津川「プレジオベースA4」インプレ編 | 鉄道模型900ちゃんねる
2017-12-11 13:00:34

津川「プレジオベースA4」インプレ編

テーマ:津川洋行
津川洋行「プレジオベースA4基本セット」を入手したので、
今回は早速インプレをお届けしたいと思います。
 

呉尾の「こんなもんだろうな」という予測を、

津川洋行「プレジオベースA4」(以下津川ベース)

見事に覆してくれました。

{527D122C-138E-4A94-AB17-90E1532C5B74}

「バンダイのBトレレイアウトベース、N-B4の縮小版的な感じかな」

との事前予想を、コイツはいい意味で裏切ってくれた、

「鉄道模型界の任天堂Switch」
だったのです。

 

 

まず、ご存知バンダイの「BトレインショーティーレイアウトベースN-B4」(以下バンダイベース)と同じところは

ボリュームコントローラー内蔵のレイアウトベースという部分。

サイズは違えど、オーバルトラックを中央に配置した

オーソドックスなレイアウトです。

{4F1BCA61-2BAB-46DF-A7C2-74050B7BC75E}

バンダイベースと違う部分はバッテリーを内蔵しないこと、

レールトラックのベース部分が強力磁石により脱着可能なこと。

それとバンダイベースは部分的に華奢な箇所もありましたが、

津川ベースはかっちりとした剛性感あふれるフィニッシュです。

重さが右側後に偏り気味だったバンダイベースに比べて、

重量バランスもとてもいいと思います。

 

 

そして何より、A4ベースのこのコンパクトぶり!

{EA5825C4-A64C-4E0C-8274-07F15E1E3D90}

RMM誌よりも小さいです。バンダイベースを持ち歩くには

結構な労力を使いますが、津川ベースは完全にモバイルアイテムです。

 

 

トラックベースとグラウンドベースはワンタッチで着脱可能。

{50D47D19-C991-4A96-93B4-D93A20C40DA1}

どちらも作りはかなり質実剛健で、安定感があります。

 

給電接続部を含み、六箇所のネオジム磁石でがっちり固定される構造です

{890B5712-9BE7-4834-85CD-55757406EC6F}

かなりハードな持ち歩き方をしても、ずれることはまずありません。

トラックベースだけの別売りもあるので、

いろいろと遊びの幅が広がりそうですね。

 

 

13インチのMacBook Proと比較してもこのとおり。
{18428505-43A4-4ADA-90E7-C10769FE8677}
こんなPCカバーもおもしろそう?
 
 

給電のMicro USBは2箇所あります。

グラウンドベースの右サイドと…

{8A1D6F4E-C833-4F9D-8EC0-1F580FC51248}

 

そして裏側に1箇所。 

{642561A6-717F-4C54-854D-2EF4D06069E2}

 

 

小さいモバイルバッテリーを使えばよりコンパクトに遊べます。

{9674EF2F-C45D-484A-B1C2-0A0A1D382506}

作業的にも金額的にもエコなのがすばらしい。

 
百均などで売っているマジックテープなどを使うと脱着が楽です。
{42F8E870-D32C-4DA0-828D-48C926803B38}

 

ちなみに呉尾はシリコンテープを利用しています。

{90741256-02A8-476F-A802-60229A00E5C2}

 

スペースが余ったついでに、ためしに津川さんの車輌を

ケースごと収納してみました。

{766CBD4A-3DB7-40AC-A44F-84D55EF7EF0D}

ギリギリ3つは入らない!! 

 
ちなみに、車両ケースにマジックテープを貼って収納するのが嫌な人に
おすすめの方法がこれ。
{91F35042-08F9-4DA0-B672-25A7541C2418}
どちらも百均で売っているステンレスプレートとネオジム磁石。
 
まずケースの中に磁石を入れて…
{55D2BD11-256F-48F3-92A5-920FDFF46D58}

 

 

凹み部分にステンレスプレートを貼るだけで

底のくぼみが便利な収納スペースになります。

{B196DF93-E74E-4098-BD6B-FD45518558B8}

 

3mmほどはみ出しますが、4か所のラバーレッグの長さが

5mmほどあるので平らな場所なら接地することはありません。

{C5303046-1B95-4963-B1D1-5CDEB9902A96}

これでモバイルトータルセットの出来上がり。

 

 

別売りのトラックベース部分だけを買い足して、

「家では気合を入れて製作したジオラマ運転を楽しみ、モバイル時にはノーマルのベースを取り付けて仲間と喫茶店や飲み屋で運転を楽しむ…」

などといった、任天堂スイッチ的な使いかたも楽しそうですね。

{2A6DBC20-738C-48AC-833A-E737E7A518BC}

諸元や価格などは津川さんのホームページ(←クリック!)を。

 

ちなみに現在、この津川ベースを使って、

今までにやったことのないレイアウトを画策中です。

次回はその製作の模様をお届けいたします。

呉尾律波さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス