アパートフェスタ2011ファイナル。 | あるグローバル投資家の軌跡。(労働資本⇒金融資本編)

テーマ:
昨年、初めて拝聴したハッピー&リッチアパート経営フェスタ。

今年で2回目の参加だが、悲しいことにファイナル(=最終回)らしい。

チャリティーイベントだが、かなりの演出を懲らすために継続開催が難しいということだろうか…。

一つの時代の節目を感じてしまう。

コテツさん、ケースケさん、お疲れ様でした。また、イベントの中心となっていただき、ありがとうございました!!

ファイナルの開催場所は江戸川区。

ありがたいことに自宅から自転車で到達可能エリア。やや郊外ということもあり、座席もゆったりで最高だった。

いつも思うが、このイベントに参加する人は、良い意味でも悪い意味でも、変わり者ばかりだ。(失敬…)

ただ、共通するところは、自分の将来に責任をもって取り組んでいるということ。自分の人生を最大限コントロールする努力をしているということ。

そして、ゲストスピーカーは、大前研一氏。

高齢ながら、時代の流れに敏感で、日本のみならず、世界経済を良く学習し尽している。

印象的なのは、質問コーナーで「日本はどの程度の確率でデフォルトしますか?」という質問に対して、「100%です。」と即答していたところ。(笑)

ワタクシもこの国のファイナンスは、遅かれ早かれ破綻すると悲観的に観測している。その時は、日本円という現金は紙くずとなる。

海外投資にせよ、国内投資にせよ、日本経済が破綻する前提で取り組まなければいけない。

このフェスタは今回で一つの節目を迎えた訳だが、ワタクシ個人も国内投資から海外投資へのシフトという一つの節目の年となりそうだ。


ストック&フロー投資家。さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス