やぶ澄 @ 京急蒲田(京浜急行線) | CroquettePunchの “ 呑んでたまるか!”

やぶ澄 @ 京急蒲田(京浜急行線)

一説によりますと巷ではアレです.

 

 

「窒息型」と呼ぶそうですね.

 

いわゆる全がけタイプのカレーライス,わはは.

 

 

《やぶ澄 》

 

 

出掛けで蒲田に来ちょります.

 

用事の前に軽く1本という場面です.

 

 

事を控えて飲酒とは不謹慎ではないか.

 

などと批判的に考えてくれる意見は面倒臭い.

 

事前飲酒なる習慣とご考慮いただければ幸甚,わはは.

 

 

板場から胡麻油の芳ばしい香りが漂います.

 

このお店の天ざる蕎麦は天ぷらの盛りも出色です.

 

しかしながら事前飲酒の場面では簡素をもって佳しとします.

 

 

であるのでアレです,よほほい.

 

一皿もって酒飯完結のカレーライスとします.

 

いい歳をしてこれくらいの分別は備わった男です.

 

 

いやしかし見事に「窒息型」ですなあ.

 

もったりとしたルーがライスを重厚に被覆する.

 

私は心からこのタイプのカレーを支持する男です.

 

 

ほんのわずかに覗くお米ちゃん.

 

「重たいよ〜」と叫んでいる感じ,かわいそう.

 

一刻も早く救助してあげたいと思うのは私だけでしょうか.

 

 

しかしながらアレですね,美味ちい〜.

 

蕎麦屋のカレーとしては甚だ穏当型ですね.

 

もったりなだけでなく旨味が濃厚に感じられる式.

 

 

こういうタイプにはアレだ,よろしいか.

 

味噌汁の併進が功を奏すること,言うを俟たない.

 

 

時として七味をぷりたつ投下しちゃうのも.

 

なかかなよろしいと思うんであんすのよ,おほほ.

 

 

加えまして興が乗ってくれば,ぐっふふ.

 

卓上のソースを滴下追進してしまうのも上等博覧会です.

 

 

どーでもいーんですが,この画像.

 

先のものと変化にお気づきでしょうか,うひひ.