上海からのメール | カフェバー|credo|下高井戸駅1分

カフェバー|credo|下高井戸駅1分

バータイム店主による日々雑感

◆1月14日

 

 幼なじみのユキノリと経堂で酒を飲む。お互いに父親の介護に向き合っている身なので、話題はやっぱりそちらにいくのだが、この日は意外な提案がやつからあった。

 

 「店を手伝いたい」と言う。日頃は美容師として働いているが、出勤のない火曜か水曜にバイトをしたいとの話だった。ともにうちの定休日なので、二つ返事で承知した。

 

 問題は1人で店を回してほしいこと。2人でカウンターに立ってバイト代を払えるほどの余裕はない。美容師も同じ客商売であるから、接客はお手の物だろうけど、いきなり1人で店に立つのは本人も不安そうだった。

 

 ならば、2人で何回か店に立ってみて、春ぐらいから1人でやってみようぜ、という話にまとまった。火・水営業のスケジュール開始が決まったらお知らせします。

 

◆2月3日

 

 近所に住んでいるらしい男が何年かぶりに店にやってきた。一見してだいぶ酔っているなと思った。「どうも久しぶりですね」と言うと、男は「なんで覚えてるんだよ」と言った。

 

 カウンター席に座るなり、うちや近所の店の文句ばかり言っている。なにが気に食わないのか、皆目わからない。1杯飲んだら帰っていった。どうしたんだろ、あの人。

 

◆2月6日

 

 古い仲間で、約20年前から中国に住んでいるノブとメールで連絡をとった。中国で所帯を持ち、家族4人で上海に住んでいる。新型ウイルスの影響を聞くと、「家族みんなで家の中に閉じこもっている。子どもたちは2月いっぱい休校だ。退屈で精神的に参っているよ」と書かれていた。

 

 家に閉じこもっているのは、感染を防ぐことはもちろんだが、「隔離」がなによりもこわいからだという。ええいかまうものかと不用意に外に出れば、その姿をドローンが発見し、検温されて少しでも熱があろうものなら、すぐに「隔離」である。

 

 隔離先は病院ではなく、設備のないホテルや施設。隔離された状態が長く続くと、みんな精神がやられてしまうのだとノブは言っていた。今の状況は「SARSの時と全く同じだ」とも。

 

◆2月10日

 

 長男の高校受験が始まった。

 


2020年2月11日
下高井戸credo
バータイム店主