父が突然いなくなった話。ちょっと長いです。 | ゆちこ手帳

ゆちこ手帳

何でも記録したいお年頃ですぞ(・ω・三・ω・三・ω・)スッスッ

おひさしぶりに日常に戻ってきたよ。

ゆちこ(@curus.mello)です。

 

いきなりショップをおやすみして何をしていたかというと、

実は8/31に父が脳梗塞で倒れて、9/3に亡くなってしまいました。

 

母はすでに8年前に他界しているので、30代半ばにして

祖父母4人も全員いないし両親もいない、子供も居ないというスーパーボッチになってしまったよ。

兄弟もいないんでね(´ー`)

 

主人の方もお義父さんはもうずーっと前に亡くなっていて、

あとは一度しか会ったことのないお義母さんと、お義姉さんしかいない(´ー`)

 

 

主人とか、さらっと言ってみましたが、

これからは『さらっと主人』に違和感を感じさせないようなすてきな女性になりたいと思っています。

なんですかね急に。

はー (ヾノ・∀・`)ムリムリ

 

 

 

手続き諸々もだいたい目途がついたので、

ずっとおやすみにしたままだったショップを今日更新しました。

 

これも「不謹慎」と思う方は思うのかもしれません。

実の親が亡くなったばかりなのにハンドメイドですか~って思われちゃうのかもしれません。

 

わたしは今はシールを作って、それを買ってもらって、お金をいただいているのでこれを仕事だと思っているんだけど、ふざけたシールを作っているように見える人には見えるのかも(´ー`)

 

 

母が亡くなった時にちょっとアレコレ言われたことがありまして、

最近だと海老蔵さんも、麻央ちゃんが亡くなった直後にディズニーランドに行っていた!不謹慎だ!

などと言われていましたが、

実際親だとか、近しい身内だからこそ、お葬式が終わると一気に暇になるんすよ。

 

癌で亡くなる方だと余計、それまでの介護生活が大変だったぶん

一気に時間が出来て、何かしていないと余計な事ばっかり考えちゃうんだよね。

 

不謹慎かどうかは他人が決めることじゃないんだと思います。

それでも不謹慎だと思われるならもうそれでもいっかな。

 

うーん。

背景も知らずに「不謹慎ですよ!」っていう人は、自分の親や身内が亡くなったとき、絶対に葬式が終わっても連日泣き続けろよって思いますね(´ー`)仕事もすんなよ!買い物も行くなよ!不謹慎だぞ!!

 

 

 

なんか話逸れた

 

 

 

 

うん、すごく逸れた。

 

 

そんなこんなで、

普段人に電話をかけることすら怖くてできないのに

救急車を呼んで乗ったり、

その時主人は市外で仕事中だったので

誰に電話していいかわからなくて親戚づきあいをおろそかにしてきた自分を恨んだり、

諸事情により本当にお金がなくって、

とりあえずで出せるお金もほとんどなくって、

というようなことがあったり、

いざ読経となったらパニック発作起きそうになったりして、

あれこれありましたが、

まあ何とかそれなりには送ってあげられたのかなあと思います。

 

でびには本当に感謝してる。

親戚づきあいがほとんどなかった為に

でびにとっては はじめて会うような人ばかりだったのに喪主を務めてもらって

そしてずっと傍にいてくれた('ω')ありがてえ

 

 

 

{571795C1-2F2F-4177-979B-B721B2182BC5}


あんまり急にこっちに来たので

着る服なくて一度勤務先の寮に戻った時に
わたしも一緒に行ったんだけど、
まさかこんなタイミングではじめて来るとは
思って居なくて唯一撮った写真これ( ˘ω˘ )
 
なんかね、一人暮らしの男の部屋って感じだったよ( ˘ω˘ )きたなかtt
 
 
 
 
 
もともと、
わたしが一人っ子で
嫁に行ったら父がひとりぼっちになってしまうから、
お義母さんのところにはお義姉さんがいるのでとりあえず、という理由でこっちに住んでいたので
自由になった今 おそらく千葉県に引っ越すのかなーという感じです。
 
実は母の遺骨もまだ家にあるので
お骨2セットも持って引っ越しできないし
四十九日すぎたら叔母さんに相談して合同墓地に、と思っているんですが

 

 

まあ、今すぐ引っ越すお金もないし

でびの仕事の関係もあって、

明後日くらいからわたし

広い一軒家に猫たちと一人暮らしですね( ˘ω˘ )

大丈夫なのかな( ˘ω˘ )不安

 

 

とまあ、ざっとこんな感じでした!

 

 

 

 

心配していただけること、

とても嬉しいんだけど

大丈夫です、ありがとうございますとしかお返しできないのでこの記事のコメント欄は閉めますね。

 

 

まぁ

いつか必ず来る日が他の人より早くきただけだよ!

 

 

もっと早くに様子見にいってあげればよかったとか、それ以前にもっと美味しいものたくさん食べさせてあげたらよかったとかあるけど、ねぇ。

母に続き父の最期も看取れなかったので

(母は本当にクソみたいな理由で逃げたんだけど、父はただ間に合わなかった) 

わたしはきっとロクでもない死に方をすると思いますが仕方ないね。

 

 

父とは倒れる前日に、父の運転で、買い物に行ったりしていたのでもしその時 運転中に血管が詰まっていたらわたしも事故で死んでいたかもしれないし、一緒に楽しく靴を買いに行った4日後に亡くなったわけなので、人生いつ何が起きるかわからないから、みなさんいのちだいじにしてくださいね。

 

わたしももう20年近く健康診断受けてないからちょっと真面目に考えようと思います。

 

 

 

ちまちまお酒飲みながら書いたり消したりしていたらまとまりのない文章になってしまいました。

こんな読みづらいものを読んでくれてありがとうございます。

 

 

 

{CA33AF9F-1EBB-47A1-8CA3-9900404EA84A}
 
遺影にする写真が本当になくて
30年前の写真になってしまったので
仏壇にはこれを置いた。
 
わたしが中学生の頃、
セピアとか白黒のバカチョンカメラ()が
流行っていて、これはわたしが撮った写真。
 
母には、せっかくのお花がモノクロじゃ味気ないって言われていたけど、まさかこれが 遺影の代わりになるとはね。
 

 

 

(´ー`)ヘヘヘ さみしいね。