯別交流試合と呼ばれる年齢制限の無い大会に出るようになって、今まで4度参加しました。初めての交流試合は、正直本気で勝てた試合だったんですが、何故か変な大技を出してしまい大きなタイムロス、序盤受け徹してた部分の印象で判定負けをしました。

 その後3度の大会は、全て定あきの対戦相手が優勝しました。やってられません。むしろ、長いこと黄色帯やってて優勝できない自分にも軽くガッカリしてましたが、別段優勝する為に必死で稽古とかはしてませんでしたので、まぁ当然といえば当然なんですけど。

 まぁ、このあたりから、正直試合に勝つ為の稽古ってものに興味が無くなりましたね…。

 それよか、試合に出る人の練習相手をやってるほうが個人的にはかなり有意義なんですよ。大概組み手稽古で、試合に出るって意気込みがあるからそれなりに強めにあたってくるし。練習相手に徹する人間て稀有だから、別に望んでる訳じゃないけど地味に感謝されるし。


 だからね…自分の練習なんてどうでも良いんですよ…

 こんな人間だからまともに就職もできないんですよ…

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年03月22日(土) 03時06分16秒

人が「物語り」に求めるのは「意外性」

テーマ:日記

夜中なのに叫んじゃった☆

定あきです


 何故か今時逆転裁判なんぞをやっている定あき。なんでやってるかは自分でも良くわかりません。5年くらい前に一度クリアしてるのですが、またやってます。同じゲームを繰り返しやるのは嫌いじゃないので。

 この逆転裁判なるゲーム、かわゆい女の子キャラがいっぱい出てきます。カプコンのキャラクターデザイナーの起用能力は評価せねばなるまい……。


 地味に脳に焼きつくのは、ハミちゃんと呼ばれる幼女キャラ。


はみちゃん

 クソっ!俺はロリコンじゃない!ロリコンじゃないんだっ!!

 と必死にアイデンテテーを守りつつ、一応立ち絵の表情は6種類程画像として保存しておきました。

 ほら、年齢とかじゃないんだよ、キャラの可愛さってやつはさ!

 ちなみに、画像の台詞にある「真宵」というキャラは、多分メインヒロインなんですが、正直微妙です。ビジュアルもキャラも。


 おそらく、逆転裁判を2までやった人間が、こいつで2、3冊描ける…と脳に焼き付けられる女の子キャラは二人。

 一人は、1のライバル検事に代わって2で主人公の敵となる女検事、狩魔 冥(カルマ メイ)。

 めちゃ傲慢でいっつも主人公を目にしてる感じの、ツンデレの素材としては370%パーフェクトなキャラ。

 もう一人は、2の最後の事件でいろんな意味でプレイヤーを悩ませる敏腕マネージャー、華宮 霧緒(カミヤ キリオ)。

 敏腕マネージャーらしい冷静沈着で知性的な女性を演出するものの、実は特定の誰かに依存しないと生きていけないほどの極度の臆病な小リスちゃん。こんな子に依存なんてされちゃったらいかに二次元紳士な定あきと言えどジェントルメンではいられませんよ。

 

 先程2をクリアしたんですがね…、エンディングの直前、エピローグでなんていうか、全てのプレイヤーが望んだであろう「意外性」が顔を出すんですよ。

 だいたいいつのも冥ちゃん


いつもの冥ちゃん

 こんな感じで、常に傲慢な態度を崩さず、素晴らしいまでのドSっぷりをかもし出す感じ。







 





 






 1分後

















最後の冥ちゃん

アッー!!

 な、なにそれ!?そ…そんな可愛くなっちゃうの!?

この上ないご褒美です!!

 この最後のエピローグまでは、完全にドSなドジっ子ちっくなおしりの小さな女の子だった冥ちゃんが、最後の最後に、正に「冥ちゃん」って感じなまでに可愛くなっちゃうこの「意外」な演出を、クリア2度めにも関わらず完璧に忘れていた定あきは、この冥ちゃんになった瞬間に

アッー!!

 って叫んじゃいました。深夜3時ごろにも関わらず…。でも多分昼間だったらこの5倍くらいのテンションで絶叫してたと思う。

 はぁ…俺に同人でマンションを買えるだけの画力があれば、冥とキャッキャウフフする本を描くのにっ!


