一(病院へ行くまでの様子)

 

 

 夕方くらいから、お腹が痛い…


 お臍の上ぐらいが痛いな、と思いつつ、なんかの病気かもとググってみる。
 いろいろ当てはまりそうなのがあるけど、これ!といったものはなし。

 

 キューっと痛くなって、治るを10分~30分間隔で繰り返してる。

 

 とりあえず、明日朝から仕事で車で30分かかるんだけど、
運転中痛くなったら困るな…と思いつつ。寝る。

 

 キュー…いててて。
 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 朝起きると、右下が痛い。
 あれ、右下が痛いな?

 ググってみる。

 

 急性虫垂炎(盲腸)の症状に似てる!!
 痛みが、お臍上から右下に移動するらしい!


 これ、急性虫垂炎じゃない!?

 

 が、痛みは夜よりは治まっている。
 これなら仕事は行けそうだと判断して、車に乗って仕事へ。

 

 お腹を押さえながら歩くので、ヨタヨタしていて、

おばあさんのようだねと仕事場の人に笑われる。

 

「お腹痛いんですよー。なんか盲腸っぽい症状なので、

午後仕事終わったら病院いってきます。」

 

 仕事中は、たまにキューっとなるけど、我慢できない痛みではなかった。

 

 

 仕事が終わり🏠に帰り、近くの病院へ電話。
(コロナ騒ぎなので、電話してから来院してくださいとHPに載っていた。)

 

「今コロナ状態なので、検査とかやってないんですよねー。
来院しても痛み止めしか出せないですよ。」


 

 と言われ、うおーそうなんだ!

 
 別の大きな病院へ電話。

 

「午後は内科の先生いないので、見れません。」

(虫垂炎は消化器科だったのだが、お腹が痛いから内科だろうと思っていた)

 

 おおう。

 まー痛みもひどくないし、明日午前中に行くかとお腹は空いてないけど、やけ食い。
 午後4時くらい。

 

 

 やけ食いしたのが悪かったのか、夕方くらいにとても痛くなる。

 いたたたた。

 やばい。食べなきゃよかった。と後悔するが後の祭り。

 

 

 キューっとする痛みを抱えながら就寝。

 

 次の日へ続く。