がん治療とサプリメントの関係について | 乳腺コンシェルジュ かよこのブログ

乳腺コンシェルジュ かよこのブログ

乳がんを患いアートセラピーで自分を癒すことができた経験と知識を語ります。約10年の病院勤務で培った「患者さんの心」の理解を大切にします。健康な女性も予防をかねて御覧下さい。


テーマ:

 

 

治療薬を処方されたときに最初にすべきことは

 

 

治療薬を処方された時にするべきこと。

 

それは、今までよくのんでいたお薬を医師に報告することです。

 

 

現在の私の治療薬は、ノルバデックスという薬です。

処方された日に病院の医師と薬剤師さんから時間をかけて詳しい説明を受けました。その次には家で普段たまにのんでいた消化剤やビタミン剤、風邪薬などのパッケージを持って行ってのみ合わせを確認してもらいました。

 

また、子どもの頃からアレルギーがあり春には花粉症を発症するため、大人になってからも昔から甜茶やシソのエキスの入ったサプリメントを習慣的に摂っていました。念のためそのパッケージも持って行きました。

 

この報告はとても重要なことでした。

 

 

 

サプリメントと薬の違い

 

 

ところで、皆さんは、サプリメントとお薬の違いをどうのように把握されていますか?

 

 

私の場合は、お薬よりもサプリメントの方が体に優しいものと思っていました。

ところが、医師や薬剤師から見ると、全く逆です。

 

サプリメントはやめてくださいとのことです。そして、足りないと思うものはしっかりと食事から摂るようにしてくださいとのことでした。

 

理由は、医学的に何が入っているか証明できないからだそうです。はっきりと身体への影響が証明されておらず、今処方していただいている治療薬との影響がなんとも言えないらしいのです。

それから、先生が知らないものを摂っていたら、呑み合わせの判断はもちろんのこと今している治療の効果をトータルで把握できないとのことです。

 

その時は、市販薬よりサプリメントの方が作用も穏やかでいいと思い込んでいたことを怖く感じました。確認して良かったです。

 

 

 

 

あとがき

 

 

サプリメントはあくまでも健康な状態で補うもの。お薬より安全だというのは単なる自分の思い込みにすぎないと知りました。

 

がんになると、やれ○○の入った水がいい、○○を食べてはいけないなどと、巷のあふれる情報に振り回されることになります。

 

 

毎日欠かさずお薬をのみ真面目に治療をしているのに、余分なものを体に入れることがかえって逆効果になる危険性があることを十分に注意する必要があるのですね。

 

 

そして、なんでも疑問点は主治医に相談できるような「病院との付き合い方」ががん治療には大切でしょう。

 

 

 

今補っているその栄養、大丈夫ですか?

 

こちらにサプリメントの詳しい説明があります。是非ご参考にしてくださいね。

健康長寿ネット「サプリメントの定義と正しい利用法」 https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/supplement.html

 

 

 

 

 

乳腺コンシェルジュ かよこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