2018年 半田市 『さくら』

テーマ:

今年初めて行った新日本プロレス1.4東京ドーム大会の事を今回も語ります。

第2試合は、NEVER無差別級6人タッグ選手権試合 ガントレットマッチ。

計5チーム参加で勝敗が決したら次のチームが入場し、最後に王者登場の変則マッチ。

この試合は1度では書ききれないので、前回の続きとしてその②を書きます。

最初の勝利を手にした鈴木軍に次に挑むのはCHAOS軍団。

矢野選手・石井選手・バレッタ選手の3人、、、YOSHI-HASHIじゃないんだ(笑)

さておき、互いの手の内をよく分かっている両チームですから反則技もお見通し。

飯塚選手がアイアン・フィンガー・フロム・ヘルを装着し矢野選手に襲い掛かります。

ここで一瞬で切り返してタイチ選手を飯塚選手に激突させて急所攻撃炸裂!!

そしてスクールボーイで一瞬にして丸め込んでカウント3!!

反則技でもズル賢さでもボス不在の鈴木軍ですから、矢野選手にしてやられました。

流石はCHAOSの頭脳である矢野選手で、反則技も流れるように決めましたね♪

この試合は1度では書ききれないので、次回は第2試合その③を書きます。

 

↓全体写真

_20180110_074037.JPG

↓具材アップ

_20180110_074214.JPG

↓スープ

_20180110_074334.JPG

↓麺

_20180110_074411.JPG

↓一口洗いご飯

_20180110_074501.JPG

↓外観写真

_20161108_194420.JPG

 

『麺屋 さくら』

 

冷やしラーメン ~夏のなごり~ 1玉 980円


半田市出口町1-45-16 (地図)

0569-23-4741

11:00~15:00

火曜、水曜 休

駐車場あり

 

今回は半田市の【麺屋 さくら】をご紹介します。

いつもながらのストックからの放出です。

これは2016年8月末分です(笑)


見た目:フルーツの色があるのでカラフルですね


具:豆・鶏肉・茄子・豆腐・無花果


麺:細ストレート

スープ:塩

感想:こちらは冷やしラーメン最終章として提供されていた1杯。

限定ラーメンなので勿論現在はありません(汗)

それではいただきます。

 

スープは、タイトルにある通り冷製タイプの塩ラーメン。
説明によると、和出し汁の土台が旨味の礎をしっかり担う作り。

濃い目に取った和出し汁を一旦冷まし、一晩寝かせる。

そして岩手県産南部鶏むね肉のミンチ、香味野菜、卵白で澄ます工程を施す。

このチキンコンソメを和出し汁と合わせる事で、ここでしかない味わいになっています。
鶏の味わいが強く、塩カドも無く、油も浮いていない。

ただひたすら旨味のみが浮き出てる味わいで、規格外の美味しさでした♪

麺は、スープの清流を泳ぐ様な多加水の細麺。
舌触りも見た目もどちらかと言えば素麺に近い印象を受けます。

しかし、歯触りはキュキュッとしていて極めて強い食感でした。

 

具材は、季節感溢れる旬の素材を取り揃えてあります。

熊本産大長茄子の煮浸しは、瑞々しさが特徴でもっと欲しくなります。
岩手産南部鶏ササミ湯引き本わさび和えは、山葵がツンと効いて美味です♪
愛知産ささげ豆のおひたしは、コリコリして苦味があります。
枝豆と山芋の寄せ豆腐は、三角形で豆の風味が凄く食感はフワッと柔らかい。
愛知美浜町産無花果は、甘すぎないから自然にいただけます。
 

〆は、一口洗いご飯が付いています。

サラサラっと飲むようにかけこめば、ホッとする味わいに舌鼓を打ちます。

流石流石の1杯に今回も癒されました♪


ありがとうございました


人気ブログランキングへ

ラーメン ブログランキングへ

愛知県 ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
ラーブロ

 

≪過去に誌面協力させていただいた専門誌≫

究極のラーメン 東海版 2013年・2014年・2015年
商品の詳細商品の詳細商品の詳細

さくら

ジャンル:ラーメン・つけ麺・ちゃんぽん
最寄り駅:住吉町
TEL:0569234741
住所:愛知県半田市出口町1丁目45-16

麺屋さくらつけ麺 / 住吉町駅半田口駅知多半田駅
夜総合点★★★★★ 5.0

AD