クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones)通販店舗 クロケット&ジョーンズストアの店主ブログ

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones)の靴が大好きな通販店舗の店主ブログです♪
「クロケット&ジョーンズストア」という通販ショップを運営しています。


テーマ:
本日もご訪問ありがとうございます!

クロケット&ジョーンズ (Crockett&Jones) 通販店舗
クロケット&ジョーンズストア店主ですニコニコ



みなさんは「外羽根式」「内羽根式」という言葉は
聞いたことがありますか!?


革靴の靴ひもを通す鳩目のついている部分を
「羽根」と呼びますが、

この「羽根」のついている位置や形状の違いによって、
「外羽根式」「内羽根式」の2つに大きく分かれています。


「外羽根式」
甲より前の部分に、鳩目の部分が乗っかっている状態の
紐靴のことをいいます。


「外羽根式」は、羽根の部分が全開するので、
着脱が比較的素早くできるうえに、

フィット感の調節も容易にできるので、
今日の一般的なシューズにも採り入れられていますニコニコ


その為、活動的な場面で使用する靴に採用されることが多く、
内羽根式に比べてカジュアルな位置づけです合格


英語で「ダービー」という呼び方もされていますねニコニコ


一方「内羽根式」は、
甲より前の部分に、鳩目の部分が潜り込んでいる状態の
紐靴のことをいいます。


羽根の部分が全開しないので、外羽根式の紐靴に比べると、
フィット感の調節にはやや難がありますしょぼん


しかし、見た目がエレガントで真面目な雰囲気のため、
落ち着きのあるコーディネートに適しています合格


こちらも英語で「オックスフォード」と呼ばれていますひらめき電球


このように、「外羽根式」「内羽根式」

それぞれに違いがあり、適したシーンも様々ですにひひ


冠婚葬祭やかしこまった場所など
フォーマルさが求められるシーンは、

「内羽根式(オックスフォード)」が
適しているといわれています音譜

Audley(オードリー)などが
ぴったりですね^^

※逆に外羽根式(ダービー)はNGといわれていますショック!

ビジネスシーンでは、

内羽根式(オックスフォード)、外羽根式(ダービー)
どちらでもOKですクラッカー


それらを踏まえたうえで、それぞれのシーンに合った靴を選んで、
履いてみてください音譜

当店では

内羽根式(オックスフォード)

外羽根式(ダービー)

どちらも豊富に取り揃えていますので、

ぜひ覗きにきてくださいねニコニコ


些細なことでも構いませんし、雑談でも構いませんので、

是非お気軽にお問い合わせくださいませ♪

お問い合わせはこちら→お問い合わせ

ショップはこちら→クロケット&ジョーンズ Crockett&Jones の通販店舗
【クロケット&ジョーンズストア】



お客様との心と心のつながりを大切に
日々精進しております。


クロケット&ジョーンズストアを
どうぞよろしくお願いいたします♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Crokett&Jones通販 クロケット&ジョーンズストアさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。