おはようございます。

Creem Pan代表のひらパーこと、平林ですグラサン


 


馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬




先日のブログをコンティニューするようなものなので、

是非コチラをお読みになってからお願いしますお願い


 


改めまして…1/31に人生初の川崎競馬場へ行ってきました馬



この日はJpnIである川崎記念の開催日ということもあって、

競馬場は多くの人で賑わっていました!!


 


川崎記念よりも数レース前に…


 


引退馬協会さん主催のこのレース上差し



~馬も人も、いっしょに生きよう~

引退馬協会20周年記念タイキシャトル賞C1四 五

第7競走 ダート1400m(左)



が行われました馬


 



淀みない展開から直線へ……


 




流石に生で見るレースは大迫力でしたポーン



そして、勝った馬はと言うと……


 


馬ハーモニーエール(牡5)馬

父:パーソナルラッシュ

母:キョウワセイラン

母父:タイキシャトル


 


なんと!

母父がタイキシャトルの馬がタイキシャトル賞を制しました〜音符



更に3着にも母父がタイキシャトルのスプラット(牝4)が入りましたルンルン



なんと、タイキシャトル賞に出走した全12頭のうち、

タイキシャトルの血が入っている馬は、ハーモニーエールとスプラットの2頭のみなんですびっくり


なんて素晴らしいんでしょうキラキラ


 


 


馬 馬 馬


 



 



引退馬協会さんはこの日もボランティアの方々を中心に、

引退した馬のキャリアを考える機会の啓発活動を

行っていらっしゃいました。


 


そもそも「なぜタイキシャトル賞?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません


それは…こういうことです下差し

 

FH-No.20 タイキシャトル Taiki Shuttle|NPO法人引退馬協会 WebSite


僭越ながら、引退馬協会さんのウェブページ内の

情報を要約させて頂くと、

種牡馬として活躍していたタイキシャトルでしたが、


飛節を痛めてしまい、「種付を続けて万一の事故があっては取り返しがつかなくなってしまう」とイーストスタッドの場長さんが強く進言し、種牡馬引退が決まったそうです。(リンク先 本文ママ)


とのことで、引退馬の里親制度・フォスターペアレント制度で、


タイキシャトルを引退馬協会さんの

フォスターホースに迎え入れたということらしいです。


 


個人的には、タイキシャトルほどの馬が…とビックリしました

ファンの方々からすれば、

フォスターホースになって嬉しい限りではないでしょうか照れ


 


 


馬 馬 馬


 


 


レースの背景には、こんな事情があったんですね。

奥が深いですニコニコ


本当に引退馬協会さんの取り組みは素晴らしい限りです!


僕たちは引退馬協会さんのような活動は出来ませんが、

映画という違った方法で、

引退馬たちに貢献したいなぁと思っていますグー

 



上差し引退馬協会の皆さん


 



馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬


 

 


いつもCreemPanのことを応援して頂いて、

ありがとうございます。


いいね!や、リブログがとても励みになっています!!



それではまたパー


 


Creem Pan


代表・平林


 


読者登録してね