ウェッジの購入に迷ったら?! | ★ギア・スイングの話2

★ギア・スイングの話2

GDOブログの閉鎖とともにこちらに引っ越ししてきました。なぜか、ゴルフ販売技術者資格も持っているけど、ゴルフ業界では働いていません。自分の気付いた事などいろいろ書いていきます。(^^;) オフィシャル Hdcp 0.


テーマ:

さて、今回は、どのようなウェッジを購入したらいいのか迷っている方へのお話です。




ということで、、


最近、よく良いウェッジないですか?とか、ウェッジは、何がいいですかという質問を受けています。

このような質問をしてくる場合、大抵の場合、自分の打ち方にあったウェッジのスペックが決まっていて、その中で何がいいのか?みたいな話ではなく、もっと、単純に今、うまく使えてないので、もっとピンに寄るウェッジはないかとうことが多いです。


自分の好みが決まっている人は、ウェッジの機能自体を分かっている人が多いので、このような質問はほとんどありません。

なぜなら、ウェッジに関して言えば、どんなウェッジでもそれほど大きな機能の違いがないからです。

まあ、素材の違いで、ネック調整ができるのかどうかというのと、若干スポットが広いかどうかくらいで、一番大きな違いは、ロフト角とバンス角になります。

あとは、好みの顔でしょうか?


それで、どのウェッジがいいですかといわれた場合、まず、、今使っているウェッジを聞きます。

そうすると、、多くは、52度と58度のウェッジという答えが返ってきます。

まあ、国内販売モデルでの一番標準のロフト展開かもしれません。


僕が、まず、お勧めしているのが、どのメーカーのどのモデルというより、SWは、56度で、バンス角が多めのものをお勧めしています。

例えば、プロモデルで言えば、タイトリスト VOKEYシリーズや、キャロウェイのMACDADDY。

japanモデルでは、フォーティーンも人気ですね。


タイトリスト Vokey ウェッジはこちら!!!


キャロウェイ MACK DADDY ウェッジはこちら!!!

 

フォーティーンのウェッジはこちら!!!


それで、56度のモデルは結構オールマイティーで、バンカー、ラフ、アプローチとどの場面でも扱いやすいからです。

とりあえず、バンカーに入ったら、56度で、ほとんど大丈夫だと思います。

その理由ですが、バンカーが苦手という人は、だいたい、ミスのパターンが決まっています。

それは、ダフリかトップです。

そして、ほどんどがダフって、距離が出なくて、バンカーから出ないか、出てもグリーンまで届かないか、グリーンに乗ってもショートが多いです。

そして、次がトップというか、名前を変えれば、いわゆるホームランです。これは、ボールにクリーンに当たって、必要以上の距離が出すぎるミスですね。

あと、このトップとダフリを繰り返す人もいます。一度トップしてオーバーすると次は、それが怖くて、次は緩んでダフったりですね。

このようなミスは、うまくバンスを使うバンカーショットができていないから起こるミスです。

特に、フッカーの人がこのようなミスに陥りがちです。意外とスライサーの人は、うまくバンスを使えます。

バンスをうまく使えない人が、バンスを使いやすくするためには、バンスが多めがいいということと、ロフトを56度にするのは、ロフトが少ないほど同じ入射角で、打っても取れる砂の量が少なくなるからです。

バンカーからボールが飛ばない理由は、スピードに対して、取る砂の量が多すぎるから、ボールが飛ばないということになります。

もちろん、54度とか、52度になれば、さらに砂のとれる量が減って、ボールは飛びやすくなるのですが、今度は、ボールが上がりづらくなります。

フェースを開いてバンカーショットできる人は、ロフトの少ないウェッジでも、うまく出せますが、バンカー苦手の人は、なかなかそのようなスイングができないので、56度がお勧めな感じです。

また、アプローチにしても、ラフや、フェアウェイからでも、ウェッジはウェッジは、ロフトが寝るほど、ちゃんとインパクトで当てるのが難しくなります。

それで、ある程度ロフトが立っている56度のほうが使いやすくなります。

もちろん、56度でもうまく打てない人は、52度でもOKですが、まず、、得意になるためには、56度1本で、アプローチや、バンカーも全て使っていれば、だんだん得意になっていくと思います。

 

56度を使ったことがないという方え、アプローチやバンカーが苦手な方はぜひ、一度お試しください。

 

 

 激安クラブ USAから直送【フェアウェイゴルフインク】

 

 

 

クレンショウ さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス