夏バテダイアリー | カフェバー|credo|下高井戸駅1分

カフェバー|credo|下高井戸駅1分

バータイム店主による日々雑感

◆8月20日 

 ここで前回、この店を閉めようかと考えているという話を書いたら、お客の数人にその件について声をかけられた。「辞めちゃうのか」と。店の経営は好転していないし、台所事情も変わっていないので、悩みは続いているよ、と正直に答えた。


◆8月23日 

 食品衛生責任者の講習を受けに朝から町田駅へ。長い講習を受けた後、夕方になってようやく資格証の交付を受ける。

 

 と、さらりと書いちゃったが、実は資格を持ってなかったのである。妻が資格者なので営業許可に問題はないのだけれど、無資格の分際で、約9年間も店に立っていたと考えると、われながらまあ図々しいやつだなと思う。

 

 じゃあなぜ、資格を取ったかというと、資格者である妻が新店舗「松原GESSO」に責任の対象を移したからだ。1人の責任者が2店舗にまたがることはできないため、こちら「下高井戸credo」にも責任者の配置が急務となっていた。重い腰を上げてようやく取得したわけである。


◆8月26日

 義父が他界。


◆9月10日

 業務委託スタッフとして席を置いている古巣の会社に2週ぶりに出社。9月の辞令で、昔の同僚と後輩が出世したと聞いた。小さな会社だが、きちんと株主総会が行われ、そこで承認を受けて役員に就いたという。

 

 やつらとは20年も前から、酒場でくだを巻いたりしていた仕事仲間であるから、たとえ役員になったといっても、その付き合い方は変わらない。週に1度だけ会社にやってくる変な中年男(ぼくのことね)が新任役員になれなれしくしていると、若手社員が「なんだなんだ」となっているのが分かる。おもしろいからもう少し続けていこうと思う。


◆9月24日

 消費税率がアップするという。近所の店がどうするか、様子見してから決めようと思っていたけど、増税まであと1週間になってしまったではないか。

 

 うちみたいな小さな店はもちろん消費税の納税対象者ではないけれど、酒が売り物だと、仕入れ額の高騰が今後響いてくることになる。これをそのまま販売価格に転嫁するか、別な経費を圧縮して価格を据え置くか、このへんが悩みどころである。

 

 さてどうしたものか。いっぱしに電卓をはじいたりして、腕組みなんかしてみたけれど、もとより低空飛行のわが店である。今さら数十円値上げしたところで、焼け石に水なのであった。よおしきやがれ消費増税。
 
 ということで、10月からも店内メニューは従来価格で提供していきます。

 

 


2019年10月2日
下高井戸credo
バータイム店主