>みかんさん

 続きはBSで!or続きはOVAで!

 さぁどっちだ?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年03月21日(金) 02時24分19秒

へひゃひゃひゃひゃひゃ

テーマ:日記

番外編ってなんじゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 アフターは?

 お父さんとの邂逅は?

 汐は?ねぇ汐は?アニメじゃ産まれる事すら許されないの?

 ぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎg……

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年03月21日(金) 01時10分20秒

あいつはキミとは結婚しないよ?

テーマ:日記

二宮先生はやく新しい長編漫画描いて下さい

定あきです


 先日、ラジオ の収録の時に漫画の話になったので、二宮先生の漫画の話をしました。少ししてむしょうに先生の漫画が読みたくなったので、昨日の夜はずっと読みふけっていました。

 この人の作品の多くは短編集で、3,4冊持っているのですが、やはりお気に入りは5巻続いたハネムーンサラダです。

 定あき、好きな漫画は数あれど、「この作家さんの本は全部買う」というのはそう多くありません。と思いましたが、木多康明さんと、ジオブリの人とプラネテスの人とで、ぱっと3人出てきました。まぁ多分加えて二宮先生の4人くらいだとおもいます。


 木田先生→いろんな意味で面白い(性的な意味も兼ねて

 伊藤先生→銃を扱う人間が面白い、紅の流星とか

 幸村先生→この人の書く漫画は面白い


 って感じで、大概作家買いする場合は「この人はおもしろい」ってのが主だと思うんですよ。しかし二宮先生に関して言えば、ハネサラを初めて読んだ中学生の頃に定あきが思ったのは


「この漫画は大人の階段上ってる気がする」


 という厨二病まっしぐらな感じでした。

 一応ハネムーンサラダは、ジャンルとして恋愛漫画だと思うんですが、恋愛漫画や恋愛が主なストーリーと言うのは、特に少女漫画に多いですが、なんだか次々新キャラが出てきます。男にも女にも、おかしなタイミングで新しいキャラが出てくることで事態がめまぐるしく変化します。

 しかし、このハネムーンサラダ、主要キャラは実質3人、主人公と二人の斉藤さん。強いて言うなら主人公の会社の社長を入れて4人、それ以外はモブキャラみたいな職場の人以外ほとんど出てきません。一応恋愛ストーリーだと思うんですが、別に恋愛っぽい物語は特にありません、ありませんが、主人公と片方の斉藤さんはしょっちゅうエッチします。掲載誌がヤングアニマルなもんで…


 昔は、恋愛や結婚と言えば、清く正しいお付き合いをして、その果てに生まれた愛が実を結んで結婚…みたいな幻想を抱いていたりもしました。しかし、ハネサラを読んで、なんかおかしな話だなぁ、と思ったものの、しかし上の堅苦しい想像図よりも、案外、大人の恋愛ってこんなもんっぽいよなぁって変に納得させられました。

 正直、中学でハネサラ全巻持ってたのなんて日本中で定あきくらいだと思うな…。周りの漫画の話題なんてどこででも聞くよなタイトルばっかりだったし。るろけんとかハンターとか、バガボンドとか。そりゃそんな早い時期から思春期通り越したレベルの漫画を読んでればこんなネジが外れた脳みそも出来上がりますよ。

 普通少女漫画では、あの子が好きだこの子に好かれたいとかっていう感情のぶつかり合いだとおもうんですが、片方の斉藤さんの台詞を抜粋


 いっしょにいたい…

 ただ普通に

 話をしたり

 聞いたり

 ごはんを食べたり

 たまには外に出かけたり

 「セックスしたりは?」

 …したいです……でも

 好かれたいとは思ってない…かも…


 恋愛において、「好かれたい訳ではない」という考え方があると言う事が当時まだ15にもなってなかった定あきには斬新で仕方ありませんでした。まぁ、漫画に何言ってんだこの腐れニートがと思わないでもないでしょうが、定あきは漫画だから物語だからと、物語の内容を華麗にスルーできない珍種な生き物なんです。


 オチがついていませんし、つけられそうにありませんが、クラナド最終話が始まってしまったのでこの話はここまでということにします

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。