ほさかや@自由が丘の「からくり重」むはは! | CroquettePunchの “ 呑んでたまるか!”
2018年11月09日(金)

ほさかや@自由が丘の「からくり重」むはは!

テーマ:自宅 酒と食卓

オカジュウの街に出やしたのでね.

 

 

《 ほさかや 》

 

 

煙に誘われて寄っちゃうのですが.

 

今日はのれんをくぐらねえのです,うふふ.

 

熱燗でどぶん()の場面とはならねえんです.

 

 

お初のお持ち帰りという場面です.

 

いやしかし,からくり焼きが400円とはなあ.

 

私がここに通い始めた当初は250円だったよね,たしか.

 

 

からくり4カシラ1でしめて1900円.

 

ま,蒲焼き大よりちと高くつきますがね.

 

タレと山椒も付いてますんで良しといたしましょうや.

 

 

でね,タイトルですっかりとご明察ですが.

 

重箱に炊きたての温けえ白飯をご用意くだせえな.

 

 

で,こうする,よくないっすか.

 

からくり2列,真ん中にかしら1列.

 

白飯部分にもタレをたっぷり散布します.

 

 

これ一度やってみたかったんだよね.

 

ほさかや特製のからくり重ですねん,きゃっきゃっ

 

蓋をしてご飯の余熱で3分,香りも立ってふっくらと仕上がります.

 

 

香の物もほさか風に茶碗入りキャベツとします.

 

お店では「しょうゆかけますか」と聞かれますよね.

 

私はいつもたっぷりとかけていただきます,むふふふ.

 

私は以前,これを7杯食べたお客さんを見たことがあります().

 

 

さて,ここでご提案なのですが.

 

こうして卵の黄身をのせちゃうなんつーのは,うひひひ.

 

 

いかがでしょうか,いかがでしょうか.

 

お店でも容認されている卵持ち込みウナ玉作法().

 

この場面で用いぬ手はないと断ずるのですが,いかがでしょうか.

 

 

ぷりたつと山椒をふりましてよ.

 

 

正確にはからくりかしら玉重だね,ほひひ.

 

黄身を身にまぶして食べるのが美味ち美味ちい〜.

 

 

ここのかしらは骨も柔らかく仕上げられている.

 

お店で食べる鰻鍋風()ってのもオツな一品ですよ.

 

 

たれと脂の染み込んだご飯部分にですね.

 

黄身が寄り添えば極上風味の卵かけご飯となるわけです.

 

 

ほさかやさんの新しい愉しみ方を見つけちゃったね.

 

今度は10串分のせて特上からくり重ってのもやってみたい.

 

 

 

CroquettePunchさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス