年またぎヨレヨレ日記 | カフェバー|credo|下高井戸駅1分

カフェバー|credo|下高井戸駅1分

バータイム店主による日々雑感


テーマ:

◆12月29日

 

 今夜の営業をもって2018年は店仕舞い。カウンター内の掃除をやりながら、のんびり店番をしようと思っていたけど、ありがたいことにポツポツとやってくるお客が途切れず。飲みに来てくれた皆さんに1年の感謝を申し上げて閉店する。

 

 今年は冬から人生初のパニック発作に苦しんだり、手伝っている出版社の仕事がらみでとばっちりが続いたりと、気持ちが根っこのあたりからどっと疲れていたけれど、この夜、店のなじみ客たちと「よいお年を」などと声をかけ合って見送っていたら、いろいろあったけど、ひとまずはなかなかいい1年だったんじゃないか、と思えて気分が少しよくなってきた。


◆12月31日

 

 年末年始は、妻の実家で過ごすという息子たちが出て行ってしまったので、1人留守番生活がスタート。よおし、ここから数日、どうやって堕落した毎日を過ごしてやろうか、うひひ、と思いましたね。

 

 だけれど、外があまりにいい天気なので、掃除、洗濯、布団干しなどをちゃんとやったりして真面目に過ごしてしまう。

 

 夕方から家で、サントリープレミアムモルツの「香るエール」を飲む。出かける前に妻が掃除していった台所は使わないほうがいいだろうなと判断し、つまみはまな板も使わない、豆腐、チーズ、ほたるイカの干したやつなんかを。その後、チューハイ、ウイスキーに移行し、テレビを見ながらきっちりと酔っぱらう。


◆1月4日

 

 2019年の営業を始める。店の掃除は元旦に出てきてやったけど、まだやり残しがあったので、あちこち拭き掃除でもしながらゆっくりお客を待とうか……と思ったら予想に反して来客多数。ありがたや。

 

  「灯りがついてたから、まさかと思いましたよ」とドアを開けるなり地元客のTが言う。同じく近所に住むKも「今年は早いんですね」と意外そうな顔つきで入ってきた。

 

 おお、よくきたよくきた。

 

 彼らがこんな反応をする理由は、これまでわが店はまるで一般企業のように長い年末年始休みをとってきたからだ。1月4日の営業開始は過去8年で最も早いスタートだろう。今年は自らそういう気分に持っていっているのである。

 

 閉店に近い時間にやってきたこれらのなじみ客と新年の乾杯。「今年もよろしく」などと言い合っていると、昨年からのグッタリ気分がまた上向いてくるのを感じた。


◆1月9日

 

 ダブル仕事のもうひとつである出版社に今年初めての出社。自分のやる業務がなかなか上がってこないので、「出かけます。2時間ほど戻りません」と前の席に座る女性社員に告げて外出する。

 

 日本橋の小網神社に行ったらお参りの長い行列があったので断念。近くの「小諸そば」でかき揚げそばを食べてから、その足で西新橋にある心療内科医のところへ。パニック発作の頓服薬をもらいに行く。

 

 年末年始の酒量について聞かれたので説明すると、医者は困り顔をした。「前にも言ったはずですが。アルコールとカフェインはひかえましょう」とやや強く言われる。正月に飲んだ酒の量は実際よりも過少申告したのになあ。

 

 

2019年1月9日
バータイム店主

 

***
昼、夜ともに通常営業しています。
本年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

credoバータイム店主さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス